HOMESイメージ
「ホームズの売却査定はどうなの?」

不動産の売却で、ホームズを利用するかお悩みですね。

ホームズといえば、本田翼さんのテレビCMでおなじみ。
大手不動産サイトとして、圧倒的な知名度があります。

でも不動産の売却では、慎重に調べて、納得してから利用したいですよね。

そんなあなたに、朗報です。

ホームズの不動産売却査定は、きちんと使えば、売却の成功に役立つツールです。

ただし注意点もあるので、利用する前に知っておきましょう。

この記事では、ホームズの売却査定についてメリットと注意点を徹底検証しました。

あなたの不動産売却が成功するために、この記事がお役に立てば幸いです。

ホームズの売却査定のメリット

ホームズの売却査定には次のメリットがあります。

  1. 運営会社が大手で実績豊富
  2. 個人情報の取り扱いが適切
  3. 不動産会社が豊富で選びやすい

詳しく見ていきましょう。

メリット1. 運営会社が大手で実績豊富

一括査定サイトで気になるのが、本当に安心して利用できるのか。

運営が、よくわからない会社だったり、登録されている不動産会社が怪しいところは避けたいですね。

しかしホームズなら大丈夫です。

東証1部上場の株式会社LIFULLが運営

運営しているのは東証1部上場の株式会社LIFULL。

国内だけでなく、海外60カ国以上にも広く事業を展開しています。

直近の決算でも、ホームズ関連事業・海外事業など順調で、前年の同時期と比べて+3.2%増益。

こうした決算情報まで見られるのは、1部上場企業ならではです。

国土交通省の全国版空き家バンクの指定事業者にも認定

株式会社LIFULLは、国土交通省が平成30年度から運用する「全国版空き家バンク」の指定事業者に認定。

国内不動産ポータルサイトの代表として、国土交通省にも認められています。

【参考】国土交通省・空き家空き地等の流通の活性化の推進

独自の基準がRSC基準で明確

掲載する不動産会社についても独自基準を設定。

「不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとしても、評価されています。

【参考】不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)とは
インターネットサイト上の不動産広告の中には、内容に虚偽があるものや適切な表示になっていないものがあります。
こうしたサイトが増えると、不当表示した不動産会社だけでなく不動産業界全体が信頼されなくなってしまいます。
こうした事態を防止し、不動産情報を適切かつ公正に一般消費者へ伝えるために協議会を設立。
不動産情報サイト事業者がそれぞれルールを策定し、遵守していくこととしています。
家博士家博士

RSC加盟のポータルサイトでは、広告表示のルールや用語の意味を統一。
一般の人でも分かりやすい表示になっているんだよ

RSCのルールとして、例えば最寄駅からの徒歩分数や距離は、1分=80mと定められています。

また敷地内に専用の駐車場がある場合に「駐車場あり」と表示されます。

ハウスくんハウスくん

ホームズはRSCのこうしたルールに則っているから、安心して利用できるんだね

もし掲載情報に不具合があった場合は、不動産会社に厳しいペナルティが。

ホームズは単に利益を出すだけでなく、業界全体の改善にも務めているのです。

メリット2. 個人情報の取り扱いが適切

一括査定サイトには個人情報も登録します。

ホームズでは、大切な個人情報の取り扱いを徹底。

情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC27001」および国内規格「JISQ 27001」の認証を取得しています。

サイトの利用によって、個人情報や物件情報が許可なく外部に公開されるリスクはかなり低いでしょう。

厳重な情報セキュリティを確保しているため、安心して利用できます。

メリット3. 不動産会社が豊富で選びやすい

一括査定サイトでは最大級の提携不動産会社数

ホームズに登録している不動産会社は全国2,549社。(2021年1月時点)

この不動産会社数も月に数回更新されており、どんどん増えています。

ちなみに他の主要一括査定サイトの登録不動産会社数はこちら。

他の主要一括査定サイトは、登録会社数の端数を省略し年1回も更新しないのに、ホームズでは月に何度も数字を更新。

こういった点にも、ホームズの誠実な運営方針が現れています。

不動産会社の情報が満載で選びやすい

さらに提携不動産会社数の多さだけでなく、不動産会社の特色や意気込みが分かる情報が満載です。

不動産会社を選ぶイメージ

  • 有資格者や会社の特徴が一目で分かるアイコン表示
  • 社員や店舗の内観、外観の写真
  • 「ココが強み!」で会社の得意分野を紹介
  • 「トピックス」でイベントや取り扱いプランなどのPR情報を確認
  • 売却活動のポイントや、どんな社員がいるか分かる「ひとことアドバイス」も

詳細な情報まで見られるので、不動産会社が選びやすくなります。

LIFULL HOME’S(ホームズ)の売却査定はこちら
HOME’S

ホームズの注意点

一方でホームズには注意点もあります。

  1. 同じ不動産会社の他支店がリストアップされる
  2. 最大6社までしか依頼できない
  3. 全ての不動産会社が登録されているわけではない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

注意点1. 同じ不動産会社の他支店がリストアップされる

ホームズでは物件情報を入力すると、対応可能な不動産会社がリストアップされます。

その際、同じ不動産会社で別の支店がリストアップされることも。

利用する側からすると、「同じ会社なんだから、社内でどちらの支店か決めてよ」と思ってしまいます。

同じ会社の他支店は特色の記述で選ぶ

この場合は特色の記述を読んで選ぶと良いでしょう。

家博士家博士

実は同じ不動産会社でも、店舗ごとに担当者は違うから、特色も違ってくるんだ


ハウスくんハウスくん

確かにそうだね。
もしかしたらホームズの運営側でも、そう考えてワザと他支店を選べるようにしているのかもね

注意点2. 最大6社までしか依頼できない

ホームズで一括査定が依頼できるのは最大6社まで。

不動産会社に買い手を探してもらう「仲介」なら十分な数ですが、不動産会社に直接買い取ってもらう「買取」では不十分です。

買取では、他の一括査定サイトを併用して20社以上に査定を依頼する

買取では他の一括査定サイトを併用し、できれば20社以上の不動産会社に査定依頼しましょう。

主要な一括査定サイトは、こちらでまとめています。


ハウスくんハウスくん

どうして買取だとたくさんの不動産会社に査定依頼すべきなの?

家博士家博士

買取では査定価格=買取額となるからだよ。
だからできるだけ多くの不動産会社に査定を依頼して、高く買ってくれるところを探すのが大切なんだ

買取については、こちらで詳しく解説しています。

買取の場合は査定依頼の際、備考欄に「買取希望」と書いておきましょう。

注意点3. 全ての不動産会社が登録されているわけではない

ホームズでは多くの不動産会社が登録されていますが、全ての不動産会社が登録されているわけではありません。

あなたの地域によっては、本当に最適な不動産会社が登録されていないという恐れもあります。

ハウスくんハウスくん

そんなこと言ったら、他の一括査定サイトも同じじゃないの?


家博士家博士

その通り、どこの一括査定サイトも、全ての不動産会社は登録されていない。
だからエリアによって一括査定サイトを並用した方が良いんだ。

都市部はすまいValueを並用する

都市部では、ホームズとあわせて「すまいValue」を並用するとよいでしょう。

なぜならすまいValueを並用することで、都市部で売買実績が豊富な大手トップ3社に査定を依頼できるから。

こちらが不動産会社の売買仲介件数ランキングです。

売買仲介件数ランキング上位30社
(2020年3月)

不動産会社の売買仲介件数ランキング2020年3月

日本の不動産業界は、大手3社が圧勝!!

「三井のリハウス」「住友不動産販売」「東急リバブル」の3社は、仲介件数が2万件を超えており、圧倒的です。

都市部では、これら大手トップ3のいくつかは、最低限おさえておきたいところ。

しかし、これらトップ3社は「すまいValue」を共同で立ち上げたため、他の一括査定サイトからはほぼ撤退してしまいました。

現状で大手3社にまとめて査定を依頼できるのは、すまいValueだけです。
すまいValue

すまいValueの公式サイトはこちら
すまいValue

地方では地域ナンバーワンの不動産会社を探す

地方は大手3社の営業範囲外なので、地域ナンバーワンの不動産会社を探します。
(大手トップ3社の営業範囲内かは、すまいValueでおおまかなエリアを記入するとすぐに分かります。)

地域ナンバーワンであれば、自社のPRでその旨を書いています。

ホームズに、地域ナンバーワンの不動産会社が登録されていれば問題ありません。

地域ナンバーワンの不動産会社が分からない場合は、ホームズと合わせて、他の主要一括査定サイト、HOME4USUUMOイエウールなどから一つを選び、候補に上がる不動産会社を見ると、なんとなく分かります。

主要な一括査定サイトはこちらで紹介しています。

仲介で査定を依頼する不動産会社数は3〜6社

仲介で査定を依頼する場合は、不動産会社数は3〜6社が良いでしょう。

なぜなら、査定価格や意見を聴き比べるために3社以上は必要、かつあまり多すぎるとしっかり話を聞くことが難しいため。

さすがのホームズでも、田舎になると査定依頼できる不動産会社が1社や2社ということも。

これだけでは少ないので、全国対応の他の一括査定サイトを併用します。

不動産会社を選ぶときは査定価格だけでなく話を聴き比べる

不動産会社を選ぶときは、査定価格だけで選ぶのではなく、査定根拠について説明してもらったり、どんな売却戦略を考えているのか聴き比べましょう。

不動産会社の中には、媒介契約をとるために、売れもしない高い査定価格を提示する不動産会社もいます。

担当者の態度など信頼できる不動産会社を選ぶことが、売却成功のカギとなります。

査定後の不動産会社選びについては、こちらで詳しく解説しています。

LIFULL HOME’S(ホームズ)の売却査定はこちら
HOME’S

ホームズの入力項目

ホームズで査定依頼できるのは次の6種類。

マンション/一戸建て/土地/投資用(一棟物件)/投資用(区分所有)/倉庫・工場

該当するものと所在地(都道府県・市区町村・町名)を選択し「査定依頼スタート」を押すと、詳細情報の入力画面に切り替わります。

入力項目はマンションの場合が15個、一戸建ての場合が14個です。

所在地
丁目・番地・号のほか、マンションの場合はマンション名と部屋番号を入力
間取り(近い間取りでOK)
面積(おおよその面積でOK)
マンションの場合・・・専有面積
一戸建ての場合・・・建物面積と土地面積(㎡または坪)
築年数(おおよその時期でOK)
次の3つから該当するものを選びます。
ご自身またはご家族・親族が居住中/賃貸中/空き家
現況
あなたと売却物件との関係
次の6つから該当するものを選びます。
名義人/名義人に売却の同意を得た家族・親族/共有名義/会社名義/弁護士・銀行担当者など名義人・名義人の家族・親族から依頼を受けた方/不動産業者
住宅ローン残高(任意)
売却希望時期
どれくらいの期間で売却したいか、希望に合うものを選びます。
早急に/3ヶ月以内/半年以内/1年以内/1年以上先/売却する意思はない
売却理由(複数選択可)
以下の選択肢の中から、近いものを選びます。
買い替え(住み替え物件決定済み)/買い替え検討中(住み替え物件未定)/相続による不動産の売却/離婚による不動産の売却/転勤/金銭的理由/他社で売れない/所有者が高齢/媒介契約中の会社の対応が不満で別の会社を探している/その他
ご要望(複数選択可)
売り方の要望があれば、以下の選択肢の中から選びます。
時間がかかってもなるべく高く売りたい/多少安くても早く売りたい(買取希望)/家族に知られたくない/近所に知られたくない/賃借人に知られたくない/特にない
売却希望価格(任意)
査定会社への連絡事項(任意・自由記述)
お名前
フリガナ
住所(物件所在地と同じまたは別の住所を入力)
電話番号
希望の連絡時間帯があれば選択します。
メールアドレス
ホームズからのお知らせメールの受取りを希望する場合は、チェックを入れましょう。
優先する希望連絡方法(任意)
電話、メール、郵送

この他に不動産会社に伝えたいメッセージがあれば、任意で写真とコメントを添えることもできます。

写真は最大6点まで、コメントは写真1点につき50文字までOK。

室内や外観の状態が分かる写真やリフォーム箇所など、アピールポイントがある場合に有効です。

まとめ

ホームズは東証1部上場企業が運営し、安心して利用できる一括査定サイトです。

不動産会社の情報が豊富で選びやすく、入力も簡単。

その一方で注意点はこちら。

  • 同じ不動産会社でも他支店がリストアップされるため、特色で選ぶ
  • 買取の場合は他の一括査定サイトも併用する
  • 仲介でも都市部は「すまいValue」、登録会社数が少ない地方は他の一括査定サイトを併用する

以上の点に注意しながら、ホームズを利用すると良いでしょう。

売却時期がまだはっきり決まっていなくても、いつか売る可能性があるなら利用できます。

迷っているなら、試しに査定してみると良いでしょう。

LIFULL HOME’S(ホームズ)の売却査定はこちら
HOME’S
すまいValueの公式サイトはこちら
すまいValue

あなたの家の売却が成功することを、心よりお祈りしております!