外壁塗装の一括査定サイト
「家の外壁塗装をしたいけど、どこに頼めば良いの?」

家の外壁塗装業者をお探しですね。

なるべく安くきちんとした外壁塗装業者はどこ?
良い塗装業者がサクッと簡単に見つかる方法を知りたい。

そんなあなたに、朗報です。

最近は、簡単に良い業者が見かる方法が充実しています。

簡単に良い塗装業者が見つかる方法とは、一括査定サイトのこと。

ただ最近は外壁塗装工事の一括査定サイトが乱立しており、どのサイトが良いのか分かりずらいという問題も。

そこでこの記事では、外壁塗装工事の一括査定サイトを選びやすいように、概要や特徴をまとめました。

さらに相見積もりを比較し最適な業者を選ぶ際の『5つの注意点』についても解説。

この記事を読めば、あなたがどのサイトを使うべきか、またどの業者を選ぶべきかが分かるでしょう。

あなたの家の解体工事をスムーズに進めるために、この記事がお役に立てば幸いです。

主要な一括査定サイト

主要な外壁塗装の一括査定サイトはこちら。

各サイトについて、概要と特徴をまとめました。

1. リショップナビ ←オススメNo.1

リショップナビ

  • 対応エリア:全国
  • 最大5社比較
  • 登録数:1,500社以上

その他:外壁塗装はじめ、リフォーム全般の相談が可能

リショップナビの特徴

入力フォームから見積依頼をすると、コンシェルジュが電話で希望を確認。

その希望に沿った外壁塗装会社を紹介してくれます。

登録している業者は、いずれも過去の実績や保証内容など複数の審査項目をクリアした業者で、なんと1,500社以上。

大手も多数登録しています。

さらにリショップナビによる安心リフォーム保証制度が充実。

  • 工事中の事故で住まいに損害があった場合
  • 引渡し後1年以内に瑕疵が見つかった場合

こうした場合の損害を保証してくれるので、安心して外壁塗装を依頼できます。

お見積りはこちらの公式サイトから
リショップナビ

2. 外壁塗装の窓口

外壁塗装の窓口

  • 対応エリア:全国
  • 比較社数非公開
  • 登録数:1,500社

ホームページ月間訪問者数30万人。

外壁塗装の窓口の特徴

登録会社は、わずか9.8%という厳しい審査を通過した優良企業だけ。

自社施工管理の塗装会社なので、中間マージンのない見積りで安心です。

さらにイエローカード制度によって、利用者のクレームや評判が多い塗装会社は、契約解除するシステム。

リフォーム産業新聞にも、ユーザー数No.1で掲載されたことがあります。

お断り代行も行っています。

お見積りはこちらの公式サイトから
外壁塗装の窓口

3. セレクトナビ

セレクトナビ

  • 対応エリア:全国
  • 3〜5社比較
  • 登録数:600社以上

その他:紹介した外壁塗装店との成約で最大10万円のお祝い金あり

セレクトナビの特徴

セレクトナビの特徴は、紹介した業者と成約するとお祝い金がもらえること。

51万円以上の工事でお祝い金がもらえます。

業者を紹介するだけでなく、外壁塗装に関する様々な基礎知識をサイト上に掲載。

外壁塗装工事を行う前に読んでおくと、役に立つ情報が満載です。

利用者満足度も98%(2018年1月〜9月利用者アンケートより)と高く、評判の良い一括査定サイトと言えます。

お見積りはこちらの公式サイトから
セレクトナビ

4. プロヌリ

プロヌリ

  • 対応エリア:全国
  • 希望数に合わせて業者を紹介
  • 登録数:700社

プロヌリの特徴

プロヌリでは物件所在地や延床面積など7つの項目を入力するだけで、携帯電話のショートメッセージを利用して相場を受け取れます。

この時点で入力する個人情報は携帯電話番号だけ。

氏名を入力する必要がないので、匿名で相場が受け取れます。

その後、専門のアドバイザーに要望や不明点を相談すると、最適な業者を紹介してもらえる流れになっています。

ただ、サイト上にはプロヌリを使った外壁塗装事例も載っていますが、利用者の声などはなし。

評判については、やや不明な点もあります。

お見積りはこちらの公式サイトから
優良塗装会社紹介サービス「プロヌリ」

5. ヌリカエ

ヌリカエ

  • 対応エリア:全国
  • 業者紹介数は不明
  • 登録数:リフォーム全体で2,000社以上

ヌリカエの特徴

ヌリカエで問い合わせをすると、専門のアドバイザーから連絡があり、物件情報や要望などを確認。

その情報をふまえて、条件に合う業者を紹介してもらえます。

サイト上では外壁塗装の見積事例を解説付きで紹介したり、外壁塗装に関する基礎知識もコラム形式でまとめられています。

関連する用語集もあり、初めて外壁塗装工事をする人にも分かりやすいサイトになっているのが特徴です。

紹介された業者を断ることもできますが、その場合のお断り代行などはありません。

お見積りはこちらの公式サイトから
ヌリカエ

6. いえぬり

いえぬり

  • 対応エリア:全国
  • 最大5社比較
  • 登録数:非公開

いえぬりの特徴

いえぬりは利用満足度92.3%と評価の高い一括査定サイト。

問い合わせをすると、リフォームに関する資格保有者である専属アドバイザーが、あなたに合った外壁塗装業者を紹介してくれます。

匿名での利用もでき、業者から直接電話がかかってくる心配もありません。

サイト上では実際にいえぬりを利用した人の事例と、インタビューを掲載。

基礎知識などの情報も豊富です。

また、紹介された業者を断る場合には、お断り代行のサービスもあります。

お見積りはこちらの公式サイトから
外壁塗装 お申込み

7. リクラシ

リクラシ

  • 対応エリア:全国
  • 最大5社比較
  • 登録数:非公開

リクラシの特徴

最大5社の見積比較ができるリクラシ。

登録業者数は不明ですが、「職人がいる」「自社施工管理を行なっている」といった審査基準を設けています。

見積依頼をすると専任スタッフが詳しい希望内容をヒアリングし、希望に沿った業者を紹介してくれます。

断る場合のお断り代行もあり。

一方で、実際の利用者の声などは掲載されていません。

サイトには施工事例が3例掲載されていますが、評判については不明な部分が多いサイトです。

お見積りはこちらの公式サイトから
リクラシ

8. 外壁塗装駆け込み寺

外壁塗装の駆け込み寺

  • 対応エリア:全国
  • 紹介業者数:非公開
  • 登録数:500社

その他:紹介件数10万件以上(2015年3月時点)、利用者数80万人以上

外壁塗装駆け込み寺の特徴

利用者の95.2%が「また利用したい」と回答している一括査定サイト。

見積依頼をすると、契約の有無にかかわらず「外壁塗装業者選びのガイドブック」がもらえます。

※「ガイドブック希望」との連絡は必要。

サイト上では紹介実績も多数掲載されており、利用者が多いこともよく分かります。

利用者の声を参考にクレームのあった業者は提携を解除しているため、こうした業者が紹介されることはありません。

相場チェックは匿名でもできるので(電話番号の入力は必須)、まずは気軽に相場診断してみるのも良いでしょう。

お見積りはこちらの公式サイトから
外壁塗装・屋根塗装の無料一括見積もり

9. 外壁塗装110番

外壁塗装110番

  • 対応エリア:全国
  • 最大3社比較
  • 登録数:非公開

その他:トラブル保証あり(弁護士費用3万円まで負担)

外壁塗装110番の特徴

登録業者数は公表されていませんが、登録しているのは「外壁塗装専門店」のみの一括査定サイトです。

500名を超える利用者の満足度は92.3%以上。

サイト上には利用者の声も数多く掲載されています。

まとめて見積が取れるだけでなく、訪問販売や他サイトなどでもらった見積書が適正かどうか、第三者機関がチェックするサービスも。

さらに外壁塗装で失敗しないための小冊子ももらえます。

外壁塗装110番ならではの特徴としては、トラブル保証があるという点。

紹介された業者に依頼し、万が一なんらかのトラブルがあった場合は、弁護士費用として3万円まで負担してもらえます。

しっかりした保証があるので、安心して利用できるサイトと言えるでしょう。

お見積りはこちらの公式サイトから
外壁塗装の110番

10. 外壁塗装の案内所

外壁塗装の案内所

  • 対応エリア:全国
  • 最大5社比較
  • 登録数:非公開

その他:利用者数100万人以上

外壁塗装の案内所の特徴

利用者満足度91.2%と高い評価を得ている、外壁塗装の案内所。

この数字は、4,106名のアンケート結果から得られたものです。

一括見積依頼の他、お断り代行や契約時のアドバイスなど、様々なサポートも受けられます。

現地調査の日程調整や値下げ交渉、一括見積後の質問や要望なども担当者が代行してくれるので、依頼者が直接やりとりすることもありません。

登録している業者数は非公表ですが、いずれの業者も自社施工のみ。

利用者の「業者アンケート評価」において、10点満点中平均8点以上をキープしている業者だけが登録されています。

評価の悪い業者は登録を解除する制度もあるので、信頼できる業者が登録されている一括査定サイトと言えるでしょう。

利用者の声も多く掲載されており、評判も知ることができます。

お見積りはこちらの公式サイトから
外壁塗装の案内所

11. イエカラーズ

イエカラーズ

  • 対応エリア:全国
  • 比較社数非公開
  • 登録数:200社

毎月2,000件の紹介実績

イエカラーズの特徴

イエカラーズは、東京のベンチャー企業が運営する一括査定サイト。

入力画面がチャット形式で、わかりやすいことが特徴です。

お断り代行サービスがあり、業者へのお断りを代行してくれます。

お見積りはこちらの公式サイトから
イエカラーズ

12. 外壁塗装パートナーズ

外壁塗装パートナーズ

  • 対応エリア:全国
  • 最大3社比較
  • 登録数:700社

外壁塗装パートナーズの特徴

外壁塗装パートナーズは、2級建築士の資格を持つ会社社長が運営する一括査定サイト。

登録業者の審査基準が公開されているので、安心です。

審査基準はこちら。

  • 自社施工
  • 塗料の扱いが豊富
  • 施工実績100棟以上
  • 創業3年以上
  • 建築関連法規・消費者契約などの違反者は加盟不可
  • 現場経験5年以上の現場監督が在籍
  • イエローカード制度で不適切な対応を厳しくチェック

お断り代行もあり。

お見積りはこちらの公式サイトから
外壁塗装パートナーズ

13. リフォームアベンジャーズ

リフォームアベンジャーズ

  • 対応エリア:全国
  • 最大5社比較
  • 登録数:リフォーム全体で1900社

リフォームアベンジャーズの特徴

リフォームアベンジャーズは、1日限定50組の受付。

1日先着10名にはリフォーム値引き成功7つの秘訣マニュアルをプレゼント。

また、アンケート回答で、5,000円のキャッシュバックあり。

お見積りはこちらの公式サイトから
リフォームアベンジャーズ

14. 外壁塗装ほっとらいん

外壁塗装ホットライン

  • 対応エリア:全国
  • 比較社数非公開
  • 登録数:非公開

外壁塗装ほっとらいんの特徴

外壁塗装ほっとらいんが独自で保有する経験豊富なアドバイザーが、電話対応はもちろん、希望があれば直接自宅に訪問し様々な悩みに回答します。

お見積りはこちらの公式サイトから
外壁塗装ほっとらいん

その他、特徴ある会社

一方、外壁塗装を行う会社の中には、特徴のある会社も存在します。

四季彩ホーム(関東圏)

四季彩ホーム
さいたま市を中心に、関東圏が対応エリアとなっている四季彩ホーム。

地域密着型の会社で、年間1,000件以上の施工実績があります。

四季彩ホームでは、火災保険を活用して外壁塗装工事の時の足場代を節約する方法を紹介しています。

実は火災保険は火災だけでなく、台風や降雪といった自然災害による被害も補償対象。

自分では確認できなくても、調査すると破損している部分は意外に多いのです。

四季彩ホームには損害保険登録鑑定人の有資格者が在籍していて、建物の保険価額の算出や損害額の鑑定ができます。

鑑定人に依頼して物件を調査してもらい、破損が見つかれば火災保険でその部分を補修。

調査にかかる費用は、調査遠征費の3,000円だけでOKです。

その際には足場を組むことになるので、同時に外壁塗装工事をすることで足場代を節約。

一般的に、築5年以上の建物であれば、補償金が受給できる可能性はあると言われています。

ホームページには実際の受給例が複数掲載されているので、一度見て見るのもおすすめ。

補償金の受給は保険契約に基づいた加入者の正当な権利でもあるので、こうしたサービスを活用するのも良いでしょう。

お見積りはこちらの公式サイトから
四季彩ホーム

ヤネカベ

ヤネカベ
ヤネカベは、東京都内および横浜エリアを中心に外壁塗装を行なっている会社です。

ヤネカベの特徴は2つ。

  • 外壁劣化診断士やホームインスペクターによる外壁診断の実施
  • CADを利用した正確な見積もり

外壁劣化診断士やホームインスペクターは、いずれも外壁や屋根、建物の不具合を判断する有資格者です。

こうしたプロが劣化状況を確認し、結果はDVDでお届け。

実際の利用者からも「DVDであらためて拝見して緊急性を再認識できた」「現状把握することができた」との声が寄せられています。

また、坪数が同じ建物でも塗装する外壁面積は建物によって変わります。

塗装面積を正確に把握するために、プロタイムズ総研ではCADを利用。

寸法入りの立面図が根拠になっているため、正確な見積が得られます。

外装インスペクションの相談実績は、2018年12月現在で38,026件。

参加費無料の勉強会も実施しているので、外壁塗装について学びたい人は一度参加してみると良いでしょう。

お見積りはこちらの公式サイトから
ヤネカベ 外壁・屋根塗装のプロタイムズ総合研究所

リフォームと外壁塗装の優良工事店ネットワーク

優良工事店ネットワーク
全国40都道府県の820店舗が登録している、リフォームと外壁塗装の優良工事店ネットワーク。

登録しているのは、実際の利用者にアンケートを行い評価の高かった工事店だけです。

この中から、あなたの依頼にピッタリの業者1社を厳選して紹介してもらえます。

これまでの紹介実績は5万件以上。

また、外壁塗装やリフォームの「虎の巻」とも言える冊子(2冊)を無料で進呈。

この冊子の累計発行部数は51万部を突破し、公立図書館にも寄贈されています。

実際に冊子を読んだ人からは「最初に読んでいて良かった」という声も寄せられています。

嬉しいことに、工事を頼む予定がなくても冊子をもらうことが可能。

冊子を取り寄せたからといって、訪問や電話での営業活動は一切ありません。

また、工事に関する保証制度のほか、紛争解決のための仲裁サービスもあり。

過去にも「仕上がりが納得いかない」というユーザーからの問い合わせに対し、第三者調査を実施して仲裁・解決した事例があります。

実は外壁塗装などリフォームに関するトラブルは多く、全国の消費生活センターに寄せられる相談件数は年間1万件以上。

こうしたトラブルに遭うことなく満足のいく外壁塗装をするために、まずは「虎の巻」を読むことから始めてみるのも良いですよ。

お見積りはこちらの公式サイトから
優良工事店ネットワーク

外壁塗装プランナー

外壁塗装プランナー
外壁塗装プランナーも全国に対応しています。

問い合わせをすると加盟店から連絡があり、無料での事前調査を行った後、総額見積もりがもらえます。

料金体系は1㎡あたり3,500円〜と分かりやすく、追加料金も不要。

5年保証もついており、実際に利用した人の満足度も98%以上と高評価です。

運営会社は東証マザーズに上場しているシェアリングテクノロジー株式会社。

運営会社もしっかりしているので、安心して利用できます。

お見積りはこちらの公式サイトから
外壁塗装プランナー

見積比較や業者選びで知っておきたい5つの注意点

ここまでは一括査定サイトや塗装会社について紹介してきましたが、見積比較や業者選びでは知っておきたい注意点があります。

価格が安い業者が良いとは限りません。

外壁塗装で失敗しないためにも、注意点をしっかり確認しておきましょう。

注意点1. 見積に含まれる内容、追加費用の可能性

手元に見積書が届いたら、合計金額だけでなく内容まで目を通します。

  1. 費用の内訳は明確か
  2. 塗装面積におかしな点はないか
  3. 塗料の種類と価格は相場通りか

以上のような部分をチェックしましょう。

ハウスくんハウスくん

塗料にもいくつか種類があるんだね

家博士家博士

そう。詳しくは後で解説するけれど、種類によって耐用年数や単価が変わるんだ

例えば耐用年数が短い安価な塗料で見積が出ていた場合、耐用年数の長いものに変えると、その分追加費用が発生することになります。

また、見積書に記載されている「数量」もよく確認しておきたい部分。

塗装面積など数字で示されるところが「一式」と記載されている場合は、「怪しい」と考えられます。

注意点2. 塗装の種類

外壁塗装に使われる塗料にも種類があり、耐用年数や価格が異なります。

フッ素系

耐用年数:15年以上
価格:3,500円〜/㎡程度
特徴:耐久性が高く、ビルや商業施設、橋などの大型構造物に使われることが多い。一般住宅ではあまり使われない。

シリコン系

耐用年数:8〜12年程度
価格:2,200円〜/㎡程度
特徴:耐久性が高めなので、一般住宅で最も使用されている塗料。コストパフォーマンスに優れている。

ラジカル系

耐用年数:14〜16年程度
価格:2,200円〜/㎡程度
特徴:2012年の終わり頃から出始めた新しい塗料。シリコン系より耐用年数が長いと言われているが、新しい塗料のため実際に耐用年数を超えた実績はまだなし。信頼性については不明な部分も多い。

ウレタン系

耐用年数:5〜8年程度
価格:1,500円〜/㎡程度
特徴:密着性に優れた塗料。4種類の塗料の中で最も安価だが、耐用年数が短い。

ハウスくんハウスくん

価格が安いと耐用年数もそれなりって感じなんだね

家博士家博士

そう。安く済ませられたと思っていたら、塗料の質が悪くて結局数年後にまた塗り替え・・・なんて恐れもあるんだ

見積をチェックする際には、どういった塗料を使う予定かも確認しましょう。

注意点3. 保証の期間と内容

外壁塗装工事後、どんな保証がどれだけの期間付くのかも確認しておきましょう。

工事後の安心が違います。

一括査定サイトの中には、独自の保証制度を用意しているところも。

こうした第三者による保証制度も確認しましょう。

注意点4. 工事時期と期間

工事時期と期間も確認しておきたいポイント。

依頼したのになかなか工事が開始されなかったり、思っていた以上に工事期間が長いこともあります。

特に外壁塗装では、下塗り・中塗り・上塗りの3度塗りが基本。

それぞれ塗料を乾燥させる時間も必要です。

そのため、30坪程度の建物の塗装でも、10日〜2週間程度かかるもの。

あまり工事期間が短いのも、品質に不安があります。

つい、価格ばかり気にしがちですが、工事期間も確認しておきましょう。

注意点5. 自社施工かどうか

外壁塗装業者の中には、契約だけ取ったらあとは下請けに丸投げするようなところもあります。

この場合は下請け会社の工事費用だけでなく、元請け会社の利益(中間マージン)も上乗せされることに。

その分、塗装工事費用が高額になってしまうのです。

一方、自社施工店ではこうした中間マージンが不要。

依頼者の費用負担も少なくなります。

まとめ

一言で一括査定サイトといっても、その内容や登録している会社はサイトによって大きく変わります。

登録している会社が多ければ多いほど良いとも限りません。

安心して利用できる外壁塗装工事店を紹介してくれるサイトこそ、良い一括査定サイトと言えるでしょう。

  1. 利用者の声が掲載されているか
  2. どういった会社が登録されているか
  3. 工事店との間に入ってサポートしてくれる体制があるか
  4. 工事会社とトラブルになった場合はもちろん、外壁塗装工事全般について相談できる窓口があるか

以上のような点に注目しながら、一括査定サイトを利用すると良いでしょう。

見積書や業者を選ぶ際に注意したいポイントは次の5つ。

  1. 見積に含まれる内容と追加費用の可能性の有無を確認する
  2. 塗装の種類はどうなっているか
  3. 保証の期間と内容
  4. 工事時期と期間
  5. 自社施工かどうか

こうした点を確認するときにも、一括査定サイトのサポートが受けられれば安心です。

一括査定サイトを上手に活用できれば、満足のいく外壁塗装工事ができます。

今回解説した内容を参考に、まずは見積依頼から始めてみてください。

あなたの家の外壁塗装が成功することを、心よりお祈りしております!