住友不動産販売イメージ
「住友不動産販売ステップの売却は良いの? 他社と何が違うの?」

家の売却で、住友不動産販売を使うかお迷いでしょうか?

住友不動産販売は、2019年3月期の不動産売買仲介件数で第2位の大手不動産会社。

年間取引件数は37,000件以上で、1日平均100件以上の物件を仲介するなど実績は十分でしょう。

でもあなたが知りたいことは、次のようなことだと思います。

  • 具体的に他社より何が良くて、注意点は無いのか?
  • 実際に利用した人の評判はどうなのか?
  • 大切な家の売却を任せて良いのか?

確かに、住友不動産販売は人によっては向いていなかったり、注意点もあります。

この記事では、住友不動産販売ステップのメリットと注意点について分かりやすく解説、実際に利用した人の評判を紹介します。

あなたの不動産売却が成功するために、この記事がお役に立てば幸いです。

『難しい話は読みたくない』というあなたは、専門家に無料で相談すると良いでしょう。

不動産会社に無料査定を依頼すれば、電話で担当者に質問できます。

もし不動産会社の心当たりがなければ、都市部では大手トップ3社(三井のリハウス・住友不動産販売・東急リバブル)が定番。一括査定サイト「すまいValue」を使うと、まとめて無料査定を依頼できます。

地方では大手3社の営業エリア外になるため、NTTグループが運営する一括査定サイト「HOME4U」で地域の実績ある不動産会社3〜6社に無料査定を依頼しましょう。

信頼できる不動産会社が見つかれば、売却時も安心です。

住友不動産販売ステップのメリット

住友不動産販売ステップのメリットとして、次が挙げられます。

それぞれ詳しく解説します。

メリット1. 全国270店舗の直営仲介と売却力

270店舗の直営仲介

全国270店舗
住友不動産販売は北海道から九州まで、全国に270もの営業店舗があります。
住友不動産販売の店舗分布
これだけの規模の不動産会社は日本に2社、三井のリハウスと住友不動産販売しかありません。

店舗はフランチャイズでなく、いずれも住友不動産販売の直営店。

地元に精通した営業担当者が在籍し、地域に密着した取引を行っています。

一人の営業マンが責任をもって対応する

マンツーマン営業体制
売却は、問い合わせから引渡し後のアフターフォローまで一人の担当者が担当する、一貫した「マンツーマンの営業体制」を採用。

窓口が一人なので、気軽に何でも質問できます。

大手ならではの広告力

広告ネットワーク
広告ネットワーク2
チラシや新聞折り込み広告からインターネットまで、大手ならではの多彩なメディアを活用した広告活動も行います。

こうした営業体制により、2019年3月期の住友不動産販売の不動産売買仲介件数は37,643件に!

三井のリハウスに次いで、業界第2位の実績となっています。

ハウスくんハウスくん

フランチャイズじゃなくて、全て住友不動産販売の社員が担当して業界2位の実績はすごいね!

家博士家博士

実績が豊富だと、社内のノウハウも蓄積されるし、購入希望者を多く抱えるので売却に有利なんだ。
査定価格の精度も高くなるよ

メリット2. 売却で有利なサービスが豊富

住友不動産販売ステップは、売却が有利になるサービスが豊富なので、あなたの家が売れやすくなります。

具体的には次のサービス。

住友不動産販売ステップの売却が有利になるサービス

  1. 住みかえサポート「ステップエスコート」
  2. バーチャルステージングやホームステージングによる演出
  3. 建物状況点検(ホームインスペクション)
  4. 宅地測量
  5. おそうじ・空き家クリーン・空地草刈り
  6. その他有償サービス

サービス1. 住みかえサポート「ステップエスコート」

ステップエスコート
住みかえサポート「ステップエスコート」は、物件の引き渡しから2年間の瑕疵保証・設備修理・緊急駆け付けが利用できます。

それぞれ内容はこちら。

●建物保証
建物保証は建物の不具合(瑕疵)について、補修費用を引き渡しから2年間、最高500万円まで保証してくれるサービス。
対象となる不具合は次の4つ。

  1. 雨漏り
  2. 建物構造上主要な部位の木部の腐蝕
  3. 給排水管の故障
  4. シロアリの被害

通常、引き渡し日から3ヶ月以内に見つかった不具合は、売主負担で補修します。
しかしこのサービスを利用すれば、住友不動産販売が2年間補修費用を負担します。

●設備修理
設備修理は、引き渡しから2年間、住宅設備の不具合を住友不動産販売が修理してくれるもの。
製造から10年以内のものは1作業につき11万円まで、10年超のものは2.2〜6.6万円が限度額。
●緊急駆け付け
緊急駆け付けは、引き渡しから2年間、カギや水回り、電気、ガス等のトラブルに24時間365日対応してくれるサービス。
サポート対象は次にまとめられています。
https://www.stepon.co.jp/step_kaketsuke/setsubihani.pdf

ハウスくんハウスくん

こんな保証があれば、購入する人も安心だね。


家博士家博士

購入する人が安心して買えるから、家を高く売りやすいんだ。


サービス2. バーチャルステージングやホームステージングによる演出

ステップエスコートの新サービスとして、バーチャルステージングとホームステージングが追加されました。

これはいずれも、インテリア家具や調度品を設置することで、売却物件の室内を魅力的に演出するサービスです。

バーチャルステージング

バーチャルステージングは360度カメラで室内を撮影し、CGで今の家具を消去してリフォーム。さらにCGで新しい家具を設置するもの。

バーチャルステージングの例

バーチャルステージング例
実際に家具を配置するわけではないため手間がかからず、物件を探している人もネット上で簡単に室内の雰囲気を確認できます。

バーチャルステージング利用条件
マンション: 専有面積50m2以上
戸建て: 建物面積80m2以上
いずれも2000年1月1日以降に建築されたもの
査定価格が

  • 首都圏エリア:査定価格4,000万円以上
  • 東海エリア:査定価格3,000万円以上
  • 北海道・東北・関西・中国・九州エリア:査定価格2,000万円以上

バーチャルステージングについては、こちらで解説しています。

ホームステージング

ホームステージングは実際に家具や調度品を配置して、モデルルームのように演出するサービス。

空き家で家具が無い状態でないと利用できませんが、実際の内覧で魅力がアップするため、成約に繋がりやすくなります。

ホームステージングの例

ホームステージングの例

ホームステージング無料サービス条件

  • 対象物件:首都圏・東海・関西エリアの2000年(平成12年)1月以降竣工のマンション・戸建
  • 対象物件面積:[マンション]専有面積50㎡以上(壁芯)、[戸建]建物面積80㎡以上(壁芯)
  • 適用条件:専属専任・専任媒介契約(媒介期間3ヵ月)を締結した個人・法人、弊社査定価格が首都圏6,000万円以上、東海・関西5,000万円以上でかつ、当初の媒介価格(売出価格)が査定価格の125%以内である物件。規定の仲介手数料を支払うこと。サービス実施時に空室であり、家具が撤去された状態であること。家具等設置期間は最長3ヵ月間。

サービス3. 建物状況点検(ホームインスペクション)

住友不動産販売では、無料でホームインスペクションが受けられます。

築30年以内の一戸建てが対象で、次の3点について調査します。

  1. 雨漏り
  2. 給排水管の故障
  3. 構造耐力上主要な部位の腐食
建物状況点検の利用条件
首都圏・地方:媒介契約を締結した一戸建て
関西:専属専任・専任媒介契約(媒介期間3ヶ月)を締結した一戸建て
(共通)当初の媒介価格(売出価格)が1000万円以上でかつ、査定価格の125%以内であること。

サービス4. 宅地測量

戸建てや土地の売却でトラブルの元になりやすいのが、敷地の境界。

測量には費用や手間がかかりますが、宅地測量サービスなら住友不動産販売が負担してくれます。

調査項目は次の5つ。

  • 境界線の有無の確認
  • 現況測量
  • 越境の確認
  • セットバック面積の確認
  • 敷地内高低差の確認

ただし最も手間と費用がかかる「境界の確定」は有料になります。

宅地測量サービスの利用条件
査定価格が首都圏・東海エリアは2,500万円以上、北海道・東北・中国・九州エリアは1,500万円以上、関西エリアは1,000万円以上でかつ、当初の媒介価格(売出価格)が査定価格の125%以内である物件。

サービス5. おそうじ・空き家クリーン・空地草刈り

売却前に家や土地を綺麗にすることは、購入希望者の印象を良くすることにつながります。

マンションおそうじ

マンションでは「キッチン」「バスルーム」「洗面またはトイレ」といった、特に汚れやすい場所のハウスクリーニングが利用可能。

マンションおそうじの利用条件
[首都圏・地方] 専属専任・専任媒介契約(媒介期間3ヵ月)を締結、査定価格が首都圏は2,500万円以上、北海道・東北・東海・中国・九州エリアは2,000万円以上でかつ、当初の媒介価格(売出価格)が査定価格の125%以内である物件
[関西] 専属専任・専任媒介契約(媒介期間3ヶ月)を締結、かつ当初の媒介価格(売出価格)が査定価格の125%以内である物件
戸建てクリーン(関西エリア限定)

戸建ての売却では、「ハウスクリーニング」または「庭木のお手入れサービス」のいずれかが利用できます。

ハウスクリーニングの対象箇所は「玄関」「キッチン」「バスルーム」「トイレ」「床面」の5箇所。

庭木のお手入れサービスでは、専門スタッフが季節や樹種に応じたメンテナンスを行ってくれます。

戸建てクリーンの利用条件
関西エリアで専属専任・専任媒介契約(媒介期間3ヵ月)を締結、かつ当初の媒介価格(売出価格)が査定価格の125%以内である物件。
空き家クリーン

空き家となっている一戸建てでも「ハウスクリーニング」または「庭木のお手入れサービス」のいずれかが利用できます。

空き家クリーンの利用条件
専属専任・専任媒介契約(媒介期間3ヵ月)を締結、査定価格が2,500万円以上でかつ、当初の媒介価格(売出価格)が査定価格の125%以内である物件。
空き地草刈り(首都圏・関西エリア限定)

空地草刈りは売却にあたり、手間がかかる雑草の刈り取りと除草剤の散布を専門スタッフが行ってくれます。

空き地草刈りの利用条件
[首都圏エリア] 専属専任・専任媒介契約(媒介期間3ヵ月)を締結、査定価格が2,500万円以上でかつ、当初の媒介価格(売出価格)が査定価格の125%以内である物件。 作業範囲は100坪までとし、100坪を超える部分も刈り取る場合は売主負担。
[関西エリア] 専属専任・専任媒介契約(媒介期間3ヵ月)を締結、査定価格が1,000万円以上でかつ、当初の媒介価格(売出価格)が査定価格の125%以内である物件。 作業範囲は50坪までとし、50坪を超える部分も刈り取る場合は、売主負担。

サービス6. その他有償サービス

住友不動産販売では、有償のサービスも充実しています。

主なサービスは次の通り。

建物状況調査
  • 既存住宅検査:49,500円〜
  • 既存住宅売買瑕疵保証責任保険(個人間用):戸建42,900円〜、マンション34,100円〜
  • 耐震診断:88,000円〜
  • 耐震基準適合証明発行業務:33,000円〜
土地調査
  • 地盤点検システム:49,500円〜
  • 地盤調査:49,500円〜
  • 液状化判定:74,250円〜
  • 土壌汚染調査:66,000円〜

いずれのサービスもホームページに価格が明示されているので使いやすいですね。

メリット3. 買い替えで助かるサービスがある

住友不動産販売ステップでは、買い替えで助かるサービスもあります。

具体的には次の2つ。

  1. 買替購入立て替え
  2. 売却保証

それぞれ解説します。

サービス1. 買替購入立て替え

家の買い替えで「買い先行」の場合、手元資金だけでは購入代金をまかなえないこともあります。

こうしたときに助かるのが、買替購入建て替えサービスです。

このサービスでは住友不動産販売と三井住友銀行が連携。

三井住友銀行が建て替え融資し、売却代金で返済する仕組みです。

融資額は最大3億円(売却価格の70%以内)で、融資期間は1年以内となっています。

サービス2. 売却保証

住友不動産販売には売却保証もあります。

専属専任媒介契約を結んで3ヶ月を経過しても売却できなかった場合は、住友不動産販売(または子会社)が買取保証額で買い取ってくれるサービスです。

ハウスくんハウスくん

最終的に買い取ってもらえることが決まっているから、安心だね

家博士家博士

そう。最初の売出価格は査定価格の115%までOKだから、高値売却にもチャレンジできるんだ

なお、買取保証額は査定価格の90%以内。

一定期間が過ぎるごとに価格を下げていき、最終的には買取保証額で買い取ってもらうことになります。

売却保証については、こちらで詳しく解説しています。

メリット4. 体育会気質の行動力で定評の営業マン

住友不動産販売のチラシの配布は、とにかく強力です。

自社でポスティングスタッフも雇っています。

特にチラシが有効なのは、近隣エリアで家を探している人。

インターネットで家探しをする人も増えていますが、チラシにもまだ効果があるのです。

そして営業マンはとにかく手間を惜しみません。

  • 個性的な間取りのマンションを売却するため、不動産会社200社へ営業の電話をかけてくれた
  • 訪問査定時に、過去1年間の取引事例や問い合わせ件数、売買動向をまとめた資料を持参してくれた
  • 売却の流れから査定書、謄本、過去の取引事例、手取り見込み額をまとめた資料を持参してくれた

利用者の評判からも、こうした姿勢が見てとれます。

家博士家博士

ここまでしっかりした営業をしてくれるから、住友不動産販売に決めたという人も多いんだ

ハウスくんハウスくん

熱心に営業してくれる人が担当だと心強いね。

住友不動産販売ステップの注意点

一方で、住友不動産販売ステップには、次の注意点もあります。

こちらも詳しく解説していきます。

注意点1. 地方では利用できないエリアも多い

北海道から九州まで、全国に店舗を展開している住友不動産販売ステップ。

全国と言いつつ店舗があるのは大都市の周辺なので、地方では利用できないエリアもあります。

家博士家博士

特に店舗が集中しているのが、首都圏と関西圏。それ以外のエリアは大都市の周辺が中心で、利用できるエリアが限定的なんだ

首都圏と関西圏以外の店舗数は次の通りです。

  • 北海道:9店舗(札幌市中心)
  • 東北:5店舗(宮城県仙台市中心)
  • 東海:18店舗(愛知県および三重県四日市市)
  • 中国:7店舗(広島県広島市・廿日市市および岡山市)
  • 九州:6店舗(福岡市)

あなたが売却した物件が利用できるエリアにあるかどうかは、トップページの「査定依頼・売却相談はこちら」を試すと分かります。

査定依頼画面

例えばSTEP2で「岐阜県」を選択すると、営業エリア外と表示されます。

店舗がある都道府県でも、全ての市区町村で利用できるわけではありません。

査定できないイメージ

店舗のある「岡山県」の場合、利用できるエリアは岡山市周辺の6市1町のみ(上記画像参照)。

営業エリア外の地域では売却依頼もできません。

注意点2. 仲介手数料の値下げは期待できない

不動産会社に仲介を依頼し、売買が成立した場合に発生する仲介手数料。

宅建法で決められた上限が「売却価格×3%+6万円+消費税」なので、不動産会社によっては交渉して値下げしてもらうこともできます。

しかし住友不動産販売ステップでは、値下げはあまり期待できません。

ハウスくんハウスくん

手数料を安くしてもらえれば手取りも増えて売主は嬉しいのに・・・


家博士家博士

住友不動産販売ステップに限らず、大手はどこも仲介手数料をあまり値下げしないよ。
もし手取りを増やすなら、仲介手数料を値下げするより、「高く売却すること」を考えたほうが良い。

高く売れる方がトータルではプラス

仲介手数料の値下げを頑張るより、高く売却した方がトータルではプラスになります。

なぜなら仲介手数料を強引に値切ることで、営業マンの社内評価を下げてしまうため。

営業マンも人間ですから、社内評価が下がるのは気分が良いものではありません。

不動産の売却では、営業マンの努力次第で売却価格が100万円単位で変わるもの。

営業マンは複数の物件を抱えて忙しいため、強引に値切る客にはそれなりの対応になってしまう恐れがあります。

家博士家博士

たとえば4,000万円で売却したら、仲介手数料は126万円。
値下げしてもせいぜい10万円か20万円。
しかし売却価格を下げるときは簡単に100万円、200万円と安くなるんだ。
手数料を値切って数百万円安く売るより、手数料をしっかり払って高く売った方がプラスになるんだよ


ハウスくんハウスくん

そういわれると、そうだね。
手出しの部分に注目しがちだけど、トータルで考える方が大事なんだね


注意点3. 買取では他社にも査定を依頼した方が無難

即時買取は無い

住友不動産販売には、不動産の即時買取サービスはありません。

即時買取は、最短1週間で売却できますが、価格は相場の6割〜8割に安くなってしまうもの。

といっても最近は買取再販業者が増えていて競争が激化、買取価格も高騰しています。

そのため、できるだけ多くの業者に査定依頼し、高く買い取ってくれるところを探せば相場に近い価格で売れる可能性も。

手間をかけずに多くの不動産会社に買取の査定依頼をするときは、複数の一括査定サイトを併用するのが便利です。

一括査定サイトは、こちらでまとめています。

買取について詳しくはこちらで解説しています。

売却保証は他の大手と比較した方が良い

売却保証サービスを利用すれば3ヶ月後に買い取ってもらえますが、その価格は査定価格の90%が上限。

査定価格が3,000万円だったとすれば、買取価格は2,700万円以下になります。

このため、売却保証を希望するなら他社にも査定を依頼するのが無難。

大手では、三井のリハウス、東急リバブル、野村の仲介+などが売却保証を使えます。

一括査定サイトの「すまいValue」を利用すれば、住友不動産販売を含む大手6社にまとめて無料査定を依頼できます。

すまいValueの公式サイトはこちら
すまいValue

住友不動産販売ステップの評判

実際に住友不動産販売ステップを利用して不動産を売却した人の声を紹介します。

様々な策で個性的な間取りの魅力を伝え、好条件の売却へ

3.5メートルの天井高と室内階段という特徴あるマンションを売却することにしたNさん。ファミリー層の多い地域にあって、2LDKという間取りがネックとなり苦戦しましたが、好条件の価格で売却に成功しました。

担当者:Nさんは住友不動産のマンション「シティハウス星ヶ丘イーストレジデンス」の2LDKを新築で購入されて、2005年から13年お住まいでしたね。

Nさん:結婚して居を構える事になり、夫婦それぞれの職場がある名古屋近辺で、子育てしやすく、学区なども条件に物件を探しました。新築に限定して10件以上の見学に行きましたが、シティハウス星ヶ丘イーストレジデンスは、内装と外装のグレードが一段高く感じられ、夫婦2人の好みにもぴったりでしたので、購入を決めました。

担当者:不動産を研究されるのがお好きとおっしゃっていましたね。見学へは10件以上も行かれたとお聞きしました。十分に検討し購入されたことと思います。

Nさん:もともと住友不動産のマンションなので、「大手の物件」という安心感もありましたが、シティハウス星ヶ丘イーストレジデンスは、特に外壁や窓の周囲など細かい部分まで全てタイル貼りになっていて、「築年数が長くなってもきれいに見える」と妻が気に入っていましたね。

担当者:資材の部分にまで注目されるとは、さすがです。おっしゃる通り、外壁にタイルを使っていると汚れが目立たないので、経年劣化を感じにくいという長所があります。

Nさん:ちょっと個性的なつくりの2LDKだったのですが、その間取りが私たちには魅力的でした。玄関を入るとリビングまで8段ほどの階段を下りるようになっていて、その分、天井が高く開放感があったんです。さらにロフトがあり洒落た雰囲気の室内は、気持ちよく暮らすことができました。このマンションに住んでから子供が生まれましたが、子育て世帯が多いエリアなので、周囲の環境もファミリー向けで生活しやすく、住み心地のよいマンションでしたね。

2016年に仕事のため家族で上海に2年間住むことになったのですが、帰国する頃には2人目の子供が生まれ、向こうで増えてしまった荷物も多く、自宅の間取りでは手狭に感じてしまいました。そのため帰国後早々に住み替えを考えたんです。

担当者:お子様が増えると、やはり居住スペースの見直しは不可欠だと思います。住み替え先をお探しの間、住友不動産の新築マンション「シティハウス星ヶ丘ヒルトップ」にも見学へ行かれたそうですね。

Nさん:そうなんです。その時の営業担当の方に、購入後の売却についていろいろと尋ねたら「住友不動産のマンションを売却するなら、当社の物件の売却実績やノウハウが豊富な住友不動産販売がやはりおすすめです」と教えてもらって。そこで早速、シティハウス星ヶ丘イーストレジデンスの売却について一度話を聞いてみようと、住友不動産販売へWebサイトから問い合わせをしたんです。

担当者:今回のように、住友不動産の営業マンや、マンションの管理業務を行っている住友不動産建物サービス、また、住友不動産のマンションに入居している方から、ご売却を検討中のお客様を紹介していただくことは、しばしばありますね。早速、星ヶ丘エリア担当としてN.N.さんのご相談を承り、詳しいお話をするため、ご自宅を訪問しました。

Nさん:その時いただいた資料が非常に素晴らしかったんです。問い合わせから1週間後、Iさんともう一人の営業の方との2名で来ていただきましたが、グループ会社ということで、新築購入時の価格もIさんはご存知でしたし、わが家用に丁寧にカスタマイズされた資料を1冊にファイリングして持参してくれたんです。ファイルには、売却の流れや査定書、謄本、シティハウス星ヶ丘イーストレジデンスの過去の成約事例全てと、新築時価格と売却価格の比較、査定価格から諸経費を引いた手取り見込額がこと細かにまとめてありました。不動産の売却は初めてで不安もあったのですが、売却のイメージが湧いて安心できましたし、非常に説得力がありました。初回の訪問ではおおまかな概要を話すだけだと思っていたので、問い合わせから1週間であそこまで詳細な資料を準備し査定額を出して来てくれたことにもとても感心しました。

当初は他社への仲介依頼も検討していました。でも、「住友不動産販売」という大手企業の信頼感もさることながら、初回から根拠ある資料と査定額を提示してくれ時間をムダに取ることもなく、かつ決して押しつけることのない適度な距離感の取り方がとてもよくて。「合理的で誠実な営業マンだな」と好感を持ち、お願いすることに決めたのです。

担当者:まずはお見せした資料を基に算出した査定額で売却活動をスタートしました。駅から近く人気のある学区で、物件の設備は整っており室内状況もきれいで「必ず売れる!」という自信はありましたが、ファミリー層が多い街だけに、2LDKという間取りは敬遠されるかもしれないと、お伝えはしていました。

Nさん:それは私たちも予想していましたが、確かに反響は良くなかったですね。ですが、Iさんはなるべく多くの方の目に留まるように、新聞に折り込み広告を出したり、ポスティングの数を増やしてくれたり、精力的に動いてくださいました。販売活動中、進捗報告の時はわざわざわが家を訪れてくれていましたね。直接報告書を渡してくれて、どういうお客様に紹介し、どういう理由で成約に至らなかったかなど、現状を包み隠さずに報告してくれたので、ただ反響が無くて不安になるのではなく、自分でも納得して売却活動を進めることができました。

担当者:何とか良いご報告ができるようにと、様々な広告を打ちました。さらに、有難いことに当営業センターには多くのお客様がご来店してくださっていますので、ご来店されたご購入希望のお客様にも積極的にご紹介していきました。ただやはり、2LDKというだけで内覧のお約束を取り付けることすら難しい状況でした。人気の学区にあるからこそ、3LDK以上を希望される子育て世代のお客様が非常に多いんです。また、この地域で2LDKというと、お子様が独立したくらいの世代のご夫婦にも需要はあります。しかしその場合は、玄関からリビングへつながる8段ほどの室内階段が敬遠されるという悩みもありました。

その傍らで、不動産会社200社ほどへも営業の電話をかけました。不動産会社側もシティハウス星ヶ丘イーストレジデンスが売却に出ているという情報が送られてくるだけでは、3.5メートルもある天井高や、ロフトなど特徴ある間取り、きれいな室内の様子はわかりません。ですから電話で直接お話しすることで、物件の良さをひとつひとつ説明していきました。

Nさん:Iさんが頑張ってくれたおかげで、不動産会社の方は何件か内覧に来たのですが、金額で折り合いがつかず、やはり一般の買主様に向けて売却活動をすることにしたんですよね。すでにローンは完済していたので売却を急いでいなかったこともあり、価格はなるべく下げない方針で、Iさんと相談し、物件の魅力を知ってもらうための見せ方を練り直してもらったんです。

担当者:物件の長所である空間を活かした特徴的なつくりは、平面的な間取り図では伝わりにくいことを考慮し、Nさんと相談して、室内を360度VRで見ることのできるパノラマ動画を撮影し、Webサイトへの掲載を行いました。住友不動産販売のWebサイトでは、パノラマ動画で物件のバーチャル内覧ができるようになっており、物件のイメージをより具体的に把握できます。そのため購入をご検討中の方にも強くアピールしていただけるのです。

Nさん:パノラマ動画を掲載してからは、ぽつぽつ問い合わせが入るようになりましたね。売却を急いでいなかったとはいえ、問い合わせをいただいた時は安心しました。

担当者:実際にご覧になれば良い物件だと分かっていただけると思っていたので、とにかく情報を広く詳しく公開し、この規模のお部屋を探している方に届くよう、さらに他にできることがあるのではないかと常に考えていました。この地域においては広い間取りをご希望の方が多いというだけで、この物件をご希望の買主様も必ずいるはずだと、これまでの経験から確信があったからです。

こうしていろいろ手を尽くし、一般の方にも内覧へお越しいただくことができました。室内もきれいにお使いでしたので、気に入っていただけたお客様もいらっしゃったのですが、価格の折り合いがつかず、成約には至りませんでした。この状況を打破すべく、Nさんには、オープンハウスの実施、またそれと同時に値下げをすることで、より効果的に物件をアピールできることなど、次の策を練るため、ご相談に伺っていました。

Nさん:そんなIさんを見て、「本当に一生懸命考えてくださるな」と思っていた矢先、一般の方から問い合わせがあり、内覧に来ていただけることになったんですよね。その方が内覧に来られる際、Iさんが事前にお子様がいらっしゃることなどを教えてくださっていたので、内覧時に「室内の階段は子供が歩き回る時に危なくないですか?」など、質問されそうな内容を予測することができて、準備がしやすく助かりました。

担当者:内覧時のシミュレーションなど、Nさんがご協力してくださり、とても有難かったです。こちらのお客様にはお子様がいらっしゃるので、当初2LDKを探されていたわけではなかったのですが、Nさんと同じく特徴的な間取り、特に3.5メートルもある天井高や高級感あふれるエントランスが気に入られたご様子でした。事前にWEBサイト上のパノラマ動画もご覧になっていたのですが、実際に内覧いただき魅力が伝わったようです。そして無事、購入希望のお言葉をいただくことができました。

Nさん:売却が決まり、本当に安心しました。実は、私たちはリフォームせずに現状のまま引き渡しをしたいという要望もあったのですが、内覧の前にIさんから買主様へ、経年劣化や微細な不具合などは伝えていただいていたので、この条件も納得していただいたうえでスムーズに取引がまとまったんです。結果的に希望額で売却できましたし、しかも住友不動産の分譲マンションの仲介を住友不動産販売へお願いしたことで、グループ会社利用の特典も使えて、仲介手数料が10%割引になったのも、嬉しかったですね。
難しい間取りのせいで売却に時間がかかったので、少々あせった時もありましたが、Iさんが様々な手を尽くし熱意を持って売却活動をサポートしてくださったので、頼もしかったです。

担当者:ありがとうございます。売却活動が長引くとNさんもご心配でしょうから、ご自宅に伺ってお顔を見ながら報告させていただいたので、売却に向けての戦略も細かくご相談できて、二人三脚で進めることができたと思っております。結果的にはシティハウス星ヶ丘イーストレジデンスの物件の中では、過去の実績から見ても良い条件での売却をしていただけました。

売主様も買主様も、不安に思われる要素を早い段階で解消し、安心してお取り引きいただけるようサポートするのが私の役目です。そのためにも、それぞれのお客様に合わせた情報を十分にご提供できるよう心がけています。今後も、不動産に関するご相談がありましたら、当営業センターにご連絡ください。誠意を持ってお手伝いさせていただきます。

(公式サイトより)

住友不動産販売に無料査定を依頼するなら「すまいValue」が便利

住友不動産販売に無料査定を依頼するなら、比較するためにも他に1〜3社程度にも無料査定を依頼して、話を聴き比べた方が良いでしょう。

他に不動産会社の心当たりが無ければ「すまいValue」が便利です。

すまいValue
すまいValueでは、住友不動産販売を含めた大手不動産会社の最大6社にまとめて査定を依頼できます。

売買仲介トップの4社が入っているので、比較対象として最適です。

売買仲介件数ランキング上位31社
(2020年)

売買仲介件数ランキング2020年3月
※赤枠は、すまいValueに登録されている不動産会社

すまいValueの公式サイトはこちら
すまいValue

まとめ

数ある不動産会社の中で、三井のリハウスに次いで実績第2位となっている住友不動産販売。

豊富な実績があるのはメリットですが、その一方で注意点もあります。

住友不動産販売ステップのメリット

  1. 全国270店舗の直営仲介と売却力
  2. 売却で有利なサービスが豊富
  3. 買い替えで助かるサービスもある
  4. 体育会気質の行動力で定評の営業マン

住友不動産販売ステップの注意点

  1. 地方では利用できないエリアも多い
  2. 仲介手数料の値下げは期待できない
  3. 買取では他社にも査定を依頼した方が無難

住友不動産販売の特徴とも言えるのが、営業マンの営業姿勢。

一緒に売却活動を進めていくパートナーでもある営業マンを、信頼できるかどうかは大事なポイントです。

査定自体は無料で依頼できるので、まずは一度住友不動産販売に問い合わせてみると良いでしょう。

その一方で、買取も視野に入れているなら他社にも査定依頼した方が無難です。

家の売り方で不動産会社選びは変わります。

住友不動産販売ステップを上手に活用し、家の売却を成功させましょう。

試しに無料査定を依頼してみるならこちら
住友不動産販売「売却問合」

一括査定サイトの「すまいValue」を利用すれば、住友不動産販売を含む大手6社にまとめて無料査定を依頼できます。

すまいValueの公式サイトはこちら
すまいValue

あなたの家の売却が成功することを、心よりお祈りしております!