suumoイメージ
「SUUMOは賃貸や新築のイメージだけど、売却査定はどうなの?」

テレビCMでもよく見かけるSUUMOですが、賃貸や新築のイメージが強すぎるため、売却は力を入れてないのでは?と不安に思うかもしれません。

しかし結論から言うと、SUUMOの売却査定はかなり優秀です。

なぜならSUUMOの売却査定は、不動産会社の登録数が多く、便利な絞り込み機能により、あなたにあった不動産会社が見つけやすいため。

SUUMOを上手く使えば、優秀で信頼できる不動産会社を見つけることができるでしょう。

家の売却では、不動産会社選びで売却の成功・失敗が8割決まると言われます。

もし家が高く売れて、満足できる売却結果になれば、豊かで安心できる暮らし・老後を手に入れることができますね。

ただしSUUMOを使えば家の売却が100%成功するわけでなく、SUUMOには注意点もあります。

今回はSUUMOのメリットや利用前に知っておきたい注意点、査定依頼の際に入力する項目について説明しています。

あなたの家の売却が成功し、幸せな新生活を実現するために、この記事がお役に立てば幸いです。

SUUMOの売却査定(無料)を試すならこちら
SUUMO売却査定

SUUMO(スーモ)売却査定のメリット

まずはSUUMOのメリットから。

SUUMOには5つのメリットがあります。

  1. 入力前に候補の不動産会社が分かる
  2. 登録会社数が多い
  3. 運営がリクルートで安心
  4. 会社の絞り込み機能が使いやすい
  5. 不動産会社選びに重要な情報が充実している

それぞれ詳しく見ていきましょう。

メリット1. 入力前に候補の不動産会社が分かる

SUUMOの売却査定では、都道府県と市区町村の2項目を入力するだけで、査定を依頼する候補の不動産会社リストを見ることができます。

SUUMOの様な一括査定サイトは、主要なものだけでも10社以上ありますが、このメリットはSUUMOのみ。

他の一括査定サイトでは、20項目以上の情報を全て入力し終えるまで、不動産会社が表示されません。

これは都市ではともかく、田舎では地味に使いづらいシステムです。

なぜなら住所や氏名、築年数や広さなど20項目以上を入力し終わったら、結局エリアで登録している不動産会社がなかった…なんてガッカリする結果もあるからです。

特に地方の家を売却する場合は、SUUMOのこの機能は大きなメリットになります。

メリット2. 登録会社数が多い

なぜかSUUMOは登録会社数を公表していませんが、おそらく他の一括査定サイトより推測できます。

たとえばSUUMOでは、「東京都世田谷区」のエリアで表示された不動産会社数は110件。

SUUMOの検索事例

他の一括査定サイトでは、多くてもせいぜい30社程度です。

SUUMOという名称は、おそらく誰しもが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

それだけ認知度が高く、圧倒的な広告力を持つSUUMO。

登録している不動産会社数が多いことは自然なことです。

ハウスくんハウスくん

数が多いより、少なくても厳選された不動産会社が良いんじゃないの?


家博士家博士

SUUMOでは、独自の審査を通過した不動産会社しか登録されていないよ。

メリット3. 運営がリクルートで安心

SUUMOは、リクルートが運営する不動産情報サイトなので、しつこい営業をするような不動産会社は登録されていません。

SUUMOブランドの価値を維持するため、評判の悪い不動産会社は登録できないように、厳正な審査があるのです。

大手企業が運営するサイトならではのメリット。

また、連絡先などの個人情報を入力する一括査定サイトなので、情報漏えいの面でも運営企業の信頼性は重要なポイント。

この点もリクルートなら安心です。

リクルートグループといえば「ホットペッパー」や「じゃらん」「リクナビ」「ゼクシィ」などがおなじみ。

数多くの有名サイトを運営している大手企業で、日本を代表する経営者も数多く産出する独特な社風でも有名です。

ハウスくんハウスくん

良質な不動産会社が数多く登録されていて、100社以上も候補があったら、どこを選べば良いのか分からなくなりそう。


家博士家博士

SUUMOは、会社を選ぶ機能も使いやすいんだ。

メリット4. 会社の絞り込み機能が使いやすい

SUUMOでは、条件絞り込み機能を使って不動産会社を選び、最大10社に査定依頼できます。

絞り込み条件で選ぶことも、他の一括査定サイトにはないSUUMOだけの機能。

物件所在地を入力するのと同時に、次のようなキーワードで絞り込みができます。

  • 買い取り制度あり
  • インスペクション相談可
  • 賃貸サポート可
  • 税金・法務相談サービス
  • 任意売却
  • 店舗10店鋪以上
  • 開店10年以上
  • 経験10年以上のベテランに相談可

さらに次の会社選択ページでは、会社の特徴で絞り込むことも可能。

絞り込み条件は次の通りとなっています。

1.安心して任せられる
地元の実績多数/開店10年以上/店鋪10店鋪以上/経験10年以上のベテランに相談可/不動産コンサルティングマスター
2.専門的な相談ができる
相続の相談可/税金・法務相談サービス/ファイナンシャルプランナー/賃貸サポート可/任意売却
3.サービスが充実している
買い取り制度あり/瑕疵保証あり/インスペクション相談可/ハウスクリーニング

家博士家博士

都市部では、不動産会社が100件以上表示されることもあるんだ。
1つずつ見ていくのは手間がかかるから、そんなときにも絞り込み機能が便利なんだよ


ハウスくんハウスくん

絞り込んだ後は、どうやって選ぶの?


家博士家博士

SUUMOでは不動産会社を選ぶための情報も充実しているんだ

メリット5. 不動産会社選びに重要な情報が充実している

SUUMO画面01
SUUMOで査定依頼すると、所在地やキーワード絞り込みの結果に該当する不動産会社が最初に表示されます。

その中から最大10社を選んで査定依頼できますが、このとき参考になるのが不動産会社の情報です。

  • エリアの売却実績数
  • エリアの購入希望者数
  • 不動産会社(店鋪)の営業スタッフ人数
  • 会社情報

トップページだけでこの情報が分かり、さらに売却実績数や希望者数の多い順番に並べ替えて表示できるようになっています。

ハウスくんハウスくん

売却実績が一目で分かるのは便利だね

家博士家博士

そうなんだ。エリアで実績が豊富な不動産会社はそれだけ多くの物件を扱っていて、顧客も多いということ。詳細ページでは、より詳しい情報もチェックできるんだよ

気になる不動産会社をクリックすれば、その会社の詳細情報が表示されます。

売却実績の詳細情報や顔写真付きのスタッフ紹介など、情報が充実しています。
SUUMO画面2

ちなみに、売却実績で確認できる項目は次の通り。

  • 物件種別
  • 沿線・駅
  • 所在地(丁目まで)
  • 売却価格(100万円単位で掲載)
  • 面積
  • 間取り
  • 築年月
  • 売却時期
  • 担当者

スタッフ紹介ページでは、年齢だけでなく業界経験年数まで記載されています。

ここまで不動産会社に関する情報が詳細に記載されているのは、SUUMO以外にはありません。

SUUMOの売却査定(無料)を試すならこちら
SUUMO売却査定

SUUMO(スーモ)売却査定の注意点

メリットがある一方で、SUUMOには次のような注意点もあります。

  1. 不動産会社を何で絞り込むか迷う
  2. 同じ会社の別支店が出てきて迷う
  3. 全ての不動産会社が登録されているわけではない

注意点も詳しく見ていきましょう。

注意点1. 不動産会社を何で絞り込むか迷う

SUUMOでは、不動産会社の絞り込み機能が充実していますが、売却の基礎知識が無いと、何で絞り込むか迷ってしまいます。

参考までに、ケース別におすすめの絞り込み方を紹介します。

ケース1. 地方にある物件を売りたい場合

地方では次の2つで絞り込みましょう。

  • 「地元の実績多数」
  • 「開店10年以上」

地域密着系で営業年数が長い不動産会社が見つかります。

ケース2. 築20年以内の一戸建てを売りたい場合

築20年以内の一戸建てでは次の2つにチェック。

  • 「インスペクション相談可」
  • 「瑕疵保証(かしほしょう)あり」
インスペクションとは

インスペクションとは建物状況調査のことで、住宅の健康診断のようなもの。

家の劣化や不具合について専門家が調査し、補修が必要な部分や欠陥の有無を検査します。

インスペクションによって物件の状況が分かるため、買主・売主ともに安心して取引できる点がメリット。

さらに2018年4月からはインスペクション実施の有無やその結果について、一般の人でも詳しい説明が受けられるようになっています。

インスペクションについて、詳しくはこちらで解説しています。

瑕疵保証とは

瑕疵保証とは、瑕疵による補修費用を保証してくれるサービスのこと。

瑕疵とは欠陥や不具合のことです。

中古物件では売却した物件に、通常では気付かない欠陥や不具合(隠れた瑕疵)があった場合、引き渡しから一定期間内は売主が補修費用などを負担することになっています。

「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」と呼ばれるもので、期間は引き渡し完了日から3ヶ月以内が一般的です。

隠れた瑕疵の内容は、一般社団法人不動産流通経営協会(FRK)のルールで次の通りとされています。

  • 雨漏り
  • 構造上主要な部位の木部の腐食(一戸建ての場合)
  • 給排水管の故障
  • シロアリ被害

隠れた瑕疵が見つかると、その補修費用は多額になることも。

そうした「万が一」に備えられる瑕疵保証があれば、一戸建ても安心して売却できます。

瑕疵保証については、こちらで詳しく解説しています。

ケース3. 価格よりも手間をかけず早く売りたい場合

安くても良いから楽に早く売りたいなら、次ににチェック。

  • 「買い取り制度あり」

これは不動産会社が買い取ってくれるもので、早ければ1ヶ月で引き渡しまで終わります。

転勤や離婚など時間的な制限がある場合に有効な売却方法です。

ただ、価格については相場の6〜8割となってしまいます。

買い取りの場合は、シンプルに査定価格=買取価格となるため、なるべく多くの不動産会社に査定を依頼すると良いでしょう。

SUUMOの他に複数の一括査定サイトを併用して、10社以上に査定を依頼します。

査定を依頼するときは、備考欄に「買取希望」と書くと良いでしょう。

他の一括査定サイトはこちらで紹介しています。

買取については、こちらの記事で詳しく解説しています。

注意点2. 同じ会社の別支店が出てきて迷う

SUUMOでは、同じ会社の別支店が査定を依頼する候補として別々に表示されることがあります。

たとえば「東京都世田谷区」で検索すると、N社の成城支店と桜新町支店が出てきます。

ハウスくんハウスくん

どちらも同じN社だから変わらない気がするけれど、どう選べば良いの?

家博士家博士

エリア内の売却実績や、購入希望者の数で選ぼう

今回のパターンで各支店の売却実績を見てみると、成城支店は小田急線沿線、桜新町支店は東急線沿線の実績が豊富です。

成城支店の実績

成城支店実績

桜新町支店の実績

桜新町支店の実績

売りたい物件が小田急線沿線なら成城支店を、東急線沿線なら桜新町支店を選ぶと良いでしょう。

実績が多い順・購入希望者が多い順に並べ替えもできる

SUUMOの検索結果画面では、不動産会社の並び替えもできます。

並び替えの条件は「売却実績が多い順」または「購入希望者が多い順」のいずれか。

簡単に希望に沿った順に並び替えられるので便利です。

注意点3. 全ての不動産会社が登録されているわけではない

登録会社数が多いSUUMOですが、全ての不動産会社が登録されているわけではありません。

地域によっては他の一括査定サイトと併用するのがオススメです。

地方で不動産会社が少ない場合

不動産会社を選ぶときは最低でも3社、できれば6社を比較して選びたいもの。

1社ではそもそも比較できず、2社だと価格が「高い」か「安い」で比べることになるため、適正かどうかの判断ができません。

3社以上あれば価格が適正かどうかの判断もしやすくなりますが、多すぎると大変です。

そのため、3〜6社を比較するのがオススメなのです。

しかし、地方ではSUUMOで検索しても不動産会社が1〜2社しか表示されないことも。

この場合は「HOME4U」「HOME’S」「イエウール」といった、全国対応の他の一括査定サイトも試してみましょう。

SUUMOには登録していないけれど、これらのサイトに登録している不動産会社が見つかる可能性もあります。

都市部の場合

都市部で売却する際に査定依頼しておきたいのが、取り扱い実績トップ3の大手不動産会社です。

トップ3の3社とは「三井不動産リアルティ」「東急リバブル」「住友不動産販売」のこと。

SUUMOを使っても、これら3社へは査定依頼できません。

この3社に査定依頼できる唯一の一括査定サイトが「すまいValue」です。

都市部ではSUUMOとすまいValueを併用すると良いでしょう。

まずはSUUMOで無料査定を試してみましょう。

SUUMOの売却査定(無料)を試すならこちら
SUUMO売却査定

SUUMOの他に一括査定サイトの定番はこちら。

一括査定サイトの定番3社

一括査定サイトは主要なものだけでも10社以上ありますが、定番はほぼ決まっています。

一括査定サイトの定番となっている3社はこちら。

この3社以外についてはこちらにまとめています。

  1. すまいValue

    すまいバリュー
    実績5.0
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    18万件(開始後2年合計)
    不動産会社数:
    大手6社・全国840店舗
    運営会社:
    大手6社共同運営

    大手6社(三井不動産リアルティ・住友不動産販売・東急リバブル・野村不動産アーバンネット・三菱地所ハウスネット・小田急不動産)が共同で2016年10月に立ち上げた一括査定サイト。
    6社といっても全国840店舗あるため、ほぼ全ての地域をカバーしています。
    売却実績も豊富で、特に首都圏では家を売却した3人に2人がこの6社を利用しているほど。
    首都圏以外のほとんどの地方都市でも、三井・住友・東急の3社が売却実績のトップ3を独占しています。
    2019年現在、大手6社は他の一括査定サイトからほぼ撤退したため、これら大手に査定を依頼できる唯一の一括査定サイトとして、「すまいValue」が新定番となっています。

    管理人のコメント

    地方では大手より地域密着の中小不動産会社の方が強い場合もあるため、地方の郊外から外れたエリアではLIFULL HOME'S又はHOME4Uも確認してみたほうが良いでしょう。
    しかし都市部の方は「すまいバリュー」が現状では最強の一括査定サイトです。
    特に大手トップ3社(三井・住友・東急)の情報量、査定精度、販売力はやはり別格。優秀な営業マンも数多く抱えています。
    机上査定と訪問査定が選べる点もおすすめ。

  2. 【公式サイト】すまいValue

  3. LIFULL HOME'S

    LIFULL HOMESイメージ
    実績4.5
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    非公開(サイト利用者476万人)
    不動産会社数:
    1,777社
    運営会社:
    株式会社LIFULL

    運営は、HOME'SのテレビCMでおなじみの東証1部上場 株式会社LIFULL。2008年にマンション専用でサービスを開始。2011年から戸建ても含めて売却査定ができる仕様に。参加会社数が多く、特に地元密着系の中小不動産会社が多数登録しています。

    管理人のコメント

    不動産会社を選ぶ際に、各社の特徴(買取保障、瑕疵保証制度あり、半数以上がベテランなど)がアイコンで表示されるので、選びやすいシステムです。
    訪問査定ではなく机上査定を希望する場合は、不動産会社へのメッセージ欄で伝えると良いでしょう。
    選ぶ会社の数は3社〜6社がオススメです。

  4. 【公式サイト】LIFULL HOME'S

  5. HOME4U

    HOME4Uイメージw330
    実績5.0
    不動産会社4.0
    運営会社5.0
    査定実績:
    累計35万件(2001年開始)
    不動産会社数:
    1,300社
    運営会社:
    株式会社NTTデータ・スマートソーシング

    日本初の不動産一括査定サイト。2001年のサービス開始依頼、査定累計数35万件と実績も豊富。運営は東証1部上場の株式会社NTTデータのグループ会社。
    不動産会社は大小バランスよく登録されているため幅広く依頼ができます。

    管理人のコメント

    HOME4Uでは査定依頼の記入欄が多いため、自然と査定精度が高くなる仕組みになっています。
    ちなみに記入した内容はまた不動産会社と話をするときに修正できます。
    あまり真剣に悩まず、とりあえず現時点の希望を書いておく程度で大丈夫。
    不動産会社はかなり絞られて紹介されるので、なるべく多くに査定を依頼すると良いでしょう。

  6. 【公式サイト】HOME4U

SUUMO(スーモ)売却査定の入力項目

SUUMOの売却査定を利用する際に、入力する項目をまとめました。

トップ画面で入力するのは次の2点。

  • 査定したい物件の郵便番号または住所(都道府県・市区郡)
  • キーワード絞り込み(任意)
    買い取り制度あり/インスペクション相談可/賃貸サポート可/税金・法務相談サービス/任意売却/店舗10店鋪以上/開店10年以上/経験10年以上のベテランに相談可

まずはこの2点を入力し「無料売却査定」をクリックすると、査定依頼できる不動産会社の一覧が表示されます。

最大10社の不動産会社を選択し「査定を依頼する」をクリックすると、査定物件に関する情報の入力ページに移ります。

お問い合わせ内容
以下の選択肢から、あなたの希望に合うものを選びましょう。
まずは簡易査定をしてほしい/とにかく急いで売却したい/訪問査定をしてほしい/来店の予約をしたい/近所に知られずに売却したい/家族に知られずに売却したい
査定する物件の種別
マンション/一戸建て/土地
物件所在地
マンションの場合
間取り/築後年数(大まかでOK)/専有面積(大まかでOK)/マンション名(任意)
一戸建ての場合
間取り/築後年数(大まかでOK)/土地面積(㎡・大まかでOK)/建物延べ面積(任意・㎡・大まかでOK)
土地の場合
土地面積(㎡・大まかでOK)
名前とフリガナ
メールアドレス
住所
希望する連絡方法
電話/FAX/詳しい情報を口頭で聞きたい
電話またはFAXを選ぶと、電話番号・FAX番号を入力する項目が表示されます。
連絡希望時間も選択できるようになっているので、例えば昼休み中希望なら「12時〜13時」など選んでおきましょう。
売却希望時期(任意)
その他ご要望など(任意・182文字以内)

以上の内容を入力すれば完了です。

まとめ

リクルートが運営しているので、安心して利用できるSUUMO。

絞り込み機能によってあなたの希望に沿った不動産会社が見つかりやすいのが特徴。

不動産会社の売却実績やエリア内の購入希望者数など、情報量が豊富なのもSUUMOの強みです。

その一方で「どう絞り込むか」や「同じ会社の別支店はどちらを選ぶべきか」など、悩んでしまうことも。

  • 不動産会社の数が多すぎる場合は、物件の場所や種類、築年数、売り方によって絞り込み条件を変える
  • 売却実績や購入希望者数を参考に依頼先を選ぶ
  • 地方で不動産会社の数が3社未満なら、他の一括査定サイトも併用する

以上の点に注意しながらSUUMOを利用すると良いでしょう。

SUUMOを上手く利用すれば、あなたに最適な不動産会社が見つかります。

優秀で信頼できる不動産会社が見つかれば、家の売却を安心して任せることができます。

家の売却が成功する可能性もかなり高くなるでしょう。

あなたの家の売却が成功し、豊かな生活を手に入れられることを、心よりお祈りしております!

SUUMOの売却査定(無料)を試すならこちら
SUUMO売却査定

一括査定サイトの定番3社

一括査定サイトは主要なものだけでも10社以上ありますが、定番はほぼ決まっています。

一括査定サイトの定番となっている3社はこちら。

この3社以外についてはこちらにまとめています。

  1. すまいValue

    すまいバリュー
    実績5.0
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    18万件(開始後2年合計)
    不動産会社数:
    大手6社・全国840店舗
    運営会社:
    大手6社共同運営

    大手6社(三井不動産リアルティ・住友不動産販売・東急リバブル・野村不動産アーバンネット・三菱地所ハウスネット・小田急不動産)が共同で2016年10月に立ち上げた一括査定サイト。
    6社といっても全国840店舗あるため、ほぼ全ての地域をカバーしています。
    売却実績も豊富で、特に首都圏では家を売却した3人に2人がこの6社を利用しているほど。
    首都圏以外のほとんどの地方都市でも、三井・住友・東急の3社が売却実績のトップ3を独占しています。
    2019年現在、大手6社は他の一括査定サイトからほぼ撤退したため、これら大手に査定を依頼できる唯一の一括査定サイトとして、「すまいValue」が新定番となっています。

    管理人のコメント

    地方では大手より地域密着の中小不動産会社の方が強い場合もあるため、地方の郊外から外れたエリアではLIFULL HOME'S又はHOME4Uも確認してみたほうが良いでしょう。
    しかし都市部の方は「すまいバリュー」が現状では最強の一括査定サイトです。
    特に大手トップ3社(三井・住友・東急)の情報量、査定精度、販売力はやはり別格。優秀な営業マンも数多く抱えています。
    机上査定と訪問査定が選べる点もおすすめ。

  2. 【公式サイト】すまいValue

  3. LIFULL HOME'S

    LIFULL HOMESイメージ
    実績4.5
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    非公開(サイト利用者476万人)
    不動産会社数:
    1,777社
    運営会社:
    株式会社LIFULL

    運営は、HOME'SのテレビCMでおなじみの東証1部上場 株式会社LIFULL。2008年にマンション専用でサービスを開始。2011年から戸建ても含めて売却査定ができる仕様に。参加会社数が多く、特に地元密着系の中小不動産会社が多数登録しています。

    管理人のコメント

    不動産会社を選ぶ際に、各社の特徴(買取保障、瑕疵保証制度あり、半数以上がベテランなど)がアイコンで表示されるので、選びやすいシステムです。
    訪問査定ではなく机上査定を希望する場合は、不動産会社へのメッセージ欄で伝えると良いでしょう。
    選ぶ会社の数は3社〜6社がオススメです。

  4. 【公式サイト】LIFULL HOME'S

  5. HOME4U

    HOME4Uイメージw330
    実績5.0
    不動産会社4.0
    運営会社5.0
    査定実績:
    累計35万件(2001年開始)
    不動産会社数:
    1,300社
    運営会社:
    株式会社NTTデータ・スマートソーシング

    日本初の不動産一括査定サイト。2001年のサービス開始依頼、査定累計数35万件と実績も豊富。運営は東証1部上場の株式会社NTTデータのグループ会社。
    不動産会社は大小バランスよく登録されているため幅広く依頼ができます。

    管理人のコメント

    HOME4Uでは査定依頼の記入欄が多いため、自然と査定精度が高くなる仕組みになっています。
    ちなみに記入した内容はまた不動産会社と話をするときに修正できます。
    あまり真剣に悩まず、とりあえず現時点の希望を書いておく程度で大丈夫。
    不動産会社はかなり絞られて紹介されるので、なるべく多くに査定を依頼すると良いでしょう。

  6. 【公式サイト】HOME4U


首都圏・関西圏ならSRE不動産(旧ソニー不動産)も

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)、関西圏(大阪・兵庫)の場合は、SRE不動産(旧ソニー不動産)もおすすめです。

HOMES

SRE不動産は、あのソニーが始めた不動産会社。

アメリカ式エージェント制度を取り入れ、完全に売り主の立場で家の売却をサポートしてくれます。

ソニー不動産について詳しくはこちら
SRE不動産(旧ソニー不動産)の評価・口コミ、利用するときの注意点とは

SRE不動産では、メールで査定結果を教えてくれるので、とりあえず査定価格の取り寄せだけでも試す価値はあります。

SRE不動産の無料査定依頼はこちら
SRE不動産


マンション築20年以上、戸建て築15年以上ならリフォームプラン付きで売る方法も

首都圏・中部圏・近畿圏限定ですが、パナソニックが新しく始めたリフォームプラン付きの売却「Riarie(リアリエ)」なら、競合物件との価格競争を避けて、高く早く売れる可能性があります。

riarie

リアリエでは、複数のリフォームプランを3次元のコンピューターグラフィック(3DCG)で作成するため、家の魅力が大幅にアップ。

さらにリフォーム予算・補助金・減税メリットなどが明確なので、購入者の心理的ハードルが下がり、家が早く高く売れます。

パナソニックのリアリエについて詳しくはこちら
リアリエはリフォームプラン付きで家が早く売れる! 試すなら急ぐべき理由とは

リアリエの無料査定を試すならこちら
ReaRie(リアリエ)