セゾンのリースバック
「セゾンのリースバックはどうなの?」

保険やセキュリティも充実しているし、セゾンは大手だから他のリースバックより安心感はあるけど、本当に良いの?
何か落とし穴がありそうで不安…。

そんなあなたのために、セゾンのリースバックについて、徹底分析しました。

この記事を読めば、次の3つが分かります。

  1. リースバックが、あなたに最適な方法か?
  2. そしてセゾンのリースバックが、あなたに最適な方法か?
  3. 決断した後に後悔しないため、大切なこと

あなたに最適な方法で、あなたの悩みがスッキリ解決するために、この記事がお役に立てば幸いです。

セゾンのリースバックとは

セゾンのリースバックは、クレディセゾングループが運営するリースバックです。

リースバックとは、家に住んだまま家を売却し売却代金を受け取る方法。

どうしても家を引っ越したくないけれど、お金が必要という難しい問題を解決する方法として、最近注目されています。

リースバックのイメージ

リースバックのイメージ

セゾンのリースバックでは、一般住居向けと事業用不動産向けの2種類のリースバックがあります。

一般住居向けのものは戸建ておよび区分所有マンションが対象。

法人および個人事業主が利用できる事業用不動産向けのものは、オフィスビルや事務所、店舗などの所有物件が対象です。

どちらの場合もセゾンファンデックスが物件を買い取った後、賃貸物件として住み続けたり利用し続けることができます。

また、セゾンのリースバックは、全国住宅ローン救済・任意売却支援協会(全任協)と提携。

そのため、全任協でリースバックを申し込んでも、実質はセゾンのリースバックを紹介されます。
(全任協は、公的な組織と誤解しがちな名前ですが、あくまで民間の法人です。)

ちなみにセゾンのリースバックは、2016年5月にスタートした比較的新しいサービスで、リースバックの実績などは公表されていません。

ハウスくんハウスくん

他にリースバックで主要な会社はどこ?


家博士家博士

2013年にリースバックを始めたハウスドゥが最大手だね。

リースバックの最大手はハウスドゥ

リースバックの最大手は、不動産会社のハウスドゥ。

元プロ野球選手の古田敦也氏がイメージキャラクターでおなじみかもしれません。

ハウスドゥでは、2013年にリースバックをスタートし、『ハウス・リースバック』の登録商標も取得しています。

ただし最大手といっても、リースバックの件数はそれほど多くありません。

最大手でも累計1,500件程度しかない

ハウスドゥでは、リースバックの実績が2019年6月時点で次の通り。

  • 年間問合せ件数: 13,000件
  • 累計契約件数: 1,500件
  • 保有件数: 397件



ハウスくんハウスくん

最大手でも、今までの累計契約件数が1,500件しかないんだ。
問合せが年間13,000件もあるのに、リースバックを利用する人は少ないってこと?


家博士家博士

リースバックを検討する人は増えているけど、結局リースバックを利用しない人も多いんだ。
リースバックはメリットが大きいけど、それ以上に注意点があるからね。

リースバックのメリットと注意点

リースバックのメリットと注意点をまとめました。

リースバックの4つのメリット

リースバックのメリットはこちら。

リースバックの4つのメリット

  1. 住みながら家を売って売却代金が受け取れる
  2. 売却代金を自由に使える
  3. 年齢や年収の制限なし、保証人も不要
  4. 同居人の制約なし

リースバックは、住みながら家を売って、売却代金が受け取れるというのが最大のメリット。

またリースバックは、利用する人の制約(年収や年齢など)が少ないため、多くの人が利用できる方法です。
(※ただし、一部業者では、年齢に制限がある場合もあります。)

ハウスくんハウスくん

メリットは大きいね。
特に悪いことは無さそうだけど。


家博士家博士

次に注意点を見てみよう。

リースバックの4つの注意点

リースバックの注意点はこちら。

リースバックの4つの注意点

  1. 定期借家なので更新できず追い出されるリスクがある
  2. 毎月の家賃が必要
  3. 家の所有権がなくなる
  4. 買取価格が安い←これが最大の注意点!

リースバックでは賃貸契約が定期借家契約なので、2年〜3年の契約期間で契約更新できない場合は引っ越すことになってしまいます。

売却時は住み続けられると言われても、新しい購入者の投資事情が変わったり、購入者が別の投資家へ転売すると、契約更新できない可能性もあります。

そして最大の注意点は、リースバックの売却価格は、普通に売却するより大幅に安くなること。

ハウスくんハウスくん

うーん、安くなるのは嫌だなー。
リースバックは、そんなに安くなるの?


家博士家博士

家の条件によって違うから、普通に売った場合の価格と比較した方が良いね。

【後悔しないために大切!】普通に売却した価格と比較する

リースバックで後悔しないために大切なのは、リースバックを利用する前に、必ず普通に売却した価格と比較すること。

リースバックでは、普通に売った場合よりも価格が安くなります。

リースバックと普通の売却との価格差が、あなたが納得できるレベルなのかを、確認してから決断しましょう。


ハウスくんハウスくん

どうやって、普通に売却した価格を調べるの?


家博士家博士

エリアで売買実績が豊富な不動産会社3〜6社に、無料査定を依頼するんだ。


普通に売却した価格を知るためには、次の手順が定番です。

  1. エリアで売買実績が豊富な不動産会社に絞る
  2. 上記の3〜6社に無料査定を依頼して、査定価格と話を聴き比べる

エリアで売買実績が豊富な不動産会社は、査定の精度が高くなります。

また今は都市部を中心に不動産価格が高騰しているため、不動産のプロでも査定が難しい状態。

不動産会社によって査定価格に差が出るため、1社だけでなく最低3社以上に査定を依頼しましょう。

ただし数が多すぎると対応が大変なので、多くても6社程度が良いでしょう。

ハウスくんハウスくん

エリアで売買実績が豊富な不動産会社は、どうやって探すの?


家博士家博士

不動産会社の心当たりがなければ、一括査定サイトを利用すると便利だよ


一括査定サイトの定番3社

一括査定サイトは主要なものだけでも10社以上ありますが、定番はほぼ決まっています。

一括査定サイトの定番となっている3社はこちら。

この3社以外についてはこちらにまとめています。

  1. すまいValue

    すまいvalue
    実績5.0
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    18万件(開始後2年合計)
    不動産会社数:
    大手6社・全国870店舗
    運営会社:
    大手6社共同運営

    大手6社(三井不動産リアルティ・住友不動産販売・東急リバブル・野村不動産アーバンネット・三菱地所ハウスネット・小田急不動産)が共同で2016年10月に立ち上げた一括査定サイト。
    6社といっても全国870店舗あるため、ほぼ全ての地域をカバーしています。
    売却実績も豊富で、特に首都圏では家を売却した3人に2人がこの6社を利用しているほど。
    首都圏以外のほとんどの地方都市でも、三井・住友・東急の3社が売却実績のトップ3を独占しています。
    2020年現在、大手6社は他の一括査定サイトからほぼ撤退したため、これら大手に査定を依頼できる唯一の一括査定サイトとして、「すまいValue」が新定番となっています。

    管理人のコメント

    地方では大手より地域密着の中小不動産会社の方が強い場合もあるため、地方の郊外から外れたエリアではHOME4U又はHOME'Sも確認してみたほうが良いでしょう。
    しかし都市部の方は「すまいバリュー」が現状では最強の一括査定サイトです。
    特に大手トップ3社(三井・住友・東急)の情報量、査定精度、販売力はやはり別格。優秀な営業マンも数多く抱えています。
    机上査定と訪問査定が選べる点もおすすめ。

  2. 【公式サイト】すまいValue

  3. HOME4U

    HOME4Uイメージw330
    実績5.0
    不動産会社4.0
    運営会社5.0
    査定実績:
    累計35万件(2001年開始)
    不動産会社数:
    1,300社
    運営会社:
    株式会社NTTデータ・スマートソーシング

    日本初の不動産一括査定サイト。2001年のサービス開始依頼、査定累計数35万件と実績も豊富。運営は東証1部上場の株式会社NTTデータのグループ会社。
    不動産会社は大小バランスよく登録されているため幅広く依頼ができます。

    管理人のコメント

    HOME4Uでは査定依頼の記入欄が多いため、自然と査定精度が高くなる仕組みになっています。
    ちなみに記入した内容はまた不動産会社と話をするときに修正できます。
    あまり真剣に悩まず、とりあえず現時点の希望を書いておく程度で大丈夫。
    不動産会社はかなり絞られて紹介されるので、なるべく多くに査定を依頼すると良いでしょう。

  4. 【公式サイト】HOME4U

  5. SUUMO(スーモ)

    suumo
    実績4.0
    不動産会社4.0
    運営会社5.0
    査定実績:
    非公開
    不動産会社数:
    非公開
    運営会社:
    リクルート住まいカンパニー

    運営は、東証1部上場株式会社リクルートのグループ会社。SUUMO(スーモ)といえば、不動産購入者の9割以上が利用するというほど、圧倒的な知名度の不動産情報サイト。登録不動産会社数は非公開ですが、かなり多いです。詳細情報を入力する前に、査定を依頼できる不動産会社がチェックできるのも便利。
    SUUMOについて、更に詳しくはこちら
    SUUMOの詳細

    管理人のコメント

    ちょっとクセがあるので、不動産会社を選ぶコツを知っておいてください。
    同じ不動産会社の他支店も含めて、かなり多くの不動産会社から選ぶことができます。
    不動産会社を選ぶときに、まず右上のソート機能で検索順位を「売却事例順」又は「購入希望者順」に並び替えて上位から選びましょう。
    また希望する売却条件があれば、キーワードで絞り込みすると良いでしょう。

  6. 【公式サイト】SUUMO(スーモ)

首都圏・関西圏ならSRE不動産(旧ソニー不動産)も

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)、関西圏(大阪・兵庫)の場合は、SRE不動産(旧ソニー不動産)もおすすめです。

HOMES

SRE不動産は、あのソニーが始めた不動産会社。

アメリカ式エージェント制度を取り入れ、完全に売り主の立場で家の売却をサポートしてくれます。

ソニー不動産について詳しくはこちら
SRE不動産(旧ソニー不動産)の評価・口コミ、利用するときの注意点とは

SRE不動産では、メールで査定結果を教えてくれるので、とりあえず査定価格の取り寄せだけでも試す価値はあります。

SRE不動産の無料査定依頼はこちら
SRE不動産

家博士家博士

無料査定を依頼したら、次にセゾンのリースバックについて見ていこう

セゾンのリースバックの3つのメリット

セゾンのリースバックのメリットとして、次の3点があります。

それぞれ詳しく解説します。

メリット1. セゾングループの安心感

セゾンのリースバックを運営するセゾンファンデックスは、東証1部上場クレディセゾンのグループ会社。

クレディセゾンはクレジットカードのセゾンカードでおなじみの企業で、セゾンカードユーザーだという人もいるかもしれません。

2018年実績でセゾンカードの総会員数は2,679万人、稼働会員数は1,490万人。

ショッピング取扱高は4兆7,885億円と、非常に多く利用されているカードの一つです。

そんなセゾングループが運営しているセゾンのリースバックなので、安心感があります。

他にリースバックを扱う会社で、東証1部上場企業としては、次のような会社があります。

  • ハウスドゥ
  • セゾングループ
  • インテリックス
  • SBIグループ
  • ムゲンエステート

他のリースバックについては、こちらで詳しく解説しています。

メリット2. 全国対応・最短即日査定・契約最短2週間

セゾンのリースバックは全国対応。

問い合わせ後はまず、物件の簡単な査定(簡易査定)を行います。

簡易査定は即日実施で、買取額・家賃・初期費用の見積もりが可能。

その後面談や現地調査を経て、最短2週間で契約できます。

できるだけ早く手続きを進めたい場合にも便利です。

他のリースバックは『お急ぎなら相談可』と書いてある程度で、ここまで最短日時を売り出しているリースバックはありません。

メリット3. 家財保険やセコムの高齢者見守りサービス付き

セゾンのリースバックは家財保険やセコムの高齢者見守りサービス付き。

家財保険は火災や落雷、盗難、水漏れなどによって家財に生じた損害などを保証してくれるもので、利用者の費用負担はありません。

さらに高齢者見守りサービス(セコムのホームセキュリティ)も負担0円で利用できます。

高齢者見守りサービスの内容は次の4つ。
セゾンの見守りサービス

  1. 握るだけですぐに通報できる救急通報ボタン「マイドクター」
  2. 一定時間センサーの感知がない場合に異常を知らせる「安否見守り」
  3. 玄関への「防犯センサー」設置
  4. 「火災センサー」による火災の感知

通常だと初期費用に加えて、毎月5,000円前後かかるサービス。

それが無料で利用できるのでお得なうえ、離れて暮らす家族にとっても安心です。

いまのところ、主要なリースバックで見守りサービスが付いているのは、セゾンのリースバックだけです。

公式サイトはこちら

セゾンのリースバックの注意点

一方でセゾンのリースバックには次のような注意点もあります。

注意点1. エリアや物件の扱いは問い合わせないと分からない

セゾンのリースバックは全国対応ですが、一部対応できない地域もあります。

また、物件によっては家財保険に加入できないことも。

具体的な条件が公表されていないため、実際に問い合わせなければ、セゾンのリースバックを利用できるか分かりません。

まずは電話による無料相談や24時間利用できるネット問い合わせなどを利用し、対応可能か確認しておきましょう。

公式サイトはこちら

注意点2. 査定価格は比較した方が良い

セゾンのリースバックに限りませんが、リースバックは売却価格が普通に売却するより安くなります。

必ず普通に売却したときの価格と比較して、価格差が納得できるレベルなのか確認しましょう。

リースバックの一括査定で比較

リースバックを利用すると決めている場合は、新生MyWAYと他のリースバックを比較してみましょう。

他のリースバックと比較するなら、一括査定サイト『家まもルーノ』を使うと便利です。

全国100社以上のリースバック会社に、まとめて無料査定を依頼できます。

今のところ、リースバックの一括査定サイトは、家まもルーノしかありません。

家まもルーノ

家まもルーノを試してみるならこちら
家まもルーノ

まとめ

クレディセゾングループが運営するセゾンのリースバック。

主なメリットと注意点は次の通りです。

セゾンのリースバックの3つのメリット

  1. セゾングループの安心感
  2. 全国対応・最短即日査定・契約最短2週間
  3. 家財保険やセコムの高齢者見守りサービス付き

セゾンのリースバックの2つの注意点

  1. エリアや物件の扱いは問い合わせないと分からない
  2. 査定価格は比較した方が良い

買取価格を比較するために、普通に売却した場合の価格、他社のリースバック価格と比較しましょう。

いずれも査定依頼は無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

あなたの家の問題が解決することを、心からお祈りしております!

公式サイトはこちら

一括査定サイトの定番3社

一括査定サイトは主要なものだけでも10社以上ありますが、定番はほぼ決まっています。

一括査定サイトの定番となっている3社はこちら。

この3社以外についてはこちらにまとめています。

  1. すまいValue

    すまいvalue
    実績5.0
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    18万件(開始後2年合計)
    不動産会社数:
    大手6社・全国870店舗
    運営会社:
    大手6社共同運営

    大手6社(三井不動産リアルティ・住友不動産販売・東急リバブル・野村不動産アーバンネット・三菱地所ハウスネット・小田急不動産)が共同で2016年10月に立ち上げた一括査定サイト。
    6社といっても全国870店舗あるため、ほぼ全ての地域をカバーしています。
    売却実績も豊富で、特に首都圏では家を売却した3人に2人がこの6社を利用しているほど。
    首都圏以外のほとんどの地方都市でも、三井・住友・東急の3社が売却実績のトップ3を独占しています。
    2020年現在、大手6社は他の一括査定サイトからほぼ撤退したため、これら大手に査定を依頼できる唯一の一括査定サイトとして、「すまいValue」が新定番となっています。

    管理人のコメント

    地方では大手より地域密着の中小不動産会社の方が強い場合もあるため、地方の郊外から外れたエリアではHOME4U又はHOME'Sも確認してみたほうが良いでしょう。
    しかし都市部の方は「すまいバリュー」が現状では最強の一括査定サイトです。
    特に大手トップ3社(三井・住友・東急)の情報量、査定精度、販売力はやはり別格。優秀な営業マンも数多く抱えています。
    机上査定と訪問査定が選べる点もおすすめ。

  2. 【公式サイト】すまいValue

  3. HOME4U

    HOME4Uイメージw330
    実績5.0
    不動産会社4.0
    運営会社5.0
    査定実績:
    累計35万件(2001年開始)
    不動産会社数:
    1,300社
    運営会社:
    株式会社NTTデータ・スマートソーシング

    日本初の不動産一括査定サイト。2001年のサービス開始依頼、査定累計数35万件と実績も豊富。運営は東証1部上場の株式会社NTTデータのグループ会社。
    不動産会社は大小バランスよく登録されているため幅広く依頼ができます。

    管理人のコメント

    HOME4Uでは査定依頼の記入欄が多いため、自然と査定精度が高くなる仕組みになっています。
    ちなみに記入した内容はまた不動産会社と話をするときに修正できます。
    あまり真剣に悩まず、とりあえず現時点の希望を書いておく程度で大丈夫。
    不動産会社はかなり絞られて紹介されるので、なるべく多くに査定を依頼すると良いでしょう。

  4. 【公式サイト】HOME4U

  5. SUUMO(スーモ)

    suumo
    実績4.0
    不動産会社4.0
    運営会社5.0
    査定実績:
    非公開
    不動産会社数:
    非公開
    運営会社:
    リクルート住まいカンパニー

    運営は、東証1部上場株式会社リクルートのグループ会社。SUUMO(スーモ)といえば、不動産購入者の9割以上が利用するというほど、圧倒的な知名度の不動産情報サイト。登録不動産会社数は非公開ですが、かなり多いです。詳細情報を入力する前に、査定を依頼できる不動産会社がチェックできるのも便利。
    SUUMOについて、更に詳しくはこちら
    SUUMOの詳細

    管理人のコメント

    ちょっとクセがあるので、不動産会社を選ぶコツを知っておいてください。
    同じ不動産会社の他支店も含めて、かなり多くの不動産会社から選ぶことができます。
    不動産会社を選ぶときに、まず右上のソート機能で検索順位を「売却事例順」又は「購入希望者順」に並び替えて上位から選びましょう。
    また希望する売却条件があれば、キーワードで絞り込みすると良いでしょう。

  6. 【公式サイト】SUUMO(スーモ)

首都圏・関西圏ならSRE不動産(旧ソニー不動産)も

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)、関西圏(大阪・兵庫)の場合は、SRE不動産(旧ソニー不動産)もおすすめです。

HOMES

SRE不動産は、あのソニーが始めた不動産会社。

アメリカ式エージェント制度を取り入れ、完全に売り主の立場で家の売却をサポートしてくれます。

ソニー不動産について詳しくはこちら
SRE不動産(旧ソニー不動産)の評価・口コミ、利用するときの注意点とは

SRE不動産では、メールで査定結果を教えてくれるので、とりあえず査定価格の取り寄せだけでも試す価値はあります。

SRE不動産の無料査定依頼はこちら
SRE不動産