すまいステップ
「すまいステップの売却査定はホントに良いの? 注意点は?」

家の売却で、すまいステップを使うかお悩みですね。

家の売却なんて、普通は初めてだし、よく分からないもの。
もしすまいステップを使って、良い不動産会社に出会えれば心強いですね。

そんなあなたに、不動産投資歴8年のプロがすまいステップを分析して、リアルな評価を解説します。

結論からいうと、すまいステップは優秀で信頼できる不動産会社が見つかる一括査定サイトです。

ただし注意点もあるので知っておきましょう。

この記事で紹介する3つの注意点に気を付ければ、あなたの家の売却に『すまいステップ』が役立つはず。

あなたの家の売却が成功するために、この記事が参考になれば幸いです。

すまいステップの5つのメリット

すまいステップのメリットは次の5つ。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

メリット1. 提携先が厳選された100社で安心

すまいステップでは、提携先が厳選された100社で安心です。

ただし審査基準は非公開でよく分からない

ただし不動産会社を審査する基準は非公開で、厳選のレベルは分かりません。

公式サイトでも「厳しいハードルを設け企業を選定している」と繰り返しアピールしていますが、その内容には説明がないまま。

結局は運営会社を信じるしかありません。

ハウスハウス

確かに、ただ「厳選」っていわれてもよく分からないね。


家博士家博士

運営会社のSpeeeは同じ不動産一括査定の「イエウール」も運営している。
イエウールでは「厳選された1,900社以上」とアピールしてるから、どうせならイエウールを使っても良いかもね。

イエウールは厳選1,900社以上と提携

運営会社の株式会社Speeeは、同じ不動産一括査定サイトのイエウールも運営しています。

イエウールもやはり審査基準は非公開ですが、厳選1,900社以上と提携。

比較できる会社の数も最大6社と多いので、イエウールを使ってみてもよいでしょう。

すまいステップとイエウールの比較

すまいステップ イエウール
登録会社数 厳選100社以上 厳選1,900社以上
比較可能数 最大4社 最大6社
実績 利用者数
年間200万人以上
※おそらく査定件数でなく閲覧数
利用者数
月間1.3万人突破
※査定件数かは不明
運営開始 2020年4月 2014年1月
対応エリア 全国 全国
物件種別 マンション
一戸建て
土地
ビル1室
店舗・事務所・倉庫
マンション1棟
アパート1棟
ビル1棟
その他
マンション
一戸建て
土地
ビル1室
店舗・工場・倉庫
マンション1棟
アパート1棟
ビル1棟
農地
その他
公式サイト すまいステップ イエウール

メリット2. 担当者も一定レベル以上に限定

すまいステップでは、担当者も一定レベル以上に限定されています。

担当者の審査基準は3つ

担当者の審査基準は公開されており次の3つ。

担当者の審査基準

  1. 宅地健物取引士の資格保有者
  2. 売買仲介営業経験が5年以上
  3. 累計100件以上の売買仲介実績

ハウスハウス

担当者の審査基準は、信頼できそうで良いね!


家博士家博士

経験が浅い担当者は除かれるね。

経験が浅い担当者は除かれる

すまいステップの審査基準を合格した担当者であれば、経験が浅い担当者に当たる心配は無いでしょう。

実績が豊富な不動産会社でも、新入社員や経験が浅い担当者に当たる恐れはあるもの。

もちろん経験が浅い担当者には会社のサポートがありますが、どうしても限界があります。

例えば内覧で質問された内容に即答できず、購入希望者を不安にさせてしまうかもしれません。

ハウスハウス

確かに誰でも最初は未経験だから、どこの会社でも経験が浅い社員はいるね。
自分の担当者が新入社員だと不安かも。


家博士家博士

すまいステップの基準だと、ある程度は経験がある担当者だから安心だね。
でもエースというには、少し心もとないかも。

ただし3つの基準だけでエースとはいえないかも

すまいステップの3つの基準だけでは、エースとはいえないかもしれません。

なぜなら宅地建物取引士の資格は不動産業界では必須で、さらに資格保有者の9割以上が30歳以上だから。

宅地建物取引士は最低レベル

不動産業界では宅地建物取引士の資格は最低レベルの必要なもの。
資格がないと売買契約の重要事項説明ができないなど、まともに業務できません。

法的には事務所に有資格者が居れば、担当者は無資格でもある程度の業務はできますが、普通は資格を取るもの。

不動産会社でエースとなるには、さらに上級の資格を取るでしょう。

例えば、宅地建物取引士の上級資格として「宅建マイスター」、「公認 不動産コンサルティングマスター」などの資格があります。

宅地建物取引士なら9割が30代以上で経験5年・100件は普通

さらに宅地建物取引士の9割は30代以上なので、経験5年以上・物件100件は普通レベルで、エース級は少し盛り過ぎかもしれません。

宅地建物取引士就業者
(令和3年3月末)

宅建士の登録年齢内訳

つまり宅地建物取引士のほとんどが、経験5年以上だと考えられます。

また5年以上売買仲介を経験していれば、扱う物件の数は自然と100件以上になるもの。

したがって経験5年以上、物件数100件以上という条件だけでは、必ずしもエース級とはいえません。

ハウスハウス

それじゃあ、エース級の担当者に出会うためには、どうすれば良いの?


家博士家博士

定番は、複数の不動産会社に査定を依頼して、話を聴き比べることだね。
すこし手間はかかるけど、実績豊富な不動産会社を選べば、自然と担当者のレベルも高くなるよ。

エース級の担当者は話を聴き比べて探す方が確実

エース級の担当者を探すなら、エリアで売買実績が豊富な複数の不動産会社に話を聴き比べて、自分で選んだほうが確実です。

売買実績が豊富な不動産会社なら、担当者のレベルも自然と高くなります。

複数に話を聴き比べると、自然と担当者の目利きができるようになるもの。

少し手間はかかりますが、不動産の売却では、不動産会社選びで成否が8割決まるといわれます。

時間と手間をかけても、自分で納得できる不動産会社と担当者を選ぶ方が良いでしょう。

すまいステップとあわせて、他の主要な一括査定サイトも試してみても良いかもしれません。

主要な一括査定サイトは、こちらで紹介しています。

メリット3. 運営が実績豊富な会社で安心

すまいステップの運営は、多くのサービスを運営する株式会社Speeeなので安心です。

会社名: 株式会社 Speeee
設立: 2007年11月29日
資本金: 13億7,157万円(2021年10月31日)
株式情報: 東京証券取引所 JASDAQ(スタンダード) 証券コード:4499
住所: 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル5階
従業員数: 372名(2021年9月30日)

株式会社Speeeが運営するのは、外壁塗装などリフォームの一括査定サービス「ヌリカエ」、高齢者の介護施設紹介「ケアスル」などがあります。

Speeeは、これらの不動産DXに注力しており、着実に業績を伸ばしています。


成長イメージ
売上高推移

ハウスハウス

業績は順調だね!

メリット4. 最大4社で業者対応や比較が楽

すまいステップは、無料査定を依頼できる不動産会社の数が最大4社。

他の一括査定サイトは、多くが最大6社なのでやや少なめです。

その分だけ、業者対応や比較が楽というメリットがあります。

査定先が少ない方が不動産会社もモチベーションが高い

査定先が少ない方が、不動産会社もモチベーションが高くなるメリットがあります。

なぜなら不動産会社は、ライバルが少ないほど契約に繋がりやすいため。

不動産会社は、あくまで買取や仲介の契約を狙って無料で査定するので、査定先が少ない方が契約の確率が高くなるのです。

ハウスハウス

不動産会社は少ないほうが嬉しいのか。
でも売り主としては、比較するのは4社で十分なの?


家博士家博士

これは場合よってメリットでもあり、デメリットにもなりかねない。
詳しくは、後の注意点で解説するよ。

メリット5. 連絡先が開示されるのは査定先だけ

すまいステップでは、連絡先が開示されるのは、あなたが査定を依頼する先として選んだ会社だけ。

具体的には、次の流れになります。

  1. すまいステップで査定を依頼できる不動産会社が提案される。
  2. その中からあなたが不動産会社を選び無料査定を依頼。
  3. 選んだ会社から連絡があり、査定結果が届く。

例えば提案された不動産会社が4社あっても、その中から3社だけ選べば、連絡先は3社にしか開示されません。

ハウスハウス

余計な電話がかかって来ないのは良いね!


家博士家博士

まぁ、他の主要な一括査定サイトでも同じだけどね。
個人情報の扱いには、どこも細心の注意を払ってるよ。


ここまですまいステップのメリットについて解説してきました。

次に注意点について解説します。

すまいステップの3つの注意点

それぞれ解説します。

注意点1. 問い合わせ窓口がメールのみ

すまいステップは、問い合わせ窓口がメールのみ。

しかも対応は平日の10時〜17時なので、土日は連絡できません。

他の主要一括査定サイトは、24時間対応の電話窓口があるほど。

すまいステップを利用するときは、問い合わせ窓口に期待しない方が良いでしょう。

問い合わせが充実している一括査定サイト

問い合わせが充実している一括査定サイトとして次があります。

問い合わせが充実している一括査定サイト

すまいValue
  • 問い合わせフォームあり
  • 電話は毎日10時〜18時

公式サイトはこちら⇒ すまいValue

HOME4U
  • 問い合わせフォームあり
  • 電話は平日10時30分〜18時

公式サイトはこちら⇒HOME4U

注意点2. 査定依頼できる会社が最大4社と少ない

すまいステップでは、査定を依頼できる不動産会社の数が最大4社と少なめです。

ハウスハウス

やっぱり4社だと少ないの?


家博士家博士

まず仲介と買取で違うね。
仲介と買取の違いを解説しよう。

【参考】仲介(普通の売買)と買取の違い

家を売るときは、不動産会社の仲介(普通の売買)と買取の2種類があります。

仲介と買取のイメージ

仲介と買取のイメージ

仲介(普通の売買)のメリットは、相場通りに高く売れること。
一方でデメリットとして買主を探す時間がかかります。

買取のメリットは、不動産会社さえ決めたら最短1週間で確実に売れること。
しかしデメリットとして価格が仲介の相場より2割以上安くなってしまいます。

ハウスハウス

どっちを選ぶ人が多いの?


家博士家博士

ほとんどの人は仲介を選ぶよ。
2割以上も安くなるのは嫌だからね。



ちなみに3ヶ月だけ期間限定で仲介で売り出し、売れないと買取ってもらえる「買取保証(売却保証)」という売り方もあります。

買取では査定会社が多いほど有利

買取では、査定会社が多いほど有利。
10社、20社となるべく多くに査定を依頼した方が良いでしょう。

なぜなら多くに査定を依頼すれば、高く買取る不動産会社が見つかるかもしれないから。

買取では仲介の相場より2割以上安くなるのが普通ですが、中には相場に近い価格の不動産会社が見つかることも。

高く買取る理由は、決算の都合や査定ミスなど様々で、多くはありませんが見つかる可能性は十分あります。

買取ならそういった高値で買取る不動産会社を探すと良いでしょう。

仲介なら理想は最低3社以上、多くて6社まで

仲介では、査定会社は最低3社以上、多くても6社までが良いでしょう。

なぜなら次の2つの理由があるため。

  1. 3社以上でないと、査定価格が高いのか安いのか判断に迷うため。
  2. 多くても6社まででないと、話を聴き比べる手間が大変だから。
3社以上でないと、査定価格が高いのか安いのか判断に迷う

仲介の査定価格は、3ヶ月で売れる予想価格に過ぎず、査定価格が高いからといってその価格で売れる保証はありません。

だから3社以上の査定を比較しないと、査定価格が正しいのか判断に迷います。

ハウスハウス

不動産会社もプロだから、査定価格なんてどこも同じじゃないの?


家博士家博士

不動産会社そして担当者の当たり外れがあるから、意外と差が出るんだ。
しかも今は都心を中心に相場が高騰しているから、プロでも予想が難しい。

今は相場が高騰して予想が難しい

不動産価格指数(全国)

不動産価格指数(全国)2022年11月

不動産価格指数とは

不動産相場の価格変動が純粋に分かる指数。国土交通省がアンケートで集めた年間30万件の成約価格を元に、ヘドニック法という統計計算でまとめたもの。3ヶ月前までのデータが毎月末頃に公表される。

マンションは、約9年半で79%も値上がりしています。


戸建ては上昇していないように見えますが、これは都心部の戸建てが上昇している分を、地方の戸建ての値下がりが打ち消しているため。

戸建ては立地によって、価格の2極化が進んでいます。

コロナの影響もあり、今はプロでも査定が難しい状況といえるでしょう。

多くても6社まででないと、話を聴き比べる手間が大変

複数に査定を依頼する場合も、多くて6社程度が限界です。

なぜなら仲介では、不動産会社の話を聴き比べて、査定価格の妥当性を判断するため。

また仲介では売却を依頼する不動産会社を選ぶためにも、話を聴き比べる必要があります。

もちろん、すまいステップの最大4社の中から優秀な担当者に出会えれば問題ありません。

ただし他の主要サイトは最大6社にしているところが大半なので、少し不安はあります。

最大6社が一般的

主要な一括査定サイトでは、最大6社まで査定を依頼できるのが一般的です。

最大6社に依頼できる一括査定サイト

会社数に制限がない一括査定サイトも一部ある

査定会社の数に制限がない一括査定サイトも一部あります。

買取では、こういった一括査定サイトを利用して10社、20社と可能な限り多くの不動産会社に査定を依頼した方が良いでしょう。

会社数に制限がない一括査定サイト


注意点3. 提携会社の数が少ない

すまいステップには厳選された100社以上が登録されていますが、全国で考えるとあくまで一部にすぎず、全ての不動産会社が登録されているわけではありません。

特に地方・田舎では登録されている不動産会社が少なく、選択肢がない恐れも。

地方・田舎では他の一括査定サイトも試す

地方・田舎ですまいステップの提案する不動産会社が少ない場合は、イエウールホームズHOME4Uといった他の一括査定サイトを試してみましょう。

他の一括査定サイトはこちらで紹介しています。

都市部では大手に依頼できるすまいValueも

都市部では、査定を依頼したい不動産会社として、売買実績のトップ3社(三井のリハウス住友不動産販売東急リバブル)があります。

売買仲介件数ランキング上位34社
(2022年3月)

不動産会社の売買仲介件数ランキング2022年3月首都圏

不動産売却の実績は、大手3社に偏っています

「三井のリハウス」「住友不動産販売」「東急リバブル」の3社は、仲介件数が2万件を超えており圧倒的。
数多くの顧客を抱えています。

首都圏では、実績の大部分が首都圏の「野村の仲介」も含めてトップ4社で考えると良いでしょう。

早速、これらの大手トップ3社(首都圏は4社)にそれぞれ連絡しても良いのですが、何回も電話や訪問するのは時間もかかり大変。

しかし一括査定サイトの「すまいValue」を利用すれば、これらの大手トップ4社を含む最大6社に、わずか数分でまとめて無料査定を依頼できます。

大手4社は他の一括査定サイトからほぼ撤退したので、大手4社に査定を依頼できるのはすまいValueしかありません。

これらに査定を依頼するなら、一括査定サイトのすまいValueを並用すると良いでしょう。



すまいValue

すまいValueの公式サイトはこちら
すまいValue

まとめ

すまいステップは、厳選された100社と提携しており、最大4社に査定を依頼できる一括査定サイト。

担当者のレベルも一定以上なので、安心して利用できるでしょう。

ただし地方で不動産会社が少ないようなら、全国対応の一括査定サイト「イエウール」や「HOME4U」「HOME’S」「SUUMO」と併用するのが良いでしょう。

また都市部では「すまいValue」も合わせて使うと、実績トップ3の大手不動産会社にも査定を依頼できます。

買取では、なるべく多くの不動産会社に査定を依頼して、少しでも高く買取る会社を探しましょう。

仲介では、優秀で信頼できる不動産会社を選ぶことが大切。

エリアで売買実績が豊富な不動産会社を選び、3社〜6社に査定を依頼して、話を聴き比べましょう。

すまいステップを利用して、複数の不動産会社に話を聴き、信頼できる不動産会社を選んで下さい。

すまいステップの無料売却査定を試すならこちら
すまいステップ

あなたの不動産売却が成功することを、心よりお祈りしております!