HowMaイメージ
「HowMa(ハウマ)の査定精度は?」

「HowMa(ハウマ)で家を楽に高く売れるの?」

家の査定や売却でHowMa(ハウマ)を利用するかお悩みでしょうか?

家の査定や売却を考えているけど、手軽にネットで家の価格を査定したい。

AI診断なら精度も高そうだけど、実際はどうなんだろう?

そんなあなたのために、HowMa(ハウマ)について分かりやすく解説します。

HowMa(ハウマ)は、オンラインで2つの不動産サービス『AI査定』と『オンライン売却』ができる最新のサービス。

残念ながら『AI査定』は既得権益の壁に苦戦中ですが、『オンライン売却』は上手く利用すれば画期的なサービスです

HowMaのしくみや利用にあたっての注意点をまとめました。

あなたの家の売却が成功するために、この記事がお役に立てば幸いです。

HowMaは注目の不動産ベンチャー

HowMaは、不動産分野でITを活用した「不動産テック」と呼ばれる分野で注目のベンチャー企業「株式会社コラビット」が運営しています。

従来の不動産売は、何かと手間や時間がかかるものでしたが、HowMaなら手間をかけず楽に、そしてスマホさえあれば家の売却が可能です。

サービスは「AI査定」と「オンライン売却」の2つ

HowMaが提供しているサービスは、「AI査定」「オンライン売却」の2つ。

AI査定は全国の戸建・マンションの価格を瞬時に診断

AI査定は人工知能を活用し、登録された内容に基づいて自動で家の査定を行ってくれる機能。

全国の戸建・マンションに対応し、毎月5万件の査定実績。

公示価格や周辺情報といった必要な情報も自動的に収集し、市況の変動も毎月更新して、査定価格に反映してくれます。

大手企業の不動産部門(パナソニック・みずほ銀行・ハウスドゥ)などもHowMaのシステムを利用しています。

オンライン売却は、オンラインだけで売却の依頼までできるサービス

オンライン売却は、これまで対面でしかできなかった不動産会社との一般媒介契約を、オンラインで一括締結できるシステム。

特許も取得している日本初の画期的なサービスです。

家博士家博士

これまで、家の売却というと不動産会社から何度も連絡が来たり、査定のために担当者が家を訪問したり、とにかく手間がかかって大変だった。
HowMaはそうした手間や煩わしさを省いて、家の売却完了までサポートしてくれるんだ


ハウスくんハウスくん

試してみる価値はありそうだね!
でもそんな新しい方法で本当に上手くいくの?


家博士家博士

2つのサービスのうち、AI査定はまだ苦戦中なんだ

AI査定は残念ながら既得権益の壁に苦戦中

HowMaのサービスの一つである「AI査定」ですが、残念ながらまだ本来の実力を発揮できていません。

AI査定の査定精度はあくまで参考レベル

残念ながら、HowMaのAI査定の査定精度はあくまでも参考レベル

これには2つの理由があります。

理由1. 国内唯一のデータベース『レインズ』が利用できない

HowMaに限らず国内のAI査定は全て、『レインズ』を利用できません。

レインズとは
国内で唯一の不動産情報データベース。
過去の取引事例、現在の売り出し物件情報が登録されています。
不動産会社しか利用できません。
国土交通省の指定流通機関である、不動産流通機構が運営しています。
(参考)家を売るときに知っておきたい「レインズ」のこと

本来、不動産の価格診断では、売買が成立した「成約価格」を利用しなくてはいけません。

なぜなら売り出された不動産の半数以上は、結局売れずに売り止めているため。

しかし、成約価格は「レインズ」にしか載っていないため、AI査定では利用できません。

しかたなく国内のAI査定では、ネット上の無料情報(売出し情報)を利用して、無理やり価格を算出しています。

レインズという不動産会社の既得権益に、AI査定は苦戦しているのが現状です。

AI査定については、こちらで詳しく解説しています。

理由2. 実際に物件を見ないAIには、やむを得ない誤差がある

また、いくらAIであっても、実際に物件を見なければ分からない建物のグレードや物件ごとの特徴まで加味して査定価格を出すことはできません。

HowMaに限らず、AI査定ではどうしてもやむを得ない誤差があるといえます。

こうした点からも、AI査定ではあくまでも参考程度の査定価格しか分からないのです。

ハウスくんハウスくん

現状ではHowMaというよりAI査定全体が苦戦しているんだね。

家博士家博士

そうなんだ。
でも、レインズに変わる新しいデータベースを国土交通省が開発中という噂もある。
そうなるとAI査定でも成約価格を基に査定できるようになるかもしれない。
今後に期待だね!

ハウスくんハウスくん

じゃあHowMaのもう一つのサービス『オンライン売却』はどうなの?


家博士家博士

4つの注意点だけ知ってから利用すれば、オススメだよ。

HowMaオンライン売却の4つの注意点

HowMaのサービスで注目したいのが、オンライン売却。

ただし利用にあたってはいくつか注意点もあります。

注意点1. 利用できるエリアはごく一部

HowMaはまだ新しいサービスということもあり、利用できるエリアは東京都内でも23区に限られています。

【HowMaのオンライン売却が利用できるエリア】

  • 東京都23区
  • 横浜市(西区、中区、港北区、神奈川区)
  • 川崎市(幸区、中原区)

※2020年7月15日から横浜・川崎にも拡大されました。

なお、スケジュールは未定ですが、今後は都内+神奈川、千葉の一部エリアまで拡大していく予定とのことです。

注意点2. 圧倒的シェアを誇る大手不動産会社は参加していない

2020年現在、HowMaに参加している不動産会社はどちらかというと中規模不動産会社やフランチャイズ系が多く、圧倒的なシェアを誇る大手不動産会社は含まれていません。

都市部の不動産売却であれば、大手不動産会社の話は聞いておきたいところ。

HowMaと合わせて、大手不動産会社に一括査定を依頼できる「すまいValue」を並行して利用するのがオススメです。

すまいValueイメージ

すまいValueの公式サイトはこちら
すまいValue

注意点3. 不動産会社の営業担当との対面がない

HowMaでは不動産会社とのやりとりも、すべてスマホで完結します。

利用申し込みの後にスタッフが一度訪問し書類の確認や写真撮影を行いますが、訪問するのは不動産会社の営業担当者ではなくHowMaスタッフ。

不動産会社の営業担当者とは一度も顔を合わせることがないのです。

そのためスマート売却は、対面を重視する人には受け入れがたいシステム。

スムーズに売却が進めばいいですが、うまくいかないと顔を合わせることがない分、不安になりがちです。

また、営業担当者と積極的にコミュニケーションが取れていれば不明点を聞くといった相談も気軽にできますが、HowMaではそうもいきません。

チャットでやりとりできるとはいえ、細かいニュアンスなど伝わりにくい部分はあるでしょう。

注意点4. 売れ筋の物件を適切な価格で売り出す必要がある

HowMaで売却を成功させるためには、人気の高いエリア売れ筋の物件適切な価格で売り出せるかどうかがポイントになります。

人気の高いエリアという点では、現在のHowMaのサービス提供エリアは人気エリアなのであまり心配ありません。

物件についても、現在はマンションだけを扱っているため、特別な事情がない限り問題ないでしょう。

問題は価格設定です。

HowMaでは売出し価格を自分で決めなければならないので、初めて不動産を売る人には難しく感じるかもしれません。

不動産会社の査定価格やその根拠、あなた自身の事情などを踏まえて、相場より高すぎない適切な価格で売り出すことがポイントになります。

ハウスくんハウスくん

忙しくて時間が無い人、とにかく手間を省いて売りたい人に向いてそうだね


家博士家博士

そうだね。営業担当者との対面がない点を楽と思う人は向いていると思うよ。

公式サイトで無料査定を試すならこちらから
HowMaスマート

HowMaオンライン売却のしくみ

HowMaオンライン売却は、とにかく楽に、高く売却できることが大きな強み。

「楽に」というのは、不動産会社から大量の連絡が届いたりすることもなく、契約する不動産会社を選ぶ必要もないということ。

参加している不動産会社のうち最大6社に査定を依頼し、最大6社と一般媒介契約を締結。

不動産会社やHowMaスタッフとの連絡やスケジュール管理など、売却完了までの全てをスマホで完結できる手軽さも魅力です。

「高く」というのは、不動産会社による即時買取などと比べて高く売却できるということを意味しています。

利用手順

① 売却したい家の情報を入力
住所をはじめ、全部で7項目の簡単な内容を入力します。
② オンラインで物件確認
オンライン売却では、HowMaのスタッフがオンラインで家を確認します。
このときに本人確認や設備表の記入、必要な書類の確認、写真撮影を行います。
③ 不動産会社最大6社から査定結果が届く
査定結果の確認はスマホから。
査定価格やその根拠、売却活動計画も届きます。
④ 売出し価格の入力と媒介契約締結
査定結果をもとに売出し価格を設定します。
設定後に「締結」ボタンを押すだけで、最大6社との一般媒介契約締結が完了。
売却活動スタートです。
⑤ 売却完了までのやりとり
売却完了までのやりとりも、スマホがあればOK。
相談や不明点を聞く場合は、専用のチャットでやりとりします。
売却活動の進捗状況確認や内覧の予定も、すべてスマホで完結。
内覧のスケジュールもスマホから時系列で確認できるので、手帳やカレンダーに記入する手間を省けます。

途中で契約を切り替えることも可能

売却活動を進めていくと「この不動産会社に是非お願いしたい!」と思う会社が出てくることもあるでしょう。

はじめは最大6社と一般媒介契約を締結しますが、途中から1社への専任媒介契約へ切り替えることも可能です。

もちろん、これもスマホからOK!

とにかく手軽です。

利用料金は無料

HowMaの利用は無料。

売買契約が決まれば、一般的な家の売却と同じように仲介手数料(売却価格×3%+6万円+消費税)が発生しますが、買主が見つかるまでは費用も発生しません。

希望すればレインズへの掲載もOK

HowMaで締結するのは一般媒介契約なので、レインズへの掲載義務はありません。

しかし、売主が希望すればレインズへの掲載もOK!

契約書にレインズ掲載の有無を明記するところがあるので、スムーズに売却活動を進めるためにも掲載するのがオススメです。

囲い込みが発生しないので買い手が見つかりやすい

不動産会社1社と契約すると、売主の利益よりも不動産会社の利益を優先して両手仲介を狙う場合があります。

両手仲介と片手仲介のイメージ

結果として両手仲介になるのは問題ないのですが、中には他の不動産会社が見つけた購入希望者を断る「囲い込み」という不正行為をされる恐れが。

しかしスマート売却では、一般媒介契約で他の不動産会社とも契約を結ぶため、囲い込みをされる恐れがありません。

なぜなら囲い込み行っていては、他社に先を越されて仲介手数料も入らないため、囲い込みを行うよりもとにかく先に買い手を見つけようと動いてもらえるからです。

また、複数の不動産会社と契約を結ぶので、自動的に情報も広く拡散されます。

その結果、買い手が見つかりやすくなるというわけです。

囲い込みについては、こちらで詳しく解説しています。

まとめ

特許も取得し、日本では他に例を見ないサービスを提供するHowMa。

万人におすすめというサービスとは言い切れませんが、次のような人は是非、利用してみてはいかがでしょうか。

  • 新しいシステムやベンチャー企業に抵抗感がない人
  • サービス提供エリアで不動産の売却を考えている人
  • とにかく手間をかけずに、でも高く売却したい人

不動産売却は面倒で手間がかかって大変! というこれまでのイメージが、大きく変わるかもしれません。

公式サイトで無料査定を試すならこちらから
HowMaスマート

HowMaのエリア外だったり、向いていないと思う方は、通常の不動産一括査定サイトで、3〜6社に無料査定を依頼すると良いでしょう。


一括査定サイトの定番3社

一括査定サイトは主要なものだけでも10社以上ありますが、定番はほぼ決まっています。

一括査定サイトの定番となっている3社はこちら。

この3社以外についてはこちらにまとめています。

  1. すまいValue

    すまいValue
    実績5.0
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    36万件
    不動産会社数:
    大手6社・全国870店舗
    運営会社:
    大手6社共同運営

    大手6社(三井のリハウス・住友不動産販売・東急リバブル・野村の仲介+・三菱地所ハウスネット・小田急不動産)が共同で2016年に設立した一括査定サイト。
    6社といっても全国870店舗あるため、ほぼ全ての地域をカバーしています。
    売却実績も豊富で、特に首都圏では家を売却した3人に2人がこの6社を利用しているほど。
    首都圏以外のほとんどの地方都市でも、三井・住友・東急の3社が売却実績のトップ3を独占しています。
    2020年現在、大手6社は他の一括査定サイトからほぼ撤退したため、これら大手に査定を依頼できる唯一の一括査定サイトです。
    簡易査定を選ぶと郵送やメールで査定可能。

    管理人のコメント

    地方では大手より地域密着の中小が強い場合もあるので、3位のHOME4Uも確認した方が良いでしょう。
    しかし都市部では「すまいバリュー」が定番です。
    特に大手トップ3社(三井・住友・東急)の情報量、査定精度、販売力はやはり別格。優秀な営業マンも数多く抱えています。

  2. 【公式サイト】すまいValue

  3. SRE不動産(旧ソニー不動産)

    SRE不動産
    実績4.0
    不動産会社4.0
    運営会社5.0
    査定実績:
    (2014年開始)
    不動産会社数:
    売主側1社(買主側多数)
    運営会社:
    SREホールディングス株式会社

    すまいValueと合わせて利用したいのが、SRE不動産(旧ソニー不動産)。利用できるエリアは首都圏と関西圏限定です。
    あのソニーが始めた不動産会社で、売主だけを担当するエージェント制が特徴。無数にある他の不動産会社が買主を探してくれるため、高値でスムーズに売れやすいメリットがあります。

    管理人のコメント

    大手不動産会社でエージェント制はSRE不動産だけ。話を聞くと売却活動に役立つでしょう。ただし一括査定でなく1社だけの査定なので、すまいValueとセットで査定を依頼することがポイント。まずメールで概算価格を査定してくれます。

  4. 【公式サイト】SRE不動産

  5. HOME4U

    HOME4Uイメージw330
    実績5.0
    不動産会社4.0
    運営会社4.0
    査定実績:
    累計40万件(2001年開始)
    不動産会社数:
    1,500社
    運営会社:
    株式会社NTTデータ・スマートソーシング

    日本初の不動産一括査定サイト。2001年のサービス開始依頼、査定累計数40万件と実績も豊富。運営は東証1部上場の株式会社NTTデータのグループ会社。
    不動産会社は大小バランスよく登録されているため全国どこでも幅広く依頼ができます。
    机上査定を選ぶと、郵送やメールで査定可能。

    管理人のコメント

    HOME4Uでは査定依頼の記入欄が多いため、自然と査定精度が高くなる仕組みになっています。
    ちなみに記入した内容はまた不動産会社と話をするときに修正できます。
    あまり真剣に悩まず、とりあえず現時点の希望を書いておく程度で大丈夫。
    不動産会社はかなり絞られて紹介されるので、なるべく多くに査定を依頼すると良いでしょう。

  6. 【公式サイト】HOME4U

各エリアで最適な組み合わせ
エリア別のオススメ一括査定サイト

あなたのエリアで最適な一括査定サイトの組み合わせはこちら。

  • 首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)、関西圏(大阪・兵庫・京都・奈良)
    すまいValueで大手に、あわせてエージェント制のSRE不動産にも話を聞くと良いでしょう。
  • その他の都市(札幌・仙台・名古屋・福岡など)
    すまいValueで大手に、あわせてHOME4Uでエリアに特化した中小にも話を聞くと良いでしょう。
  • 地方(人口密度が少ない地域)
    →まずHOME4Uで探し、数が少なければSUUMOHOME'Sも使ってみると良いでしょう。

あなたの家の売却が成功することを、心よりお祈りしております!