リビンマッチ
「リビンマッチの売却査定はホントに良いの? 何に注意すれば失敗しないの?」

家の売却で、リビンマッチを使うかお悩みですね。

家の売却なんて、一生に1度あるかないかで、分からないことばかり。
もしリビンマッチで良い不動産会社が見つかったら理想的ですね。

結論からいうと、リビンマッチは、優秀で信頼できる不動産会社が見つかる一括査定サイトです。

ただし注意点もあるので、知っておきましょう。

この記事で紹介する注意点さえ守れば、あなたの家の売却に、リビンマッチが大いに役立つはずです。

あなたの家の売却が成功するために、この記事が参考になれば幸いです。

リビンマッチの4つのメリット

リビンマッチのメリットは次の4つ。

リビンマッチの4つのメリット

  1. 運営の歴史が長く信頼できる
  2. 登録されている不動産会社数が1,400社と多い
  3. 不動産会社の情報が公開されており選びやすい
  4. 任意売却や土地活用など幅広い査定に対応している

それぞれ詳しく見ていきましょう。

メリット1. 運営の歴史が長く信頼できる

リビンマッチのサービスがスタートしたのは2006年。

以来、10年以上にわたって運営しています。

家博士家博士

元々は「スマイスター」という名称だったけれど、2018年9月に「リビンマッチ」に変更されたんだ

ハウスくんハウスくん

名前は変わったけれど、10年以上のサイト運営実績があるんだね

これだけ長く運営できているのは、運営元であるリビン・テクノロジーズ株式会社がしっかりした取り組みを行っているから。
(リビン・テクノロジーズ株式会社は、2019年6月に東証マザーズ市場へ上場しています。)

不動産の査定では連絡先情報(個人情報)を入力するため、トラブルなく長く運営するのは大変なこと。

リビンマッチはこの点もしっかりしています。

  • プライバシーマークを取得
  • 入力した情報は暗号化されて安全に送信

また利用者も多く、2017年には440万人ものユーザーがリビンマッチのサイトを訪問しています。

不動産価格満足度1位

2017年8月に実施された楽天リサーチの調査でも、リビンマッチは高評価。

  • 不動産価格満足度1位
  • 利用したい不動産ポータルサイト1位

こうした調査結果を見ても、信頼できて安心できるサイトであることが分かります。

さらに2020年9月の調査(株式会社マーケティング アンド アソシエイツ実施)では、

  • 不動産売却査定サイト全国認知度1位
  • 今後利用してみたい不動産売却査定サイト1位

舞の海関がイメージキャラクターで、全国CMも放映していることから、知名度も高いことが分かります。

メリット2. 登録されている不動産会社数が1,400社と多い

リビンマッチに登録されている不動産会社数は1,400社。

この中から、最大6社にまとめて無料査定を依頼できます。

CMなどで見たことのある大手不動産会社はもちろん、地域に密着した地元の不動産会社も含まれます。

あなたが売りたい物件に強い不動産会社や、エリアでの売却実績が豊富な不動産会社など、あなたにぴったりの不動産会社が見つかるでしょう。

メリット3. 不動産会社の情報が公開されており選びやすい

不動産会社選びの判断材料になるのが、査定依頼件数や査定数といった不動産会社の実績データ。

リビンマッチなら、エリアごとにランキング形式で不動産会社の実績データが見られます。

会社別依頼件数ランキング東京都上位5位
東京都の不動産売却査定依頼件数ランキング

各会社の詳細ページでは、会社概要や売却事例情報も閲覧可能。

こうした情報を参考に不動産会社が選べるのも、リビンマッチならではのメリットです。

ハウスくんハウスくん

ランキング形式で見られるなら、上位の会社に査定依頼すれば良さそうだね

家博士家博士

そうだね。ただ実際に依頼する際には、会社の対応エリアかどうかを確認しておこう

たとえば東京都で依頼数6位の会社は、江東区と墨田区が対応エリア。

こうした地域密着系の不動産会社も含まれているので、利用時には注意しましょう。

メリット4. 任意売却や土地活用など幅広い一括査定に対応している

リビンマッチの一括査定は、不動産の売却だけにとどまりません。

  • 任意売却
  • 土地活用
  • 賃貸管理
  • リノベーション

こうした幅広いサービスメニューがあるのは、リビンマッチ以外にありません。

任意売却に関しては全国250ヶ所以上の無料相談機関と提携。

提携数は日本最大級です。

アパート経営や駐車場経営など、土地活用に関する相談先探しにも対応。

全国80社以上の相談先に、一括して問い合わせできます。

家を売却するか賃貸にするかを悩んでいるなら、賃貸管理で管理会社のサービスと価格を比較。

全国150社以上の管理会社が登録されています。

不動産は売却以外にも様々な活用方法があるため、どれが良いのか悩むことも多いもの。

そんなときでも、リビンマッチなら1つのサイトだけで完結できるので非常に便利です。

リビンマッチの無料売却査定を試すならこちら
リビンマッチ不動産売却

リビンマッチの3つの注意点

一方でリビンマッチには次の3つの注意点があります。

リビンマッチの3つの注意点

  1. 全ての不動産会社が登録されているわけではない
  2. 査定条件を全て登録しないと、不動産会社を見られない
  3. 査定価格だけでなく、話を聴き比べて不動産会社を選ぶ

こちらも詳しく見てきましょう。

注意点1. 全ての不動産会社が登録されているわけではない

リビンマッチには1,400社が登録されていますが、全国で考えるとあくまで一部の不動産会社にすぎず、全ての不動産会社が登録されているわけではありません。

特に地方・田舎では登録されている不動産会社が少なく、選択肢がない恐れも。

地方・田舎では他の一括査定サイトも試す

地方・田舎ではイエウールホームズHOME4Uといった他の一括査定サイトを試してみましょう。

他の一括査定サイトはこちらで紹介しています。

都市部では大手3社に依頼できるすまいValueも

都市部では査定を依頼しておきたい不動産会社として、売買実績のトップ3社(三井のリハウス・住友不動産販売・東急リバブル)があります。

売買仲介件数ランキング上位30社
(2020年3月)

不動産会社の売買仲介件数ランキング2020年3月

これらに査定を依頼するなら、一括査定サイトのすまいValueを並用すると良いでしょう。

すまいValueイメージ

すまいValueの公式サイトはこちら
すまいValue

注意点2. 査定条件を全て記入しないと、不動産会社が見られない

リビンマッチでは情報を全て記入しなければ、査定を依頼する不動産会社を見られません。

特に田舎では、不動産会社が1社だけだったり1社すら無いケースがありえます。

ハウスくんハウスくん

散々記入して、不動産会社が選べないとガッカリだね。

ただし他の一括査定サイトも、リビンマッチと同じで、全ての情報を入力ないと不動産会社リストを見ることができません。

幸いリビンマッチの入力項目は、簡単なものばかり。

あらかじめ情報を整理しておけば、1分程度で入力は終わります。

後に紹介する「リビンマッチの入力項目」を参考に、情報をまとめるとさらに早く終わるでしょう。

ハウスくんハウスくん

ちなみに情報を入力しなくても不動産会社が見れる一括査定サイトはどこ?


家博士家博士

主要な一括査定サイトは10社以上あるけど、先に不動産会社のリストが見れるのは、SUUMOの売却査定だけだね。

SUUMOの売却査定(無料)を試すならこちら
SUUMO売却

注意点3. 査定価格だけでなく、話を聴き比べて不動産会社を選ぶ

不動産会社を選ぶ際は、査定価格が高いところを選ぶのではなく、必ず話を聴き比べて信頼できそうな不動産会社を選びましょう。

なぜなら不動産会社の中には、媒介契約を目的に売れない高値の査定価格を提示する会社があるため。

これはリビンマッチに限ったことではありませんが、不動産会社の査定価格はあくまで「売れるであろう予想価格」にすぎません。

どうしても他社より目立とうと、一括査定では高めの査定価格を提示してしまう傾向があります。

ハウスくんハウスくん

じゃあどうやって査定価格の信頼性を確かめれば良いの?


家博士家博士

買取と仲介の2種類の価格をきくと良いよ。

買取と仲介の2種類で査定を依頼する

不動産の売却は、大きく分けて「買取」と「仲介(普通の売買)」の2種類があります。

買取と仲介のイメージ

買取では、不動産会社が直接買取るため、売却期間はかかりませんが、価格は相場の6〜8割程度に安くなってしまいます。

一方の仲介(普通の売買)では、相場通りに売ることができますが、売却期間は平均3〜6ヶ月かかってしまいます。

注意したいのは仲介の査定価格は、あくまで「売れるであろう予想価格」であり、不動産会社がその価格で売れることを保証しているわけではないということ。

一方で「買取」の査定価格は、不動産会社が直接買い取る価格なので、本音の査定価格になります。

つまり「買取」の査定価格と「仲介」の査定価格が大きく違う不動産会社は、怪しいと考えられるのです。

ハウスくんハウスくん

確かに、仲介なら5,000万円、買取なら2,000万円とか、2倍以上違ったら絶対怪しいね。


家博士家博士

3社以上の査定を比較すると、信頼できる会社がなんとなく分かるよ。

リビンマッチの入力項目

リビンマッチのサービスのうち、不動産売却と土地活用の入力項目についてまとめました。

不動産売却では査定依頼できる複数の不動産会社が表示され、土地活用では複数の会社に資料請求ができます。

不動産売却の入力項目

物件種別
分譲マンション/一戸建て/土地/一棟アパート・一棟マンション/投資マンション(1R・1K)/一棟ビル/区分所有ビル(ビル一室)/店舗・工場・倉庫/農地/その他
所在地
面積(おおよそでOK)
マンション・・・専有面積
一戸建て・・・建物面積、土地面積
間取り(おおよそでOK)
築年数(おおよそでOK)
物件の現況
次の4つから該当するものを選択します。
自身・親族が居住中/空室/賃貸中/その他
名前
名前フリガナ
連絡先住所(物件の所在地と同じ方/物件と違う方 いずれかにチェック)
年齢(任意)
携帯電話
電話番号(任意)
メールアドレス
依頼理由(複数選択可)
依頼理由に近いものを選びます。
売却するため/価格によっては売却を検討したい/住み替え/家を新築したいから/相続/転勤/離婚/資産整理・財産分与/金銭的な理由/所有者が高齢のため/他社で売れない/空室率の上昇/建物老朽化/その他

以上の内容を入力し、アンケートに回答すれば完了です。

土地活用

興味のある内容(複数選択可)
土地の活用方法のうち、興味のあるものを選びます。
アパマン建築/駐車場経営/戸建賃貸/高齢者住宅/資産活用相談
土地の有無
所有する土地がなくても相談できます。
敷地面積(おおよそでOK)
計画地の住所
名前
名前フリガナ
連絡先住所(物件の所在地と同じ方/物件と違う方 いずれかにチェック)
年齢(任意)
携帯電話
電話番号(任意)
メールアドレス

以上の内容を入力し、アンケートに回答すれば完了です。

まとめ

10年以上の運営実績があり、売却以外の相談もまとめてできるリビンマッチ。

プライバシーマークを取得しているため、安心してサイトを利用できます。

都道府県別にまとめられた売却査定の実績データなど、参考になる情報も豊富です。

地方で不動産会社が少ないようなら、全国対応の一括査定サイト「イエウール」や「HOME4U」「HOME’S」「SUUMO」と併用するのが良いでしょう。

都市部なら「すまいValue」も使うことで、実績トップ3の大手不動産会社にもまとめて査定依頼できます。

売却成功のコツは良い不動産会社を選ぶこと。

良い不動産会社かどうかを判断するには、価格だけでなく担当者の話を聴き比べることが大切です。

リビンマッチを利用して複数の不動産会社の話をよく聴いて、信頼できる不動産会社を選びましょう。

リビンマッチの無料売却査定を試すならこちら
リビンマッチ不動産売却

あなたの不動産売却が成功することを、心よりお祈りしております!