解体工事の一括査定サイトまとめ
「家を解体したいけど、どこに頼めば良いの?」

家の解体業者をお探しですね。

なるべく安くきちんとした解体業者を、サクッと簡単に知りたい…。

そんなあなたに朗報です。

解体工事の一括査定サイトを使えば、簡単に良い解体業者が見つかります!

ただ最近は解体工事の一括査定サイトが乱立し、選ぶのも大変。

そこでこの記事では、一括査定サイトの特徴をまとめ、あなたに最適なサイトを紹介しました。

さらに解体業者を選ぶための『4つの注意点』を解説。

この記事を読めば、あなたに最適な解体業者が簡単に見つかるでしょう。

あなたの家の解体工事をスムーズに進めるために、この記事がお役に立てば幸いです。

一括査定サイト14社の一覧と特徴

主要な解体工事の一括査定サイトはこちら。

全て利用は無料です。
気になったものがあれば、いくつか試してみるのも良いでしょう。

  1. 解体の窓口←おすすめ1位!
  2. 解体無料見積ガイド
  3. リショップナビ
  4. くらそうね解体
  5. 解体エージェント
  6. ヌリカエ住宅解体
  7. 解体工事比較ナビ
  8. 解体広場
  9. 解体サポート
  10. 解体見積お助け隊
  11. 解体工事.com
  12. 解体見積無料サービス
  13. 比較jp
  14. 比較biz

各サイトについて、概要と特徴をまとめました。

1. 解体の窓口←おすすめ1位

解体の窓口

  • 対応エリア:全国
  • 逆オークション
  • 登録数:700社

その他:写真による逆オークション

解体の窓口の特徴

解体の窓口は、従来型の一括査定サイトが抱える問題を解決した、新しい一括査定サイト。

従来型の一括査定サイトでは、次の2つの問題がありました。

  • 各業者から個別の営業電話があり、応対が大変。
  • 業者間の競争が不十分で、価格があまり安くならない。

しかし解体の窓口は…

  • 依頼者が写真を撮影し、解体の窓口が各業者に対して匿名で見積りを依頼するから、個別の営業電話がない。
  • さらに業者同士がお互いの査定価格を見ながら安値を入札する逆オークションなので、競争で工事価格が安くなる。

従来の一括査定サイトの問題を見事に解決しています。

解体の窓口は、ベンチャー企業のバリュークリエーション社が運営するサービス。

サービス開始は2020年7月ですが、すでに登録業者数も700社(2020年12月時点)と急増中。

実際にサービスを利用した人の満足度も95%と高評価。

解体の窓口は、今までにない画期的なサービスで、解体工事査定の新たな定番になっています。

無料で試してみるならこちらから
解体の窓口

2. 解体無料見積ガイド

解体無料見積ガイド

  • 対応エリア:全国
  • 最大6社比較
  • 登録数:全国1000社以上

問い合わせ件数は年間8400件以上、累計サイト利用者数は7万5千人

解体無料見積ガイドの特徴

解体無料見積ガイドは、従来型の解体工事一括査定サイトでは一番オススメです。

利用者の95.9%が「手持ちの見積書より安くなった」と回答。

解体無料見積ガイドでは、地域専任スタッフが工事完了まで無料でサポートしてくれます。
紹介された業者を断るときは、お断り連絡も代行。

登録業者は、独自の13の審査基準をクリアした優良な業者のみ。

サイトには解体工事の実績、利用者からの声も掲載されており、安心して利用できます。

3. リショップナビ

リショップナビ

  • 対応エリア:全国
  • 登録数:全国1,500社以上

その他:累計利用者25万人突破

リショップナビの特徴

リショップナビは解体だけでなくリフォーム全てを一括査定できるサービス。

見積もりを依頼したら、遅くとも翌日までにはコンシェルジュが詳細を電話で確認。
最適な解体業者を複数紹介してくれます。

運営は東証一部上場企業(株式会社じげん)なので、セキュリティや登録会社の審査でも安心。
リフォーム工事では月間利用者数No,1の実績もあります。
(※2021年2月リフォーム産業新聞「リフォームマッチングサイトアンケート調査」より)

さらにリショップナビ経由で工事を行うと、最大30,000円のAmazonギフト券がもらえるのでお得。

ただし3大都市圏に強いので、地方では業者が少ない恐れもあります。

無料で試してみるならこちらから
リショップナビ

4. くらそうね

くらそうね

  • 対応エリア:全国
  • 最大6社比較
  • 登録数:全国1,000社以上

その他:工事契約実績7千件、顧客満足度96.7%、平均費用削減率18.4%、月間サイト訪問20万ユーザー

くらそうねの特徴

くらそうね解体は、顧客満足度96.7%の一括査定サイト。
満足度が高い理由は、サイトが分かりやすく安心だから。

例えば、情報を入力すると瞬時に価格予想AI(特許出願)が各社の予想金額を一覧で表示。
この一覧から、実際に工事を依頼した人の口コミや会社情報を見て業者を選び、まとめて見積もりを依頼できます。

くらそうね解体は、見積り依頼から見積もりの比較、契約まで、全てスマホ又はパソコンの専用サイトで手続き可能。

サポートも充実しており、チャットや電話で相談できます。
費用の妥当性や値引き交渉のポイント、工事中のトラブルなど、工事完了まで専門家がサポートしてくれます。

無料で試してみるならこちらから
くらそうね

5. 解体エージェント

解体エージェント

  • 対応エリア:全国
  • 相談から業者紹介、見積もり後のサポート
  • 登録数:非公開

解体エージェントの特徴

解体エージェントも、各業者からの個別電話でなく、窓口で一括管理してくれるサービス。

業者からのセールスや営業は一切なく、契約までの値下げ交渉を含むやりとりを全て代行してくれます。

見積もりのために業者が現地調査をしますが、立ち会う必要はありません。

登録業者数は数百社以上あるようですが、正確な数字は非公開です。

無料で試してみるならこちら
解体エージェント

6. ヌリカエ住宅解体

ヌリカエ住宅解体

  • 対応エリア:全国
  • 相談から業者紹介、見積もり後のサポート
  • 登録数:非公開

ヌリカエ住宅解体の特徴

ヌリカエ住宅解体も、各業者からの個別電話でなく、窓口で一括管理してくれるサービス。

まず解体工事の相場を診断できるので、解体の窓口と併用しても良いでしょう。

ヌリカエ解体工事では、専門アドバイザーが解体の相談から優良業者の紹介、見積り後のサポートまでしてくれます。

登録されている業者は、厳選な基準をクリアした優良業者だけなので安心。

ただし業者の登録基準は公開されていないのが惜しいところです。

ヌリカエ解体工事を運営するのは、東証JASDAQ上場の株式会社Speee。

Speeeは外壁塗装の一括査定サイト『ヌリカエ』運営で業界No.1の実績を誇り、運営ノウハウはヌリカエ解体工事にも生かされています。

無料で試してみるならこちら
ヌリカエ解体工事

7. 解体工事比較ナビ

解体工事比較ナビ

  • 対応エリア:全国
  • 最大4社比較
  • 登録数:非公開

解体工事比較ナビの特徴

解体工事比較ナビは、業者のお断り代行あり。

成約でギフトカード(工事費の約1%で最大5万円)がもらえます。

サイトでは解体費用や解体工事の流れなど、解体工事に関する情報も掲載。

こうした情報を見るだけでも参考になります。

ただ利用者数や口コミなどは掲載されていないので、評判については不明。

他のサイトと共通する部分が多く、際立った特徴はありません。

無料で試してみるならこちら
解体工事比較ナビ

8. 解体見積もり広場

解体見積もり広場

  • 対応エリア:全国
  • 最大3社比較
  • 登録数:非公開

解体見積もり広場の特徴

解体広場は、『値下げ交渉』から『お断りの連絡』まで、代行してくれます。

ただし利用者数や口コミなどは掲載されていないので、評判については不明。

他のサイトと共通する部分が多く、際立った特徴はありません。

無料で試してみるならこちら
解体見積もり広場

9. 解体サポート

解体サポート

  • 対応エリア:東京都内
  • 原則1社紹介
  • 登録数:不明

その他:累計相談数4万件以上(2004年9月〜2019年11月)

解体サポートの特徴

解体サポートは、2004年9月以来、16年にわたる運営実績のあるサイトです。

利用者アンケートで満足度97%と高評価。

利用者の声もサイトには掲載されており、評判が分かります。

単に業者を紹介するだけでなく、解体にまつわる様々な情報が豊富に掲載されている点もこのサイトの特徴。

費用や工事の流れはもちろん、失敗談や解体現場の実況レポート、トラブル回避術、解体後の手続きなど、一通りの内容は網羅されています。

解体工事について勉強したい場合に便利なサイトです。

無料で試してみるならこちらから
解体サポート

10. 解体見積お助け隊

解体見積お助け隊

  • 対応エリア:全国
  • 最大3社比較
  • 登録数:非公開

その他:無料見積依頼で「解体業者の選び方〜虎の巻〜」プレゼント

解体見積お助け隊の特徴

解体見積お助け隊は、エリア別の解体工事実績(2012年〜2018年)を掲載しています。

地域・物件の構造・広さ(坪)・価格が一覧になっているので、大まかな工事費用を知るときは便利。

利用者からの声も掲載されているので、評判もわかります。

お断り代行もあり。

今なら無料見積依頼で「解体業者の選び方」という虎の巻を無料進呈中です。

無料で試してみるならこちらから
解体工事の一括見積り依頼受付

11. 解体工事.com

解体工事ドットコム

  • 対応エリア:全国
  • 見積比較数は不明
  • 登録数:非公開

その他:サイト経由で解体工事を依頼すると1万円のキャッシュバックあり

解体工事.comの特徴

解体工事.comは、業者との間に不動産コンサルティングの専門家が入って、見積比較をサポートしてくれます。

要望を確認したあと、価格交渉も専門家が代行。

手元に届いた見積書を比較するときは「工事初心者のための比較表」という資料があるので、参考にして検討できます。

「解体工事で失敗してほしくない」という、運営者の強い思いが感じられますね。

利用者の声も掲載されており、評判も豊富。

解体工事に関する様々な情報をQ&A形式でまとめてあるので、基礎知識を身につけるのにも役立つサイトです。

無料で試してみるならこちらから
解体工事.com

12. 解体見積無料サービス

解体見積り無料サービス

  • 対応エリア:全国
  • 最大5社比較
  • 登録数:350社以上

その他:利用者数1万5千人以上

解体見積無料サービスの特徴

解体見積無料サービスは最大5社から見積がとれます。

最大3社の一括査定サイトも多いので、より多く見積が欲しい場合は利用してみると良いでしょう。

サイト上には解体工事の実績(費用例含む)や、利用者の声も掲載されています。

お役立ちコンテンツとして解体工事に関する情報もまとめられているので、基礎知識を知りたい場合にも便利です。

無料で試してみるならこちらから
解体見積無料サービス

13. 比較jp

比較jp

  • 対応エリア:全国
  • 最大比較会社数:非公開
  • 登録数:非公開

比較jpの特徴

比較jpは、様々なサービスの相見積もりをとれるサイト。

解体工事もその一つです。

比較jpは一軒家やビル、アパート、マンション、倉庫、工場などの家屋や建物の解体だけでなく、ブロック塀やカーポート(車庫)などの撤去依頼でも利用可能。

見積もりは最短即日ですが、平均2〜3日かかります。

無料で試してみるならこちらから
比較jp

14. 比較biz(比較ビズ)

比較biz

  • 対応エリア:全国
  • 最大比較会社数:非公開
  • 登録数:57社

比較bizの特徴

比較bizは、日本最大級のビジネスマッチングサイト。

主に企業が外注先を探す目的で利用されています。

比較ビズでは、解体からリフォーム作業、デザイン・設計、アスベストの対応できる実績がある業者がいるので幅広く対応できます。

解体業者の登録は57社と少ないですが、設計事務所の登録は500社以上あります。

無料で試してみるならこちらから
比較biz

全国一律価格の解体工事サイトもある

一括査定サイトが面倒なら、全国一律価格で査定を依頼できるサイトが「解体工事110番」です。

解体工事110番

解体工事110番
東証マザーズ上場のシェアリングテクノロジー株式会社が運営するサイト。

特徴は、全国一律1坪あたり18,000円〜と分かりやすい明確な料金設定。

近隣への挨拶から養生、解体、配線等の撤去、廃棄物運搬といった工事に関することはもちろん、法律に基づいた届出や保険加入も費用に含まれています。

解体工事110番では、解体に関する相談を電話で受付。

24時間365日受け付けています。

利用者のお客様満足度は98%以上!

見積や事前調査も無料です。

無料で試してみるならこちらから
【解体工事110番】

ここまで一括査定サイトを紹介してきました。

次に相見積もりを受け取ってから、解体業者を選ぶときの注意点について解説します。

相見積りで最適な業者を選ぶ4つの注意点

ハウスくんハウスくん

一番安い業者で良いんじゃないの?


家博士家博士

ただ価格が安ければ良いわけじゃない。
注意点をまとめたよ。

それぞれ解説します。

注意点1. 見積に含まれる内容、追加費用の可能性

見積書は合計金額だけでなく、内容までよく確認しましょう。

なぜなら解体業者の中には、見積もりは安くしておき、工事開始後に追加費用を請求するところもあるため。

特に注意したいのがこちら。

  1. 残置物撤去
  2. 外壁や庭石などの外構
  3. 有害物質(アスベスト・PCB)
  4. 地中埋設物

いずれも、もしあれば見積もりに含まれているか、追加ならどのくらいの費用がかかるのか確認します。

チェックする内容を、それぞれ詳しく解説します。

1. 残置物撤去

一般的に建物の解体工事には、残置物撤去は含まれていません。

残置物撤去も依頼する場合は、見積りを別項目で計上してもらいましょう。

なぜなら残置物撤去は別に、一括査定サイトで価格を安くできる可能性もあるため。

ゴミ処分業者の一括査定サイトは『エコノバ』が定番です。
エコノバ

無料見積りを依頼するならこちら
エコノバ

2. 外壁や庭石などの外構

ブロック塀や庭石・庭木などの外構は、どこまで撤去するか明確にしておきましょう。

特にお隣との境界は、塀がどちらの所有物か確認して、業者に指示します。

ガレージや倉庫、土間コンクリートなど、大きな項目は見積もりできちんと文章に入れてもらった方が安心です。

3. 有害物質(アスベスト・PCB)

有害物質とは、アスベストやPCB(ポリ塩化ビフェニル)。

建物に有害物質があると、追加費用が発生する恐れがあります。

ハウスくんハウスくん

アスベストって、普通の住宅にも使われてるの?


家博士家博士

2006年9月以前に着工した住宅では、アスベストが使われている可能性がある。
アスベストがあると、解体時に家を囲ったり、廃棄物処理が違うから、費用が高くなるんだ。


【参考】国土交通省・アスベスト対策Q&A

PCBは電気機器の絶縁油として、変圧器やコンデンサーなどに利用されていたもの。

一般住宅では使われている可能性は低いですが、町工場などは注意が必要です。
【参考】環境省・PCB早期処理情報サイト

4. 地中埋設物

地中に物が埋まっている場合(埋設物)も追加費用がかかります。

埋設物の例としてはこちら。

  • 浄化槽、浸透桝
  • 古井戸
  • 前の家の基礎
  • 防空壕
  • 地下室

埋設物は、見積もり段階では分からないことも多いもの。

追加費用の可能性と、おおよその概算金額を確認しましょう。

注意点2. 工事時期と期間

工事時期と期間も確認しておきたいポイント。

なぜなら依頼したのになかなか工事が開始されなかったり、途中で中断されて工事が長引くこともあるため。

一般的な戸建てであれば、解体工事の期間は1週間程度。

ただし着工までは、最短でも1週間以上かかります。

また工事期間に余裕をもたせるほど、値下げの交渉には有利。

期間については、こちらで詳しく解説しています。

注意点3. 自社施工かどうか

解体業者はなるべく自社施工の会社を選びましょう。

解体業者の中には、契約を取ったらあとは下請けに丸投げというところもあります。

丸投げ業者は、あくまで営業だけで作業はせず、利益を上乗せして請求することに。

結果として、十分な金額を受け取れない下請けの施工会社が、赤字にならないよう無理して手抜き工事をする恐れもあります。

自社施工であれば、余計な費用を払うことなく、支払った金額に見合う工事をしてもらえます。

この他に、そもそも違法な会社というリスクもありますが、主要な一括査定サイトでは違法な会社が排除されているので問題ないでしょう。

注意点4. 支払いのタイミングと方法

解体工事の代金支払いには、大きく3つのパターンがあります。

  1. 工事前に半金を払い、工事後に残りを払う
  2. 工事完了後に一括で支払う
  3. 工事前、工事中、工事完了後にそれぞれ3分の1ずつ支払う

どの方法になるかは、業者によって違います。

資金繰りが厳しい場合は、支払い方法を確認しておきましょう。

ハウスくんハウスくん

支払い方法は振り込みなの?


家博士家博士

それも業者によって違うね。
手持ちの資金が厳しい場合は、ローンや各種クレジットが使えるか確認しよう。

まとめ

一括査定サイトはそれぞれ特徴があり、登録業者も違います。

従来型の一括査定サイトでは、解体業者から個別に営業電話があり対応が大変でした。

新しいタイプの一括査定サイトでは、個別の営業電話がなく、競争で工事価格を安くできます。

当サイトおすすめはこちら
解体の窓口

また見積の比較や業者選びで注意したいポイントは次の4つ。

  1. 見積に含まれる内容、追加費用の可能性
  2. 工事時期と期間
  3. 自社施工かどうか
  4. 支払いのタイミングと方法

一括査定サイトを正しく利用すれば、安くて良い解体業者が見つかります。

この記事で解説した内容を参考に、まずは見積依頼から始めてみてください。

あなたの家の解体が成功することを、心よりお祈りしております!