掃除イメージ

「家の査定前に掃除した方が良いの?」

家の査定でどこまで掃除すべきかお悩みですね。

そんなあなたに、査定前の掃除と査定価格について解説します。

結論からいうと、査定に特別な掃除は不要。

普通の家なら、掃除で査定価格が変わることはまずありません。

ただし高く査定する2つのポイントがあるので知っておきましょう。

この記事では、掃除と査定価格の関係、そして高く査定する2つのポイントについて解説します。

さらに査定前に用意しておいた方が良い書類や情報についても解説。

あなたの家が高く査定されて、満足な売却ができるために、この記事がお役に立てば幸いです。

不動産の査定前に特別な掃除は不要

普通の家なら不動産会社による査定の前に特別な掃除は必要ありません。

基本的には最低限の掃除で十分

査定前は普通に片づけて最低限の掃除で十分です。

不動産会社の担当者に、常識的な人として疑われなければ大丈夫。

イメージとして、来客時に掃除をする感覚で良いでしょう。

ハウスハウス

でも家が汚いと査定価格は安くなるでしょ?


家博士家博士

リフォームが必要なレベルなら、リフォーム費用分は減額される可能性があるね。

リフォーム費用分が減額されることはある

掃除で落ちない劣化や損傷は減額される

掃除で査定価格は変わりませんが、掃除で落ちない劣化があれば、リフォーム費用分が査定価格から減額されることもあります。

具体的には、次のような場合。

  • たばこのヤニで壁紙が変色している
  • カビ汚れがひどく簡単には落とせない
  • 傷や汚れがひどく、フローリングの交換が必要

こういった汚れは、部分的なリフォームが必要になる場合も。

また目立つ損傷や傷も減額されます。

  • ドアや壁に大きな穴が空いている
  • フローリングに目立つ傷がある、浮いている
  • 建具がぐらついている

不動産会社がリフォームが必要と判断した場合は、リフォームに必要な費用の分だけ査定価格からマイナスします。

例えば全体の劣化具合から、ザックリ50万円、100万円など修正するイメージです。

ハウスハウス

じゃあ査定前にリフォームした方が良いの?


家博士家博士

いや査定前に勝手にリフォームしない方が良い。

査定前にリフォームは不要

掃除で落ちない汚れがあっても、査定前にリフォームする必要はありません。

なぜなら個人でリフォームしても、リフォーム費用全額を査定価格に上乗せできず、トータルで損しがちだから。

リフォームで家の売却に失敗するイメージ

個人では、ポイントが分からずに不要な範囲までリフォームしてしまい、リフォーム単価も高いため、失敗する結果に。

国土交通省の調査でも、個人が売却前にリフォームすると失敗することが分かっています。

リフォームをするなら、不動産会社に意見を聞いて、必要最低限の範囲とレベルだけリフォームした方が良いでしょう。

ただしゴミ屋敷は心理的瑕疵の恐れも

ただしゴミ屋敷であまりにひどい状態だと、心理的瑕疵の恐れもあります。

ハウスハウス

心理的瑕疵?


家博士家博士

いくら片づけて綺麗になった部屋でも、元がゴミ屋敷だったら避けたいと考える人も多いんだ。
ゴミ屋敷は心理的瑕疵として重要事項説明書に記載されることもあるんだよ

ゴミ屋敷の売却について、詳しくはこちらの記事で解説しています。

ハウスハウス

でもなぜ査定に掃除は影響しないの?


家博士家博士

不動産の査定価格は、立地や築年数など他の要素でほとんど決まるからだよ。

査定価格に掃除は影響しない

不動産の査定価格は、掃除の程度でなく、立地や築年数など様々な要素で決まっています。

マンションの主な査定項目

マンションの主な査定項目

  • 立地(駅からの距離・最寄り駅・環境・利便性・学区・自治体)
  • 築年数・構造
  • 専有部の広さ・間取り・収納など
  • エレベーターの有無と階数・方位・位置
  • 日照・通風、眺望・景観、外からの騒音・振動
  • 管理費・修繕積立金
  • 規模・グレード・デベロッパー・ゼネコン
  • 建物の外観・エントランス、共有設備・駐車場・駐輪場
  • 管理状況(大規模修繕・修繕積立金・管理組合の状況・修繕実施・保守清掃状況・管理員勤務形態)
  • 嫌悪施設の有無や事故、心理的瑕疵など
  • 専有部分の内装や設備、柱や梁の出入り・天井高
  • 耐震性・省エネルギーなど
  • マンション相場の動き

戸建ての主な査定項目

一戸建ての主な査定項目

  • 所在地、最寄り駅と駅からの距離
  • 土地の面積、容積率・建ぺい率、法令上の制限
  • 周辺環境、近隣店舗・公共施設への利便性
  • 日照・通風、眺望・景観、外からの騒音・振動
  • 下水やガスなどのインフラ
  • 接道の方位と間口、道路幅員、路面の状況、公道・私道の別、周辺街路の配置
  • 土地の整形・高低差、崖や法面の有無、都市計画道路などの有無
  • 建物の築年数と構造・工法、耐震基準、延床面積、間取り
  • 基礎・躯体・材料のグレード
  • 基礎・躯体の劣化状況、屋根・外壁の維持修繕状況
  • 建物の仕様や性能
  • 建具・内装・設備のリフォーム状況
  • 瑕疵保険耐震診断適合証明などの有無
  • 外構(門・塀・植栽など)


ハウスハウス

いっぱいあるねぇ!
これだけあると、確かに掃除は影響しないかも


家博士家博士

そもそも不動産会社は家に来る前に、査定価格をほぼ決めているよ。

家に来る前に査定価格をほぼ決めている

不動産会社は家に来る前に、ほぼ価格を決めています。

なぜなら査定に必要な情報は、家に来る前にほとんど分かるため。

現地では事前の査定を修正する程度です。

さらに現地で修正する内容は、設備や内外装の劣化で、掃除のレベルではありません。

ハウスハウス

えー、不動産会社は家を見ないで、家に来る前に査定しているの?


家博士家博士

そうなんだ。家の査定価格を大きく左右するのは、立地や築年数などだからね。

ハウスハウス

じゃあ他に査定前にしておいたほうが良いことは?


家博士家博士

必要な書類や情報をまとめると良いよ

査定前に必要な書類や情報をまとめる

家の査定をしてもらう前に、余裕があれば必要な書類や情報をまとめておきましょう。

不明な要素が少しでも減ると、不動産会社が査定しやすくなります。

用意しておきたい書類

  • 権利証または登記識別情報
  • 固定資産税評価証明書、固定資産税納税通知書
  • 図面
  • (あれば)修繕履歴、リフォームの契約書
  • (マンションの場合)管理規約、管理組合議事録
    大規模修繕や長期修繕計画が分かるものを準備しておきましょう。
  • (一戸建ての場合)建築確認証、検査済証
  • (一戸建ての場合)境界確定図
  • (中古で購入した場合)購入時の契約書・重要事項説明書

書類の準備については、こちらで詳しく解説しています。

ハウスハウス

じゃあ、査定額を高くするためにはどうすれば良いの?


家博士家博士

査定額を高くするなら、2つのポイントがあるよ。

掃除よりもコレ! 査定価格をアップする2つのポイント

掃除よりも査定価格を高くする効果的な2つのポイントはこちら。

それぞれ解説します。

ポイント1. エリアで売却実績が豊富な不動産会社を選ぶ

不動産会社イメージ

実績豊富な不動産会社ほど査定価格が正確

あなたの家を高く査定するためには、あなたのエリアで売却実績が豊富な不動産会社を選びましょう。

なぜならあなたのエリアで売却実績が豊富な不動産会社は、今の相場を査定価格に反映できるから。

実績豊富な不動産会社は、自社の販売事例が豊富で、相場に精通しています。

ハウスハウス

不動産会社もプロだから、どこでも同じじゃないの?


家博士家博士

今は都市部を中心に相場が高騰して、プロでも査定が難しいんだ。

今はプロでも査定が難しい相場

今は、都市部のマンションを中心に不動産価格が高騰しています。

不動産価格指数(全国)

不動産価格指数(全国202405)

不動産価格指数とは

不動産相場の価格変動が純粋に分かる指数。国土交通省がアンケートで集めた年間30万件の成約価格を元に、ヘドニック法という統計計算でまとめたもの。3ヶ月前までのデータが毎月末頃に公表される。2010年の平均を100として算出。

中古マンションは約11年で94%も値上がりしています。


戸建ては上昇していないように見えますが、これは都心部の戸建てが上昇している分を、地方の戸建ての値下がりが打ち消しているため。

戸建ては立地によって、価格の2極化が進んでいます。

エリアによっては、1年前より100万円以上値上がりしている可能性もあるでしょう。

ハウスハウス

でも実績が豊富な不動産会社だったら、1社で良いんじゃないの?


家博士家博士

さらに不動産会社に競争してもらうことで、売れるぎりぎり高めの査定価格が分かるんだ。

ポイント2. 複数の不動産会社に査定を依頼する

不動産会社に査定を依頼する場合は、必ず複数の不動産会社に依頼しましょう。

なぜなら1社だけに査定を依頼すると、他社との競争がないため、査定価格が安全側(安め)になってしまう恐れがあるため。

1社単独で査定すると、安い査定価格になる恐れがある

不動産会社が1社単独で査定すると、次の理由から安い査定価格になる恐れがあります。

  1. 安い価格で早く売った方が、短期的には不動産会社の利益になるため。
  2. 無理して高い査定価格を提示しても、売れないと評判が悪くなるため。

もちろん全ての不動産会社が査定価格を安く出すわけではありません。

長期的な視野で営業する不動産会社は、高く売って顧客満足度を高くすることを考えてくれます。

また多くの担当者は、会社の利益と売主の利益のバランスを考えてくれます。

ただし同じ不動産会社でも、担当者や支店レベルで当たり外れがあるため、やはり複数の不動産会社に査定を依頼する方が安心でしょう。

ハウスハウス

じゃあ何社くらいに依頼すれば良いの?


家博士家博士

普通に売却するなら3〜6社程度に査定を依頼しよう。

普通の売買(仲介)では3〜6社に査定を依頼する

あなたのエリアで売却実績が豊富な不動産会社に絞って3〜6社を選び、査定を依頼しましょう。

1社だけでなく最低でも3社以上の不動産会社へ査定を依頼して話を聴き比べことで、信頼できる不動産会社が分かります。

またあまり多すぎると現実的に話を聞き比べることが大変になるので、多くても6社程度が良いでしょう。

ハウスハウス

実績が豊富な不動産会社はどこ?


家博士家博士

都市部なら大手3社が強いね。


実績は大手3社が強い

売買仲介件数ランキング上位35社
(2023年3月)

不動産会社の売買仲介件数ランキング2023年3月

不動産売却の実績は、大手3社に偏っています

三井のリハウス住友不動産販売東急リバブルの3社は、仲介件数が2万件を超えており、大手の中でも圧倒的。

都市部で査定を依頼するなら、これら大手3社を中心に考えると良いでしょう。

ハウスハウス

大手3社は別格だね。


家博士家博士

3社もそれぞれ特徴があるから、解説しよう。

【大手1】三井のリハウス
37年連続で売買仲介件数1位

三井のリハウス

  • 店舗数 286店舗
    (首都圏182、関西圏46、中部圏25、札幌9、東北6、中国9、九州9)
  • 三井のリハウスは、37年連続で売買仲介件数1位と業界を代表する不動産会社。

    独自の査定システムは精度が高く、売主の約76%がほぼ提案価格(提案の95%以上)で成約しています。


    多くの購入希望者を抱えるため早く売れることも強みで、売主の65%が2ヶ月以内に成約するほど。

    また担当者のレベルが高いことにも定評があり、顧客満足度は96%と高評価です。

    家博士家博士

    業界を代表する会社だから、初めての売却ならまず話を聞いてみると良いよ。
    他と比較する基準にもなるからね。

    三井のリハウスの無料査定はこちらから
    三井のリハウス

    【大手2】住友不動産販売
    熱心な営業スタイルに定評

    すみふの仲介ステップ

    • 店舗数 234店舗
      (首都圏136、関西圏58、中部東海15、北海道8、東北4、中国7、九州6)

    住友不動産販売(すみふの仲介ステップ)は、営業マンの熱心な営業スタイルに定評があります。

    現在の購入希望者の登録数も公開しており、常に2万人を超える希望者が登録。

    自社ホームページの月間来訪者数は300万件以上、登録物件数は2万8千件以上と十分なスケールメリットもあります。

    家博士家博士

    スマートでクールな営業より人情深く熱心な営業が好みなら、他より出会える可能性が高いかも。


    【大手3】東急リバブル
    東急沿線や大型案件に強み

    東急リバブル

    • 店舗数 216店舗
      (首都圏141、関西圏42、名古屋11、札幌9、仙台6、福岡7)

    東急リバブルは売却に便利なサービスが充実しています。

    例えば予定期間で売れないと査定価格の90%などで買取る「買取保証」は、買い替えで安心。

    またリフォーム込で売り出す「アクティブ売却パッケージ」は、築古マンションを売り出す方法として効果的です。

    家博士家博士

    初めての買い替えや売却で心配なら、話を聞いてみると良いね。

    東急リバブルの無料査定はこちらから
    東急リバブル

    大手にまとめて査定を依頼するなら「すまいValue」

    大手3社にまとめて無料査定を依頼するなら、一括査定サイトの「すまいValue」が便利。

    すまいValueは、大手上位6社(三井のリハウス住友不動産販売東急リバブル野村の仲介+小田急不動産三菱地所の住まいリレー)が共同運営する一括査定サイトです。


    すまいValue

    すまいValueの公式サイトはこちら
    すまいValue

    ハウスハウス

    とりあえず大手3社に査定を依頼すれば良いの?


    家博士家博士

    売却予定なら個人の相性もあるから、大手3社以外と比較した方が良い。
    首都圏・関西圏ならエージェント制のSRE不動産(旧ソニー不動産)、それ以外なら地域で実績No.1の会社にも査定を依頼しよう。

    SRE不動産(旧ソニー不動産)
    売主だけを担当するエージェント制

    SRE不動産
    大手と比較するならSRE不動産(旧ソニー不動産)が良いでしょう。

    なぜならSRE不動産は、大手で問題になりがちな両手仲介が無いため。
    (※両手仲介とは売主と買主を同じ不動産会社が担当すること。大手は顧客を多く抱えるため、自然と両手仲介が多くなる。)

    SRE不動産は、業界初のエージェント制で売主だけを担当。
    買主は無数にある他の不動産会社が積極的に探します。

    結果として、大手にも劣らない販売力で、早く高く売れやすいことが最大のメリット。

    ただし営業エリアは首都圏・関西圏限定です。

    家博士家博士

    SRE不動産は業界でも両手仲介無しで知られているから、他社が競って営業してくれる。
    大手と話を聴き比べて、自分に合ってる方を選ぶと良いよ。

    SRE不動産(旧ソニー不動産)の公式サイトはこちら
    SRE不動産

    その他エリアは地域No.1を探す

    大手やSRE不動産の営業エリア外なら、地域で実績No.1の不動産会社を中心に選びましょう。

    実績No.1の不動産会社は、実績をアピールしているのですぐに分かります。

    不動産会社の心当たりがなければ、一括査定サイトをいくつか併用すると良いでしょう。

    全国対応の主要な一括査定サイトとして次があります。

    その他、主要な一括査定サイトはこちらでまとめています。

    買取では10社以上に査定を依頼する

    ただし買取では10社以上に査定を依頼します。

    仲介と買取のイメージ

    仲介と買取のイメージ

    仲介
    (普通の売買)
    買取
    買主 一般の人 不動産会社
    (買取業者)
    売却期間 場合による
    (目安3〜6ヶ月程度)
    最短1週間
    売却価格 ほぼ相場通り 相場より
    2〜4割安い

    買取は、最短1週間程度で売却できますが、価格は相場の6〜8割に安くなってしまうのが一般的。

    少しでも高く買取る不動産会社を探すためには、とにかく多くの不動産会社に査定を依頼すると良いでしょう。

    最低でも10社以上に依頼するイメージです。

    まずはメールで簡易的に査定価格を送ってもらいましょう。

    今は、買取業者が乱立して競争が激しくなっているため、予想外に高く買ってくれる不動産会社が見つかるかもしれません。

    不動産会社に心当たりがなければ、一括査定サイトを併用すると、簡単に多くの不動産会社へ査定を依頼できます。

    ハウスハウス

    じゃあ、掃除は売却が終わるまでしなくても良いの?


    家博士家博士

    掃除が必要なのは、査定より内覧なんだ。

    掃除が大切なのは内覧時

    内覧イメージ
    掃除が大切なのは、査定時でなく、購入希望者の内覧です。

    内覧する人は一般人

    内覧で掃除が大切になる理由は、内覧者が一般人だから。

    もしあなたが内覧者だった場合、物件を見に行った時にまず気になるのは「設備が劣化していないか」よりも「部屋が綺麗か」「スッキリしているか」といった点ではないでしょうか。

    つまり、内覧と査定ではポイントが全く違うのです。

    ノーベル賞理論でも第一印象が大切

    人が何かを判断する際に、第一印象は非常に重要だと言われています。

    2017年にノーベル経済学賞を受賞したシカゴ大学のリチャード・セイラー教授の研究によると、「人は第一印象(感情)で気に入ると、合理的ではない判断をする」ことが分かっているのです。

    ハウスハウス

    合理的ではない判断って、何だか失敗しているようなイメージだけど…


    家博士家博士

    そんなことはないよ。
    例えば、衝動買いやバーゲンだと分かりやすいかも。
    パッと見て『これは良さそう!』と思ったらつい買ってしまうことがあるとけど、まさにこういうことなんだ


    ハウスハウス

    家みたいに高額な買い物であってもそうなのかな?


    家博士家博士

    もちろん。
    内覧者は家を気にいると、相場より多少高くでも購入するといわれているんだ。
    それほど、第一印象は大事なんだよ

    内覧時の掃除のポイントは?

    では、具体的にはどういった点に注意して掃除をすれば良いのでしょうか。

    部屋ごとに詳しく見ていきます。

    リビング

    リビングイメージ
    リビングは過ごす時間も長く、家族でくつろいだりする場所なのでよくチェックされる場所の一つ。

    物があふれているリビングは落ち着かないうえ、狭く感じてしまいます。

    そのため、掃除と合わせて物を徹底的に減らすのが効果的。

    スッキリさせてくつろげる場所にしておくことが大事です。

    ただし、物が全くないのも逆効果。

    ガランとしたリビングは殺風景で寂しい印象を与えてしまいます。

    空き家で売却する場合は、ホームステージングを利用するのもおすすめです。

    水回り

    キッチンイメージ
    キッチンや浴室、トイレなどの水回りも重要なチェックポイント。

    特に清潔感が求められる場所です。

    しかし、自分で掃除をするのには限界もあります。

    そのため、ハウスクリーニングを利用するのも一つの方法です。

    ハウスクリーニングの利用もあり

    ハウスクリーニングイメージ
    ハウスクリーニングを利用する場合、不動産会社に依頼するか自分で手配するかの2通りあります。

    自分で手配する場合、費用の目安は次の通り。

    • キッチン…15,000円〜
    • レンジフード…13,500円〜
    • 浴室…13,500円〜
    • トイレ…11,000円〜

    これだけの費用で、家の価格が数十万円変わるかもしれないと考えると、安いものです。

    ハウスクリーニングならカジタクが便利

    ハウスクリーニングを利用するなら、イオングループのカジタクが便利です。

    全国一律料金で、満足保証あり。
    見積訪問なしで、土日祝も含めていつでもネットで簡単に予約できます。

    販売実績100万件突破でイオングループの安心感は大きいでしょう。

    試してみるならこちらの公式サイトから
    イオングループのカジタク

    バルコニーや庭

    売主が見落としがちなバルコニーや庭も、内覧者は意外にチェックしています。

    バルコニーは屋外なので汚れてしまうのは仕方ないですが、砂埃などがたまっていれば掃き掃除などをしておきましょう。

    ただし、マンションの場合、バルコニーに水を流して掃除する場合は要注意!

    これは規約などで「多量の水を流してはいけない」と決まっていることも多いためです。

    最悪、漏水によってご近所トラブルになる可能性もあるため、水を流すのではなく雑巾やモップなどで拭くようにすると安心です。

    バルコニーに面している窓も風雨にさらされて汚れてしまうため、きれいに拭いておけば室内をより明るく見せる効果が期待できます。

    一戸建てや庭付きのマンションであれば、最低限の草むしりはやっておきましょう。

    草が伸びきっていると虫が集まったりして、印象が悪くなってしまいます。

    ここも「スッキリ」「綺麗に」しておくことが重要です。

    玄関

    玄関イメージ
    内覧時に最初に足を踏み入れるのが玄関。

    第一印象を左右する場所です。

    靴は全てシューズボックスに入れておくと、玄関を広く見せることができます。

    また、自分では気づきにくい「ニオイ」への対策も重要!

    清潔感を出すためにも、消臭はしっかりやっておきましょう。

    エアコン

    エアコン洗浄イメージ
    季節の変わり目など、エアコンを急に使うとカビ臭い場合があります。

    市販のエアコンクリーナーを使うか、それでも匂いが消えない場合は、エアコン洗浄を依頼しましょう。

    エアコン1台1万円程度できれいになります。

    家博士家博士

    基本は、清潔感とスッキリしているかどうか。
    居住中の場合、生活感が出てしまうのは仕方ないことだから、この2点に注意しておこう。
    どうしても心配な時は、不動産会社に相談してみるのもおすすめだよ


    ハウスハウス

    不動産会社なら内覧の経験も豊富だし、いいアドバイスがもらえそうだね


    まとめ

    家の査定で、掃除は常識の範囲で十分です。

    それよりも大切なのは、次の2つのポイント。

    1. エリアで売却実績が豊富な不動産会社を選ぶ
    2. 複数の不動産会社に査定を依頼する

    普通に仲介で売却するなら3社〜6社に査定を依頼して、話を聴き比べましょう。

    買取なら、なるべく多くの不動産会社へ査定を依頼して、一番高い査定価格の不動産会社を選びます。

    ただし内覧では掃除が大切。
    必要であればクリーニングを利用しましょう。

    都市部なら大手3社(三井のリハウス住友不動産販売東急リバブル)が実績豊富。

    とりあえず1社だけ査定を依頼するなら、37年連続で実績1位の三井のリハウスが良いでしょう。

    三井のリハウスの無料査定はこちらから
    三井のリハウス

    大手にまとめて査定を依頼するなら、大手6社が共同運営するすまいValueが便利です。

    すまいValueの公式サイトはこちら
    すまいValue

    大手と比較するなら、首都圏・関西圏は両手仲介のないSRE不動産(旧ソニー不動産)

    SRE不動産(旧ソニー不動産)の無料査定はこちらから
    SRE不動産

    首都圏・関西圏以外の都市部で大手と比較する場合や、大手の営業エリア外の地方では、一括査定サイトを利用すると良いでしょう。

    全国対応の一括査定サイトとして定番はこちら。

    その他、主要な一括査定サイトはこちらでまとめています。

    あなたの不動産売却が成功することを、心よりお祈りしております!