「おうちクラベルの評判は? 本当に良いの?」

おうちクラベル(旧おうちダイレクト)を利用するかお悩みですね。

おうちクラベルは、ソニーグループのSREホールディングスが運営する一括査定サイト。

SRE不動産(旧ソニー不動産)をはじめとする約1,600店舗の不動産会社から選んで一括査定を依頼できます。

また査定を依頼するとソニーのAI査定が見れることも大きなメリット。

ただし利用する前に知っておきたい3つの注意点があります。

この記事では、おうちクラベルのメリットと注意点を解説。

この記事を読めば、あなたが「おうちクラベル」を使うべきか、また使うなら何に注意すべきかが分かるでしょう。

あなたの家の売却が成功するために、この記事がお役に立てば幸いです。

「おうちダイレクト」は終了し、プロフェッショナル売却だけ「おうちクラベル」に名称変更されました。
ヤフーとソニーグループの提携解消(2022年6月末)により、おうちダイレクトの3つのサービスは下記となりました。

  • AI診断→終了
  • セルフ売却→終了
  • プロフェッショナル売却(一括査定)
    →2022年7月「おうちクラベル」に名称変更し、SREホールディングスが運営

SRE不動産に無料査定を依頼するなら、こちらから直接依頼できます。
SRE不動産

おうちクラベルの公式サイトはこちら
おうちクラベル

おうちクラベルとは

ソニーグループが運営する一括査定サイト

おうちクラベルは、ソニーグループのSREホールディングス(SRE不動産)が運営する一括査定サイト。

SREホールディングスは、不動産会社として営業するときは「SRE不動産(旧ソニー不動産)」になりますが、いずれも同じ会社です、

SREホールディングス
設立: 2014年4月14日
所在地: 東京都港区北青山3丁目1-2 青山セント・シオンビル 2F
許認可: 宅地建物取引業者免許 国土交通大臣(1)第9297号
資本金: 4,088,600千円(2022年3月31日現在)
上場: 東証プライム上場(2020年12月東証1部へ市場変更)
主要株主: ソニーグループ株式会社

SREホールディングスは、AIやクラウドなどソニーの最新技術を利用したサービスに強みがある不動産会社。

最新技術を同業の他の不動産会社へ提供する事業で急成長中です。
SREホールディングス提携不動産会社の数202212
SREホールディングス実績

またDX推進の優れた企業として、経済産業省と東証の選定するDXグランプリを2021年に受賞するなど、最先端の会社です。
DXグランプリ受賞

「おうちダイレクト」の終了で「おうちクラベル」に

おうちクラベルは、もともとヤフーとソニーグループが提携して運営していた「おうちダイレクト」のサービスの一部。

ヤフーとソニーグループが2022年6月に提携を終了したため、おうちダイレクトの「プロフェッショナル売却」が「おうちクラベル」に移行しました。

おうちダイレクトには、他にも「AI査定」「セルフ売却」というサービスがありましたが、これらは終了しています。

ハウスハウス

なんで提携を解消したの?


家博士家博士

予定ほど利用が伸びなかったんだ。
おうちダイレクトは売主が自ら売り出す画期的サービスだったけど、時代を先行しすぎた。
だから一括査定だけ残したんだよ。
次はおうちクラベルのメリットを紹介するね。

おうちクラベルの3つのメリット

それぞれ解説します。

メリット1. AI査定の相場も分かる

AI査定

ソニーの最新技術を利用したAI査定

おうちクラベルでは、一括査定を依頼した後に、AIが算出した査定価格を確認できます。

このAI査定は、SRE不動産(旧ソニー不動産)とソニーのR&D(研究開発)部門が共同開発した最先端のAI。

本来はSREホールディングスと提携する一部の不動産会社しか利用できないもので、これら提携不動産会社の成約情報を利用して査定精度を向上しています。

AIとしては、ライバルの先を行く優れたAIです。

SREホールディングスのAI査定

AI査定の解説

ハウスハウス

最新のAIってスゴそうだね!


家博士家博士

まぁソニーのAIは優秀なんだけど、AI査定自体に少し注意点があるね

ただしAI査定にも注意点あり

AI査定は優れたサービスですが、レインズを使えず精度は参考程度と考えた方が良いでしょう。

ハウスハウス

レインズが使えないと、何で問題なの?


家博士家博士

実際の取引価格をAIに反映できず、査定の精度が参考程度なんだ。

レインズとは
国土交通省の指定流通機関である、不動産流通機構が運営するデータベース。
過去の取引事例、現在の売り出し物件情報が登録されていおり、不動産会社しか利用できない。
(参考)家を売るときに知っておきたい「レインズ」のこと

国内で取引価格が登録されているデータベースはレインズだけですが、レインズ規約によりAI診断にはレインズが使えません。

そのためAI診断は、仕方なくネット上の無料情報(売出し価格など)を利用しています。

売出し価格は、売主の希望価格で「売れ残っている価格」なので、実際の取引価格とは大きな差があります。

これはおうちクラベルのAIに限らず、全てのAI査定に共通する問題です。

ハウスハウス

せっかくの優れたAIでも、レインズを使った不動産会社の査定に比べると、精度は低いんだね


家博士家博士

ソニーのAIは提携不動産会社の成約情報を利用しているから、まだ他のAIよりはマシだよ。
だけどレインズを使える不動産会社の査定に比べると、やっぱり不利なんだ。


売出し価格と取引価格(成約価格)については、こちらで詳しく解説しています。

AI診断については、こちらで解説しています。

AI診断の評判

AI診断の評判でも、やはり査定精度について疑問視する意見が多くあります。
(おうちクラベルの旧名称「おうちダイレクト」で記載)

複数の不動産会社の査定と合わせて考える

おうちクラベルのAI査定は、一括査定で依頼した不動産会社の査定を合わせて考えると良いでしょう。

複数の不動産会社の査定を比較すると、相場はそれなりに分かるもの。

さらにAI査定の価格を加えることで、より相場を読みやすくなります。

ハウスハウス

確かにAI査定だけでなく、不動産会社の査定と合わせて見れば参考になるかも。


家博士家博士

ソニーのAI査定を個人の売主が全国レベルで利用できるのは、おうちクラベルだけだよ。

メリット2. SRE不動産を含む一括査定ができる

おうちクラベルでは、SRE不動産を含む約1,600店舗の不動産会社から選んで一括査定ができることもメリット。

SRE不動産(旧ソニー不動産)はSREホールディングスが不動産会社として営業するときのブランド名です。

SRE不動産は大手で唯一のエージェント制で両手仲介なし

SRE不動産は、大手で唯一のエージェント制が両手仲介がないため人気です。

エージェント制は売主・買主のどちらか片方だけを担当し、欧米では一般的。

しかし日本では、売主と買主を同じ不動産会社が担当する「両手仲介」になるケースがよくあります。

ハウスハウス

両手仲介だと何が悪いの?


家博士家博士

売主が損する恐れがあるんだ。

両手仲介は売主が損する恐れも

両手仲介は、不動産会社にメリットが大きく、売主が損する恐れがあります。

なぜなら両手仲介なら、不動産会社は一度の取引で仲介手数料を2倍稼げるため。

売主・買主のどちらか一方を担当する「片手仲介」に比べて、不動作会社はメリットが大きいのです。
両手仲介と片手仲介のイメージ

両手仲介で売主が損するケースとして、次の2つがあります。

  1. 買主との交渉時に、不動産会社が売買の成立を優先して、売主に値下げや妥協を説得する。
  2. 不動産会社が意図的に両手仲介を狙って、他社の見つけた買主を勝手に断る(囲い込み)。

自然に両手仲介になるのはよくあることで、悪いことではありません。

しかし意図的に両手仲介を狙って、他社の見つけた購入希望者を拒否する「囲い込み」は完全に売主への裏切り行為。

売主にとって、せっかく見つかった購入希望者が知らない間に断られていたことになります。

悪質な不動産会社は、こちらで詳しく解説しています。

SRE不動産なら、他の不動産会社が買主を積極的に探してくれる

SRE不動産は両手仲介をしないことが業界でも知られているため、レインズ経由で他の不動産会社が積極的に買主を探してくれます。

レインズのイメージ

このエージェント制によって、SRE不動産の評判は高く、利用者の満足度も高くなっています。
SRE不動産
SRE不動産お客様満足度92.7%

SRE不動産(旧ソニー不動産)の公式サイトはこちら
SRE不動産

メリット3. SREホールディングスの安心感

ソニーグループで東証プライム上場

おうちクラベルは運営会社がソニーグループで東証プライム上場企業なので安心。

調査でも、信頼性で高い評判を得ています。
おうちクラベルの評判

個人情報の管理や提携不動産会社も安心

おうちクラベルは、ソニーグループの会社なので、個人情報管理なども安心です。

またおうちクラベルと提携する不動産会社も、優良企業なので安心。

おうちクラベル提携企業

一括査定を依頼しても、依頼した不動産会社以外に連絡先が漏れることもありません。

おうちクラベルの公式サイトはこちら
おうちクラベル
家博士家博士

ここまでおうちクラベルのメリットを紹介した。
次は注意点を解説するね。

おうちクラベルの3つの注意点

それぞれ解説します。

注意点1. 営業エリア外は提携サービスに飛ばされる

おうちクラベルは一応全国に対応していますが、人口の少ないエリアは対象外。

田舎の地名を入力すると、提携サイト『Re-Guide一括査定』に飛ばされてしまいます。

対象エリア外だと提携サイトに飛ばされる

もし対象外のエリアであれば、他の一括査定サイトも試してみた方が良いでしょう。

他の一括査定サイトはこちらでまとめています。

注意点2. エリアによってはSRE不動産に査定を依頼できない

SRE不動産は営業エリアが限られているため、営業エリア外ではSRE不動産に査定を依頼できません。

SRE不動産の営業エリアは首都圏と関西の一部

SRE不動産の営業エリアは狭く、首都圏と関西の一部のみ。

  • 首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 関西圏(大阪・兵庫・京都・奈良)

このエリア以外では、基本的にSRE不動産を利用できません。

ただし投資物件などはエリア外でも扱う場合がありますので、直接聞いてみても良いでしょう。

SRE不動産(旧ソニー不動産)の公式サイトはこちら
SRE不動産

注意点3. 一部の大手は登録されていない

おうちクラベルには大手から中小まで幅広い不動産会社、約1,600店舗(2023年2月時点)が登録していますが、全ての不動産会社が登録しているわけではありません。

都市部では大手トップ3社

例えば、都市部で圧倒的な実績のある大手トップ3社は含まれません。

ハウスハウス

大手トップ3社って?

家博士家博士

三井のリハウス、住友不動産販売、東急リバブルの3社だよ。都市部ならこの3社は押さえておきたいね。

売買仲介件数ランキング上位34社
(2022年3月)

不動産会社の売買仲介件数ランキング2022年3月首都圏

不動産売却の実績は、一部の大手に偏っています

「三井のリハウス」「住友不動産販売」「東急リバブル」の3社は、仲介件数が2万件を超えており圧倒的。
数多くの顧客を抱えています。

首都圏では、実績の大部分が首都圏の「野村の仲介」も含めてトップ4社で考えると良いでしょう。

早速、これらの大手トップ3社(首都圏は4社)にそれぞれ連絡しても良いのですが、何回も電話や訪問するのは時間もかかり大変。

しかし一括査定サイトの「すまいValue」を利用すれば、これらの大手トップ4社を含む最大6社に、わずか数分でまとめて無料査定を依頼できます。

すまいValueは、トップ4社を含む大手6社が共同運営する一括査定サイト。

大手4社は他の一括査定サイトからほぼ撤退したので、大手4社に査定を依頼できるのはすまいValueしかありません。
すまいValue

すまいValueの公式サイトはこちら
すまいValue

候補が少なければ、他の一括査定サイトも併用する

また札幌や福岡など、エリアによっては候補として出てくる不動産会社の数が少ない場合もあります。

査定を依頼する不動産会社の目安は、3社〜6社程度。

おうちクラベルで候補が3社未満だった場合は、他の一括査定サイトを試してみると良いでしょう。

全国対応の主要な一括査定サイトとして次があります。

その他、主要な一括査定サイトはこちらでまとめています。

まとめ

おうちクラベルは、ソニーグループのSREホールディングスが運営する一括査定サイト。

おうちクラベルの3つのメリットは、

  1. AI査定の相場も分かる
  2. SRE不動産を含む一括査定ができる
  3. SREホールディングスの安心感

一方で、おうちクラベルの3つの注意点は、

  1. 営業エリア外は提携サービスに飛ばされる
  2. エリアによってはSRE不動産に査定を依頼できない
  3. 一部の大手は登録されていない

おうちクラベルを上手く利用すれば、優秀で信頼できる不動産会社が見つかるでしょう。

あなたの家の売却が成功することを、心よりお祈りしております!

おうちクラベルの公式サイトはこちら
おうちクラベル
SRE不動産(旧ソニー不動産)の公式サイトはこちら
SRE不動産
すまいValueの公式サイトはこちら
すまいValue