イエウール

「イエウールは本当に良いの? 評判は?」

不動産の売却で、イエウールを利用するかお悩みでしょうか?

いろんなサイトで『イエウール』が良いと書いてあるけれど、何か欠点や悪い評判があるのでは?

なにしろ不動産の売却は、たった一度の取引で金額も大きいから、失敗できません。

もし不動産の価格が簡単にスッキリ分かり、予想以上の高値であっという間に売却できれば理想的ですね。

そんなあなたに、イエウールは役に立つでしょう。

ただしイエウールには、注意点もあります。

この記事では、あなたが本当にイエウールを使うべきなのか、さらに失敗しないための注意点が分かります。

不動産を高値で売却できれば、将来の安心を手に入れることができるでしょう。

あなたの不動産売却が成功するために、この記事がお役に立てば幸いです。

イエウールは新しく勢いのある一括査定サイト

イエウールは、マンションや戸建てなどの不動産を一括で不動産会社に査定依頼できる一括査定サイト。

家博士家博士

実は同じ様な一括査定サイトは、主要なものだけでも10個以上ある。


ハウスくんハウスくん

そんなにあるんだ!


家博士家博士

その中でもイエウールは比較的新しく、今実績を伸ばしている勢いのあるサイトだよ。

当サイトの独自調査による一括査定サイトのランキングはこちら。

イエウールにはどういった特徴や注意点があるのか、早速見ていきましょう。

イエウールのメリット・特徴

イエウールのメリットや特徴としては、次のような点が挙げられます。

全国1,700社以上が登録

イエウールに登録している不動産会社は、全国1,700社以上!

他の主要一括査定サイトよりも多いという特徴があります。

【主要一括査定サイトの登録社数】

  • HOME4U・・・1,300社
  • LIFULL HOMES・・・1,700社
  • すまいValue・・・大手6社(全国840店舗)
  • SUUMO・・・非公開
  • イエイ・・・1,700社以上
  • リビンマッチ・・・1,400社

ただし、この数は正確には会社数ではなく店舗数。

センチュリー21やHouseDoなど、フランチャイズ系の不動産会社は1店舗=1社としてカウントされています。

ハウスくんハウスくん

フランチャイズってどういうこと?


家博士家博士

個人などで経営している小規模の不動産会社が、フランチャイズに加盟してセンチュリー21やHouseDoの名前で営業してるんだ。
小さな不動産会社でも、大手の信頼感が得られるから、加入店は急増しているよ。

利用者数1,000万人

イエウールの利用者数は1,000万人。

多くの人が利用しています。

とはいえ、イエウールのサービス開始は2014年と比較的最近なので、査定件数が1,000万人とは考えにくいもの。

おそらく査定件数ではなく、サイト閲覧者の数ではないかと思われます。

それでも1,000万人というのは十分に多い実績です。

ハウスくんハウスくん

査定実績だとどこが一番多いの?


家博士家博士

査定実績のNo.1はNTTデータのHOME4U
2001年開始で査定件数は累計35万件。

最大6社を選んで同時に無料査定を依頼できる

イエウールを利用すると、最大6社の不動産会社を選んで同時に査定依頼できます。

依頼できる会社数は一括査定サイトとしては平均的です。

【主要一括査定サイトの査定依頼できる会社数】

  • HOME4U・・・最大6社
  • LIFULL HOMES・・・制限なし
  • すまいValue・・・最大6社
  • SUUMO・・・制限なし
  • イエイ・・・最大6社
  • リビンマッチ・・・最大6社
ハウスくんハウスくん

何社くらいの不動産会社に査定依頼したら良いの?

家博士家博士

オススメは3〜6社程度。
だから、イエウールの最大6社は十分だよ

査定できる不動産が幅広い

イエウールで無料査定を依頼できる不動産は、具体的にこちら。

  • 分譲マンション
  • 一戸建て
  • 土地
  • 一棟マンション、一棟アパート
  • 区分マンション(収益)
  • 一棟ビル
  • 区分所有ビル(ビル一室)
  • 店舗・工場・倉庫
  • 農地
  • その他
ハウスくんハウスくん

なんでも査定できるんだね!

簡単60秒で不動産の無料一括査定が可能

この点はどこの一括査定サイトも同じです。

しかし、1社ずつ査定依頼することを考えると、とても便利だと言えるでしょう。

厳選された不動産会社で悪徳企業は排除

この点もイエウールに限った話ではなく、どこの一括査定サイトも同じ。

それでも、不動産会社に対しては「何となく騙されそうで心配」なんて不安を感じる人もいるでしょう。

そういった意味では、全く知らない駅前の不動産会社に飛び込むよりは安心と言えます。

一方で、一括査定サイトそのものの信頼性はどうなの? と不安になるかもしれません。

この点については、運営会社が信頼できるかどうかがポイント。

運営会社が信頼できるほど、悪徳企業が登録されていないという保証も信頼できるのです。

その点で、イエウールの運営会社の信頼性については、HOME4U(NTTデータ関連会社)やLIFULL HOMES(東証1部上場)などに比べるとやや弱いというのが正直なところ。

しかし、契約不動産会社向けに教育セミナーなどを実施しており、私たちも安心して利用できるサイトであると言えます。

イエウールを利用するときの注意点

ここまでイエウールのメリットや特徴を見てきましたが、その一方で注意点もあります。

都市部で利用したいトップ3社が登録されていない

都市部での売却に関して圧倒的な実績を持つのが、次のトップ3社。

  • 三井のリハウス
  • 東急リバブル
  • 住友不動産販売

売買仲介の実績をみると、このトップ3社が圧倒的に多い事が分かります。

売買仲介件数ランキング上位28社(2018年)

不動産会社の売買仲介件数ランキング2018

このトップ3社は押さえておきたいところ。

しかし、イエウールにはこのトップ3社は登録しておらず、査定依頼もできません。

ハウスくんハウスくん

イエウールではトップ3社に査定を依頼できないんだ!


家博士家博士

トップ3社は、別に査定を依頼すれば良いから大丈夫だよ。

すまいValueで大手をカバー

トップ3社に査定を依頼するために、イエウールと合わせて利用したいのは一括査定サイト「すまいValue」
すまいValueイメージ
すまいValueはトップ3社を含め、業界をリードする大手6社が登録している唯一の一括査定サイト。

登録会社数自体は6社と非常に少ないのですが、都市部での売却には欠かせない不動産会社ばかりです。

ハウスくんハウスくん

じゃあ、すまいValueだけで良いんじゃないの?


家博士家博士

そうとも言えないかな。
エリアによっては、大手より市場に詳しい不動産会社もいるからね


すまいValueだけで安心かというと、そうとも断言できません。

例えば、都市部では沿線に強い電鉄系の不動産会社の話も聞いた方が良いでしょう。

こうした点から、すまいValue+イエウールを併用するのがオススメです。

ハウスくんハウスくん

実績豊富な大手3社を含むサイトと、電鉄系の不動産会社を含むサイトの両方を使うってことなんだね

家博士家博士

そう。一括査定サイトもそれぞれ特徴があるから、併用するなど上手く使うことが大事なんだ

都市部では、
すまいValue + イエウール
を利用すると安心。
すまいValueの公式サイトはこちら
すまいValue
イエウールの公式サイトはこちら
イエウール

また、築15年超でリフォームが必要であれば、リアリエの利用を検討すると良いでしょう。

マンション築20年以上、戸建て築15年以上ならリフォームプラン付きで売る方法も

首都圏・中部圏・近畿圏限定ですが、パナソニックが新しく始めたリフォームプラン付きの売却「Riarie(リアリエ)」なら、競合物件との価格競争を避けて、高く早く売れる可能性があります。

riarie

リアリエでは、複数のリフォームプランを3次元のコンピューターグラフィック(3DCG)で作成するため、家の魅力が大幅にアップ。

さらにリフォーム予算・補助金・減税メリットなどが明確なので、購入者の心理的ハードルが下がり、家が早く高く売れます。

パナソニックのリアリエについて詳しくはこちら
リアリエはリフォームプラン付きで家が早く売れる! 試すなら急ぐべき理由とは

リアリエの無料査定を試すならこちら
ReaRie(リアリエ)

地方では他の一括査定サイトも併用

イエウールに登録している不動産会社は全国1,700社。

確かに多いですが、さすがに全ての地方までは網羅できていません。

そのためイエウールと合わせて、地方に強いHOME4UやLIFULL HOMESも試すと、不動産会社の漏れを防ぐことができます。

ハウスくんハウスくん

地方によっては、イエウールで依頼できる不動産会社が少なかったりするの?

家博士家博士

場所によっては2〜3社しか出てこないところもあるよ

この場合、他に不動産会社がないのではなく、他の不動産会社がイエウールに登録されていない恐れも。

もしかしたら、売却実績が豊富な不動産会社が漏れている可能性もあるのです。

こうした点を補うために、HOME4UとLIFULL HOMESも同時に試して、各社の売却実績を聞いてみるのがコツ。

実績が豊富な不動産会社は必ず回答してくれるので、不動産会社選びの判断材料にしましょう。

地方では、
イエウール
+ HOME4U
+ HOMES
を利用すると安心。
イエウールの公式サイトはこちら
イエウール
HOME4Uの公式サイトはこちら
HOME4U
LIFULL HOMESの公式サイトはこちら
HOME’S

ハウスくんハウスくん

都市部か地方か微妙な場所だったらどうするの?


家博士家博士

まず都市としてすまいValueを試すと良いよ。
営業エリア外だと、郵便番号だけ入力すればすぐに分かるから

その他の一括査定サイトが気になる方は、こちらも合わせてお読み下さい。

イエウールの口コミはあてにならない

実際にサイトを利用する際には、やはり口コミが気になるところかもしれません。

しかし、結論から言うとイエウールの口コミは良くも悪くもあてにならないため、気にする必要ありません。

ハウスくんハウスくん

なんで口コミがあてならないの?


家博士家博士

良い口コミも悪い口コミも、ほとんど全てが不動産会社の評判だからだよ

口コミのほとんどは不動産会社に対するもの

イエウールの口コミは良いものも悪いものも、イエウールそのものに対してではなく、登録されている不動産会社に対するもの。

つまり、イエウールに対する評価ではなく、不動産会社の担当者がアタリかハズレかをイエウールの評価にしているだけ。

そもそもイエウールを含めた主要な一括査定サイトに登録されている不動産会社は、一定レベルの基準をクリアしているため、反社会的だったり極端に悪い悪徳不動産会社は登録されていません。

なぜならクレームの多い不動産会社は、運営会社が契約を解除するため。

ハウスくんハウスくん

じゃあ、良い評判だけしかないの?


家博士家博士

そうでもないよ。
やっぱりどんなに優秀な会社でも、営業マンの中には相性が悪い人や、ちょっとガツガツした人もいたりするからね


どんな不動産会社であっても、営業マンの優劣はあります。

会社全体として見れば実績が豊富な大手不動産会社であっても、その不動産会社の営業マン全員が100点満点とは限りません。

だからこそ、あなたを担当する営業マンは、あなたが話を聴き比べて、あなた自身で選ぶのが正解。

ハウスくんハウスくん

でも、営業マンの良し悪しなんか、話を聞いて分かるかな〰?


家博士家博士

話を聴き比べると、意外と簡単に分かるもんだよ。


初めは難しく感じるかもしれませんが、3〜6社の話を聴き比べると違いは簡単に分かります。

営業マンの能力は、不動産に関する知識はもちろん、コミュニケーション力も重要になってくるので、出来るだけじっくり話を聴いてみましょう。

また、契約する不動産会社を選ぶのは、あわてず全員の話を聞いてからにしましょう。

一括査定サイトの差は不動産会社の違いだけ

そもそも一括査定サイトはあくまでも不動産会社へ情報を流す部分だけ。

結局のところ、一括査定サイトの違いとは、登録されている不動産会社の違いです。

都市部では登録されている不動産会社の違いはわずか

しかし都市部では、は、どこの一括査定サイトでも、登録している不動産会社は似た顔ぶれ。

都市部で登録会社が明確に違う一括査定サイトは、すまいValueくらいです。

地方では違いがあるが、口コミが参考にならない

一方地方では、登録している不動産会社にバラつきがありますが、逆に地方の口コミは参考になりません。

例えば、北海道で「良い会社に出会えました!」という口コミがあっても、鹿児島ではその不動産会社は営業していないからです。

特徴的な一括査定サイトはエリアが限定的

これまで大きな差がなかった一括査定サイトですが、最近は特徴的なサービスのサイトも登場するようになりました。

しかし、こうしたサイトはごく一部。

利用できるエリアも限定的です。

特徴的な一括査定サイトとして、例えば次の3つがあります。

特徴的なサイト1. 媒介契約までできるHowma(ハウマ)スマート不動産売却

howma
Howma(ハウマ)は、一括査定だけでなく、査定からそのまま媒介契約(一般媒介契約)までネットでできます。

画期的なサービス内容ですが、利用できるのは都内23区内のみ。

登録している不動産会社は10社で、超大手3社は含まれていません。

Howmaについては、こちらで解説しています。

特徴的なサイト2. 囲い込み無しを明言するIESHIL(イエシル)

イエシルイメージ
IESHIL(イエシル)は、「囲い込み」をしない不動産会社だけを紹介する一括査定サイトです。

囲い込みとは、売却を依頼した不動産会社が、他の不動産会社の見つけた購入希望者をウソの理由などで断ること。

不動産会社が、売主だけでなく買主も自社で見つけることで、2倍の仲介手数料を稼ぐ『両手仲介』をするために行う違法行為です。

IESHIL(イエシル)の対象は、首都圏のマンションのみ。

一戸建ては利用できません。

IESHILについては、こちらで解説しています。

特徴的なサイト3. 担当者を選ぶEGENT(イージェント)

EGENT(イージェント)は、不動産会社ではなくて、経験豊富な担当者を紹介するサービス。

登録されている担当者の経験や評判を見ることができます。

ただし利用エリアは東京23区限定。

EGENT(イージェント)については、こちらで解説しています。

まとめ:一括査定サイトはここで使い分ける

繰り返しになりますが、一括査定サイトは特徴を把握したうえで使い分けるのがコツ。

使い分けのポイントをまとめると、次のようになります。

都市部では、

地方では、

を合わせて試してみるのが良いでしょう。

一括査定を併用することで、実績豊富な不動産会社の「取りこぼし」を防ぐことができます。

あなたの家の売却が成功することをお祈りしております!