最新3D技術や360度パノラマで家を高く売る
「最新の3D技術や360度パノラマで家を売る方法はあるの?」

どうせ家を売るなら、最新の技術で売りたい。
家を片付けなくても、バーチャルでリフォームやホームステージングできるの?
なるべく内覧を減らして、手間とコロナ感染リスクを減らしたい。

そんなあなたに、最新の3D技術で家を売る方法をまとめました。

3D技術を使えば、まるで現地を見学しているような感覚で物件を閲覧できます。

さらに、CGでリフォームしたり、家具を配置したモデルルームのように見せることも可能に。

家を魅力的に見せることで、問い合わせを増やして、家が早く売れやすくなります。

この記事では、最新3D技術を導入している不動産会社とその特徴をまとめて紹介。

あなたの家の売却が成功するために、この記事がお役に立てれば幸いです。

不動産の360度パノラマと3D技術の現状

ここ数年で急速に普及し、コロナで加速

360度パノラマは、まるで部屋の中に立っているように部屋全体を見渡せるもの。

最新の3D技術は、さらに部屋から部屋へ移動したり、仮想空間でリフォームや家具を配置して家を演出できます。

これらの360度パノラマや3D技術は、ここ数年で急速に普及しており、コロナで内覧が難しくなったことで、さらに加速しました。

家博士家博士

360度パノラマは、リコーのTHETAという360度カメラの発売をきっかけに増え始めたんだよ

リコーTHETAで広まった360度パノラマ

360度パノラマは、2013年にリコーがTHETAという360度カメラを発売したことで広まりました。

RICOH(リコー) THETA(シータ)

RICOH THETA
公式サイト
RICOH THETA

ハウスくんハウスくん

360度カメラ?

家博士家博士

誰でも手軽にボタン一つで360度撮影ができるカメラだよ。
価格も3万円程度からと安いから、中小の不動産会社でも導入できるようになったんだ

THETAが発売される以前(2013年以前)は、3Dや360度パノラマを作成するには、高額な費用がかかりました。

これが現在ではTHETAをはじめとしたツールの登場により、誰でも気軽に作成できるようになったのです。

中小はまだTHETAすら使っていない会社も多い

しかし中小不動産会社の中には、まだ時代に追いついていないところも多く、未だに個人のスマホで写真をとるところも。

また少し頑張っている不動産会社でも、広角レンズを使うのが精一杯だったりします。

360度パノラマはチョット…という不動産会社もまだ多いのが現状です。

大手不動産会社は360度パノラマよりさらに進化

一方で大手不動産会社では、360度パノラマよりもさらに進化した3D技術が標準になりつつあります。

それは次の3つ。

  1. 3Dウォークスルー
  2. CGリフォーム
  3. バーチャルステージング

それぞれ解説します。

3Dウォークスルーはネット上で内覧が体験できる

3Dウォークスルーでは、実際に物件内を歩いているかのような体験がウェブ上でできます。
ウォークスルーイメージ
また、真上から俯瞰した状態で物件を閲覧。
俯瞰図
ミニチュアモデルのように立体的に物件を閲覧できます。
ミニチュアモデルイメージ

※写真は三井のリハウス公式サイトより

CGリフォームは仮想空間上でリフォームできる

CGリフォームでは、今の部屋の写真を元に、家具を消して室内をリフォームします。

実際の室内写真

実際の室内写真

空室リフォームイメージ

空室リフォームイメージ

※写真は三井のリハウス公式サイトより

ハウスくんハウスくん

スゴいね! これが3Dの仮想空間なんだ!


家博士家博士

さらにバーチャルステージングもあるよ。

バーチャルステージングは、高級家具で家を演出できる

さらにバーチャルステージングでは、モデルルームのように家具や調度品で演出された部屋を、仮想空間で作成します。

バーチャルステージング

※写真は三井のリハウス公式サイトより

ハウスくんハウスくん

ええ! この家具が全部本物じゃなくてイメージなの?


家博士家博士

今の最新技術はここまで進んでいるんだ。

360度パノラマや3D技術の効果は?

問い合わせが増え、無駄な内覧が減る

360度パノラマや3D技術の効果は、次の3つです。

360度パノラマや3D技術の効果

  1. (ネットで目立つため)アクセス数(集客)が増える
  2. (その結果)問い合わせが増える
  3. (ネット上でイメージがよく分かるため)無駄な内覧が減る

実際に東急リバブルの実績では、

  • CGリフォームイメージ専用の特集ページやアイコンを設置することで、約8割の物件がCGリフォームイメージ利用後にアクセス数が約30%アップ
  • した。

  • リフォーム後の住むイメージができることで、物件が魅力的に見えるため、サービスを利用していない物件に比べ、お問合せされる物件が約80%アップしました。

という結果があります。

今からマイホームを売り出すのであれば、ぜひ利用したいサービスといえるでしょう。

ポータルサイトでは絞り込み条件になっている

また3Dビューは、大手不動産ポータルサイトで絞り込み条件になっていることからも、注目されていることが分かります。

例えば大手ポータルサイトのSUUMO(スーモ)では、「3Dビュー付」というこだわり条件の項目があります。

SUUMO検索条件

また大手ポータルサイトのHOME’S(ホームズ)では「パノラマ画像あり」という項目も。

HOMES検索条件

物件をしっかり確認したい購入検討者は、こうした絞り込み条件で物件を探すケースも。

3Dや360度パノラマを導入すれば、こうした前向きな購入検討者に興味をもってもらえます。

家博士家博士

最近は360度パノラマも当たり前になってきたから、3Dウォークスルーやバーチャルステージングで差別化したいね。


最新のサービスを扱う不動産会社は一部の大手に限られるので、まずは不動産会社に相談してみると良いでしょう。

最新技術で家を売ってくれる不動産会社

ここからは、3Dウォークスルーやバーチャルステージングなど最新の技術を使って、あなたの家を売ってくれる不動産会社を紹介します。

三井のリハウス

三井のリハウスでは、次の3D技術が全て利用可能。

  • 3Dウォークスルー(空室限定)
  • CGリフォーム
  • バーチャルステージング

3Dウォークスルーを導入した物件は、三井のリハウスのHP内で「バーチャルオープンハウス特集」として紹介されます。

3Dウォークスルーの適用条件
対象物件:空室のマンションおよび一戸建て
マンションは2000年1月以降築かつ専用面積50平米以上
一戸建ては2000年1月以降築かつ延床面積70平米以上
対象条件:3ヶ月以上の専属専任・専任媒介の締結、規定の仲介手数料の支払い要
(首都圏)売却価格が4,000万円以上かつ査定価格の115%以内
(関西・中部)売却価格が2,500万円以上かつ査定価格の115%以内
CGリフォーム・バーチャルステージングの適用条件
対象物件:営業エリア内の自己居住用マンションおよび一戸建
マンション:2000年1月以降築かつ専用面積50平米以上
戸建:2000年1月以降築かつ延床面積70平米以上
対象条件:3ヶ月以上の専属専任、専任媒介の締結、規定の仲介手数料の支払い要
[首都圏]媒介価格が4,000万円以上かつ査定価格の115%以内
[関西・中部]媒介価格が2,500万円以上かつ査定価格の115%以内
[その他エリア]媒介価格が2,000万円以上かつ査定価格の115%以内

住友不動産販売

住友不動産販売では、CGリフォームとバーチャルステージングが利用可能。

バーチャルステージングの適用条件
対象物件:2000年1月1日以降建築された居住用マンション・戸建てで居住中であること
マンション: 専有面積(壁芯)50m2以上/戸建て: 建物面積80m2以上
適用条件:
媒介価格(売出価格)が査定価格の125%以内であり、
[首都圏エリア]査定価格が4,000万円以上であること。
[地方エリア]査定価格が2,000万円以上であること。
[関西エリア]査定価格が2,500万円以上であること。

東急リバブル

東急リバブルでは、次の3D技術が全て利用可能。

  • 3Dウォークスルー(空き家限定)
  • CGリフォーム(バーチャルステージング含)(居住中限定)
  • バーチャルインテリアルーム(空き家限定)

CGリフォーム利用者の声も紹介されています。

諦めていた売却も見事契約に

これまで何人かの方に内覧してもらったが、「家具が多すぎて、ここで生活するイメージが湧かない」と言われ、半ば売却をあきらめていました。
その中で、新しいサービスということで担当者から提案され、試しに利用してみました。
すると今まで苦戦していたのが嘘のように見事契約できました。
家具が多いお部屋でもマイナスイメージを払拭してくれる素晴らしいサービスだと感じました。

ストレスを感じることなく売却ができました

自宅を売却するにあたって、いろんな会社のホームページを見ていた時に、東急リバブルのホームページでこのサービスを利用している物件を見て、「自分の家もこんな風に見せてもらいたい!」と思って、東急リバブルに販売を依頼しました。
知らない人にお部屋を見せるストレスを感じることなく売却ができました!

ただしオプションメニューとして1つしか選べず、他のサービスを合わせた8種類から1つ選ぶことになります。

3Dウォークスルー・バーチャルインテリアルームの適用条件
対象物件:営業エリア内の自己居住用マンションおよび一戸建で空き家のもの
対象条件:専属専任、専任媒介の締結、規定の仲介手数料の支払い要
対象者:個人・法人(宅建業者を除く)の売主
対象範囲:対象不動産室内の当社指定箇所
CGリフォーム・バーチャルステージングの適用条件
対象物件:営業エリア内の自己居住用マンションおよび一戸建で居住中のもの
対象条件:専属専任、専任媒介の締結、規定の仲介手数料の支払い要
対象者:個人・法人(宅建業者を除く)の売主
対象範囲:対象不動産室内の当社指定箇所

東急リバブルの無料査定を試すならこちら
東急リバブルの売却査定

※売却保証が査定価格の最大90%→100%キャンペーン中(2021年6月1日〜7月31日)関西除く


野村の仲介+

野村の仲介+では、実際のホームステージングとセットで「3Dウォークスルー」を提供しています。

ホームステージングを実施した後にスキャンカメラで室内を撮影。

ホームステージングは空室・居住中に関係なく利用できます。

居住中の場合は室内荷物の一時預かりも可能。

家具の設置期間は最長3ヶ月間です。

ホームステージングの適用条件
対象物件:野村の仲介+の営業エリアにある築後20年以内の居住用マンション・戸建
マンションは専有面積が50㎡以上。
戸建ては建物面積が80㎡以上であること。
適用条件:専属専任・専任媒介契約を締結(媒介期間:3ヶ月)し、規定の仲介手数料を支払えること。売出価格が査定価格の125%以内であること。

さらにVRゴーグルにも対応。

バーチャリアルティ

スマートフォンに専用アプリをインストールしてVRゴーグルにセットすることで、実際に部屋を歩いているような感覚で物件見学ができます。

3Dウォークスルーを利用した物件は、ノムコムのサイトの特集にて紹介してもらえます。

まとめて無料査定を依頼するなら

ここに紹介した4社の不動産会社にまとめて査定依頼できるのは、一括査定サイトのすまいValueだけ。

すまいValueは大手不動産会社6社が共同で運営する一括査定サイトです。

すまいValue

大手6社とは、三井のリハウス住友不動産販売東急リバブル野村の仲介+小田急不動産三菱地所ハウスネット

いずれの会社も査定は無料です。

3Dや360度パノラマを活用して売却を有利に進めるなら、すまいValueでまとめて無料査定を依頼すると便利です。

すまいValueの公式サイトはこちら
すまいValue

まとめ

3Dや360度パノラマを利用した物件紹介は、内覧の手間と新型コロナ感染リスクを減らす効果もあります。

また家を高く売るためにも利用して損はないでしょう。

しかし現在利用できるのは一部の大手不動産会社で条件も限られるため、競合物件との差別化も図れます。

ここに挙げた4社にまとめて無料査定を依頼するなら、一括査定サイトの「すまいValue」を使うと簡単です。

まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

あなたの家の売却が成功することを、心よりお祈りしております。

すまいValueの公式サイトはこちら
すまいValue

一括査定サイトの定番3社

一括査定サイトは主要なものだけでも10社以上ありますが、定番はほぼ決まっています。

一括査定サイトの定番となっている3社はこちら。

この3社以外についてはこちらにまとめています。

  1. すまいValue

    すまいValue
    実績5.0
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    40万件
    不動産会社数:
    大手6社・全国900店舗
    運営会社:
    大手6社共同運営

    大手6社(三井のリハウス・住友不動産販売・東急リバブル・野村の仲介+・三菱地所ハウスネット・小田急不動産)が共同で2016年に設立した一括査定サイト。
    6社といっても全国900店舗あるため、ほぼ全ての地域をカバーしています。
    売却実績も豊富で、特に首都圏では家を売却した3人に2人がこの6社を利用しているほど。
    首都圏以外のほとんどの地方都市でも、三井・住友・東急の3社が売却実績のトップ3を独占しています。
    2021年現在、大手6社は他の一括査定サイトからほぼ撤退したため、これら大手に査定を依頼できる唯一の一括査定サイトです。
    簡易査定を選ぶと郵送やメールで査定可能。

    管理人のコメント

    地方では大手より地域密着の中小が強い場合もあるので、3位のHOME4Uも確認した方が良いでしょう。
    しかし都市部では「すまいバリュー」が定番です。
    特に大手トップ3社(三井・住友・東急)の情報量、査定精度、販売力はやはり別格。優秀な営業マンも数多く抱えています。

  2. 【公式サイト】すまいValue

  3. SRE不動産(旧ソニー不動産)

    SRE不動産
    実績4.0
    不動産会社4.0
    運営会社5.0
    査定実績:
    (2014年開始)
    不動産会社数:
    売主側1社(買主側多数)
    運営会社:
    SREホールディングス株式会社

    すまいValueと合わせて利用したいのが、SRE不動産(旧ソニー不動産)。利用できるエリアは首都圏と関西圏限定です。
    あのソニーが始めた不動産会社で、売主だけを担当するエージェント制が特徴。無数にある他の不動産会社が買主を探してくれるため、高値でスムーズに売れやすいメリットがあります。

    管理人のコメント

    大手不動産会社でエージェント制はSRE不動産だけ。話を聞くと売却活動に役立つでしょう。ただし一括査定でなく1社だけの査定なので、すまいValueとセットで査定を依頼することがポイント。まずメールで概算価格を査定してくれます。

  4. 【公式サイト】SRE不動産

  5. HOME4U

    HOME4Uイメージw330
    実績5.0
    不動産会社4.0
    運営会社4.0
    査定実績:
    累計45万件(2001年開始)
    不動産会社数:
    1,800社
    運営会社:
    株式会社NTTデータ・スマートソーシング

    日本初の不動産一括査定サイト。2001年のサービス開始依頼、査定累計数45万件と実績も豊富。運営は東証1部上場の株式会社NTTデータのグループ会社。
    不動産会社は大小バランスよく登録されているため全国どこでも幅広く依頼ができます。
    机上査定を選ぶと、郵送やメールで査定可能。

    管理人のコメント

    HOME4Uでは査定依頼の記入欄が多いため、自然と査定精度が高くなる仕組みになっています。
    ちなみに記入した内容はまた不動産会社と話をするときに修正できます。
    あまり真剣に悩まず、とりあえず現時点の希望を書いておく程度で大丈夫。
    不動産会社はかなり絞られて紹介されるので、なるべく多くに査定を依頼すると良いでしょう。

  6. 【公式サイト】HOME4U