シロアリ被害のイメージ
「シロアリ被害があった家だけど、普通に売れるの?」

「防蟻(ぼうぎ)対策の保証期間が切れているけど、どうすれば良いの?」

シロアリ被害のあった家、防蟻(ぼうぎ)対策がない家の売却でお悩みでしょうか?

シロアリ被害があると売れないかもしれないけど、家を解体して土地で売るのももったいないし。

被害はまだ無くても、防蟻対策をしていなかったり、保証期間が切れてしまった家はどうなのか。

もし家の売却前に、シロアリに対するあなたの不安がきれいサッパリ消えて、安心して家を売却できれば理想ですね。

そんなあなたのために、家の売却で知っておきたいシロアリに関する知識をまとめました。

この記事を読めば、シロアリ被害にあった家、防蟻対策がない家でも売れることが分かります。

さらに、売却時の注意点や売却時に心強い不動産会社のサービスも紹介。

シロアリの基礎知識として、駆除方法や防蟻方法についてもまとめています。

あなたのシロアリに関する悩みや不安が解決し、家の売却が成功するために、この記事がお役に立てば幸いです。

シロアリ被害のあった家でも売却できる

結論から言うと、シロアリ被害のあった家や、防蟻対策をしていない家でも、売却することは可能です。

もちろん被害が深刻であれば、程度によって建物価値は減額されますが、目立った被害がなければ大きな減額にはなりません。

家博士家博士

そもそもシロアリの被害は、珍しいことではないんだ。

築20年を超えると3割以上が蟻害あり

国土交通省関連の調査によると、木造在来工法の住宅は、築20年を超えるとシロアリ被害がある割合が3割以上となっています。
(国土交通省補助事業・シロアリの被害実態調査2013年)

築年数毎の蟻害の割合
(木造在来工法)

築年数 蟻害発生率
築0〜4年 1.9%
築5〜9年 4.0%
築10〜14年 11.0%
築15〜19年 29.3%
築20〜24年 38.4%
築25〜29年 37.4%
築30〜34年 35.5%
築35〜39年 46.7%
築40〜44年 50.2%

ハウスくんハウスくん

シロアリの被害って、こんなに多いんだ!


家博士家博士

特に西日本で多い傾向がある。
最近は北海道まで被害エリアが広まっているから、ほぼ日本全国でシロアリ被害はあるんだ。


ハウスくんハウスくん

こんなに多いなら、重大な被害じゃなければ内緒にしても大丈夫じゃないの?


家博士家博士

シロアリの被害は瑕疵(かし)になる恐れがあるから、隠さずきちんと説明しよう。

シロアリ被害は隠さずきちんと説明する

シロアリ被害が分かっている場合、事実を隠すことだけは絶対に止めましょう。

なぜなら、シロアリの害(蟻害)は「雨漏り」「腐食」と並ぶ重大な瑕疵(かし)にあたるため。

もしシロアリの害を隠していた場合、通常3ヶ月の瑕疵担保責任期間を過ぎても、売主責任として費用を負担する恐れもあります。

「瑕疵担保免責」の特約を付けても、隠していた場合は売主が瑕疵担保責任を負います。(民法572条)

瑕疵(かし)とは
瑕疵とは、本来あるべき機能・品質・性能を満足しない欠陥や故障のこと。
家の場合は、雨漏りや構造的な欠陥、シロアリ被害が瑕疵にあたる。
一般的に、売買完了後3ヶ月までに建物に瑕疵が見つかった場合、売主の負担で補修し、これを瑕疵担保責任という。

瑕疵については、こちらで詳しく解説しています。

ハウスくんハウスくん

今のところは被害はないけれど、特にシロアリ対策をしていないような場合は不安だね

家博士家博士

そんなときは、大手不動産会社の建物保証を活用すると安心だよ

防蟻対策をしていない家は建物保証付で売る

まだシロアリ被害はないけど、防蟻対策をしていなかったり、保証期間が切れている場合は、大手不動産会社の防蟻対策が安心。

大手不動産会社の建物保証では、最長2年間の保証が受けられます。

具体的にはこちら。

  1. 三井のリハウス 360度サポート(建物調査+補修)
  2. 住友不動産販売 瑕疵保証
  3. 東急リバブル リバブルあんしん仲介保証(建物保証)
  4. 野村の仲介+ あんしん建物補修

いずれのサービスも、下記の条件と保証内容です。

  • 築30年以内で、あらかじめ建物について検査を実施し合格した家
  • シロアリの被害最大50万円まで、その他瑕疵は最大500万円まで保証

これらの大手不動産会社にまとめて無料査定を依頼するなら、一括査定サイト「すまいValue」が便利です。

すまいValueイメージ
すまいValueは、大手不動産会社6社が共同運営する一括査定サイト。

すまいValue以外の一括査定サイトでは、これらの大手6社にまとめて査定を依頼できません。

すまいValueの公式サイトはこちら
すまいValue

公的な保険『既存住宅売買かし保険』もある

大手不動産会社の営業エリア外の場合は、公的な保険『既存住宅売買瑕疵保険』を利用する方法があります。

インスペクションと保険の費用がかかり、場合によっては家の補修工事が必要になりますが、家が売れやすくなる効果も期待できます。

詳しくは、こちらで解説しています。

ハウスくんハウスくん

シロアリ被害があった家はどうすれば良いの?


家博士家博士

シロアリ被害のあった家を売るには、3つの方法がある。

シロアリ被害のあった家を売る3つの方法

シロアリ被害のあった家を売る方法として、3つの方法があります。

シロアリ被害のあった家を売る3つの方法

  1. 駆除・補修して売却
  2. 古家付き土地として売却
  3. 建物を解体して更地で売却

それぞれ解説します。

方法1. 駆除・補修して売却する場合

1つ目の方法は、シロアリを駆除し被害箇所を補修して売却する方法。

駆除費用の相場は使用する薬剤の種類によっても変わりますが、1坪あたり5,000円〜10,000円。

ハウスくんハウスくん

被害の程度によっては、かなり費用がかかりそうだね・・・

家博士家博士

実はシロアリ駆除費用は、所得税の雑損控除の対象になるんだよ

シロアリ駆除費用で税金が戻ってくる

シロアリ被害は、所得税法施工令第9条に規定する「害虫・・・その他の生物による異常な災害」に該当します。

シロアリの駆除と被害箇所の補修にかかった費用を、所得から控除できるのです。

※被害が発生する前の予防(防蟻)にかかった費用は対象外

ただし、雑損控除として計上できるのは、専門業者に依頼した場合のみ。

控除を適用するには確定申告も必要です。

添付書類として領収書も必要なので、必ず受け取って確定申告時まで保管しておきましょう。

【参考】国税庁・シロアリの駆除費用

駆除・補修後でも瑕疵保証は利用した方が安全

シロアリを駆除・補修した場合も、シロアリ被害が再発する可能性はあります。

最近のシロアリ対策では、薬剤の安全性がから最長で5年保証になります。

5年を超えるとシロアリが再発する恐れは十分あります。

また防蟻対策で5年保証があっても、1種類だけのシロアリ被害しか保証されていないケースもよくあります。

なぜならシロアリには、主にイエシロアリとヤマトシロアリの2種類があり、それぞれ薬剤が違うため。

保証期間内でも、保証次第ではシロアリのリスクはあります。

万が一に備えて、大手不動産会社の保証や既存住宅売買瑕疵保険を付けて売却した方が良いでしょう。

必ず売買契約書に記載する

シロアリ被害があった場合は、口頭で伝えるだけでなく、必ず売買契約書に添付する重要事項説明に記載しなくてはいけません。

もし文書に記載がないと、瑕疵担保責任期間を過ぎても売主の説明責任を問われる恐れがあります。

売主としては、不動産会社にあらかじめ伝えておけば記載してくれますので、漏れがないかだけ確認しておきましょう。

方法2. 古家付き土地として売却する場合

2つ目は、家を解体せず「古家付き土地」として売却する方法。

この方法なら、土地と戸建ての両方の選択肢がある物件として売却できます。

「土地」として購入したい人と、「安い戸建て」として購入したい人は全く別なので、購入希望者が見つかる可能性も高くなります。

不人気なエリアや売却を急ぐ場合は買取も検討する

駅から遠い人口減少エリアや高齢化が進むエリアでは、どんな売り方をしても売れにくくなってきています。

もし事情があって売却を急ぐ場合は、業者による買取も検討しましょう。

ただし買取では、最短1週間程度で売却できますが、価格は相場の6〜8割に安くなってしまいます。

少しでも高く売るためには、10社、20社と無料査定を依頼して、少しでも高く購入してくれる不動産会社を探すと良いでしょう。

都市部などエリアによっては、買取転売業者が乱立して、買取価格が高騰しているため、相場に近い価格で売れる可能性もあります。

ハウスくんハウスくん

そんなに多くの不動産会社知らないよ。


家博士家博士

不動産会社の心当たりがなければ、一括査定サイトをいくつか併用すると良いよ


主な一括査定サイトはこちらでまとめています。

方法3. 建物を解体して更地で売却する場合

建物を解体してしまえばシロアリ被害を気にすることなく売れます。

しかし次のようなケースでは、解体してしまうと土地が極端に安くなる恐れがあるため注意しましょう。

  • 接道が悪いなど再建築不可の土地
  • 古い擁壁があり、建替えるためには擁壁の造り直しが必要な場合
  • 目の前が4m未満の道路で、建替えるとセットバックが必要な場合
  • 今の家が既存不適格で、建て替えると耐火や用途の制限を受ける場合

再建築不可については、こちらで解説しています。


擁壁については、こちら。

接道・セットバックについてはこちら。

これらのリスクを避けるために、解体する前に必ず不動産会社の意見を聞きましょう。

また不動産会社も営業マンによっては知識と経験に差があるため、なるべく複数の不動産会社に話を聞く方が安全です。

不動産会社の心当たりがなければ、一括査定サイトを利用すると良いでしょう。

一括査定サイトの定番3社

一括査定サイトは主要なものだけでも10社以上ありますが、定番はほぼ決まっています。

一括査定サイトの定番となっている3社はこちら。

この3社以外についてはこちらにまとめています。

  1. すまいValue

    すまいバリュー
    実績5.0
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    18万件(開始後2年合計)
    不動産会社数:
    大手6社・全国840店舗
    運営会社:
    大手6社共同運営

    大手6社(三井不動産リアルティ・住友不動産販売・東急リバブル・野村不動産アーバンネット・三菱地所ハウスネット・小田急不動産)が共同で2016年10月に立ち上げた一括査定サイト。
    6社といっても全国840店舗あるため、ほぼ全ての地域をカバーしています。
    売却実績も豊富で、特に首都圏では家を売却した3人に2人がこの6社を利用しているほど。
    首都圏以外のほとんどの地方都市でも、三井・住友・東急の3社が売却実績のトップ3を独占しています。
    2019年現在、大手6社は他の一括査定サイトからほぼ撤退したため、これら大手に査定を依頼できる唯一の一括査定サイトとして、「すまいValue」が新定番となっています。

    管理人のコメント

    地方では大手より地域密着の中小不動産会社の方が強い場合もあるため、地方の郊外から外れたエリアではLIFULL HOME'S又はHOME4Uも確認してみたほうが良いでしょう。
    しかし都市部の方は「すまいバリュー」が現状では最強の一括査定サイトです。
    特に大手トップ3社(三井・住友・東急)の情報量、査定精度、販売力はやはり別格。優秀な営業マンも数多く抱えています。
    机上査定と訪問査定が選べる点もおすすめ。

  2. 【公式サイト】すまいValue

  3. LIFULL HOME'S

    LIFULL HOMESイメージ
    実績4.5
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    非公開(サイト利用者476万人)
    不動産会社数:
    1,777社
    運営会社:
    株式会社LIFULL

    運営は、HOME'SのテレビCMでおなじみの東証1部上場 株式会社LIFULL。2008年にマンション専用でサービスを開始。2011年から戸建ても含めて売却査定ができる仕様に。参加会社数が多く、特に地元密着系の中小不動産会社が多数登録しています。

    管理人のコメント

    不動産会社を選ぶ際に、各社の特徴(買取保障、瑕疵保証制度あり、半数以上がベテランなど)がアイコンで表示されるので、選びやすいシステムです。
    訪問査定ではなく机上査定を希望する場合は、不動産会社へのメッセージ欄で伝えると良いでしょう。
    選ぶ会社の数は3社〜6社がオススメです。

  4. 【公式サイト】LIFULL HOME'S

  5. HOME4U

    HOME4Uイメージw330
    実績5.0
    不動産会社4.0
    運営会社5.0
    査定実績:
    累計35万件(2001年開始)
    不動産会社数:
    1,300社
    運営会社:
    株式会社NTTデータ・スマートソーシング

    日本初の不動産一括査定サイト。2001年のサービス開始依頼、査定累計数35万件と実績も豊富。運営は東証1部上場の株式会社NTTデータのグループ会社。
    不動産会社は大小バランスよく登録されているため幅広く依頼ができます。

    管理人のコメント

    HOME4Uでは査定依頼の記入欄が多いため、自然と査定精度が高くなる仕組みになっています。
    ちなみに記入した内容はまた不動産会社と話をするときに修正できます。
    あまり真剣に悩まず、とりあえず現時点の希望を書いておく程度で大丈夫。
    不動産会社はかなり絞られて紹介されるので、なるべく多くに査定を依頼すると良いでしょう。

  6. 【公式サイト】HOME4U

首都圏・関西圏ならSRE不動産(旧ソニー不動産)も

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)、関西圏(大阪・兵庫)の場合は、SRE不動産(旧ソニー不動産)もおすすめです。

HOMES

SRE不動産は、あのソニーが始めた不動産会社。

アメリカ式エージェント制度を取り入れ、完全に売り主の立場で家の売却をサポートしてくれます。

ソニー不動産について詳しくはこちら
SRE不動産(旧ソニー不動産)の評価・口コミ、利用するときの注意点とは

SRE不動産では、メールで査定結果を教えてくれるので、とりあえず査定価格の取り寄せだけでも試す価値はあります。

SRE不動産の無料査定依頼はこちら
SRE不動産

解体費用の目安

解体費用の大まかな相場は次の通り。

  • 木造:4〜5万円/坪
  • 軽量鉄骨など:6〜7万円/坪

ただし解体費用は建物の構造や施工条件(重機が入れるかどうかなど)、アスベストの有無によっても変動します。

解体する場合は、相見積もりを取って複数の解体業者を比較しましょう。

解体については、こちらで詳しく解説しています。

以上、ここまでシロアリ被害のあった家を売却する方法について解説しました。

最後に、シロアリについて知っておきたい知識をまとめます。

いまさら聞けないシロアリの知識

シロアリはゴキブリの一種

シロアリと聞くとアリの仲間かと思いがちですが、実は違います。

アリの仲間ではなく、ゴキブリの仲間なのです。

ハウスくんハウスくん

ゴキブリ・・・聞いただけで嫌になるね

木だけでなく新建材やコンクリートも被害に

シロアリ被害でまずイメージするのは、木の柱など木材かもしれません。

しかし実際には木だけでなく、プラスチックや合成ゴムといった新建材も被害に遭います。

木材以上に好むのが、発泡スチロールなどの断熱材です。

シロアリ被害は建物全体になる恐れも

シロアリ被害に遭いやすいのは、浴室など湿気が多いところや土台、基礎といった部分。

ただしシロアリの種類によっては、天井や建物全体にまで被害が及ぶこともあります。

シロアリの種類と生息地域

日本に存在するシロアリの中でも、建物に被害を与えるシロアリは2種類。

ヤマトシロアリとイエシロアリです。

最近はこの2種類に加えて、アメリカカンザイシロアリと呼ばれるシロアリの被害も増えています。

ヤマトシロアリ

ヤマトシロアリの生息地域は、北海道北部を除く日本全土。
ヤマトシロアリ分布

巣を作ることはなく、生活場所と餌を求めて集団で移動します。

基礎部分をはじめとした建物下部を加害し、腐朽(腐ること)と同時に起こることが多くなっています。

イエシロアリ

一方のイエシロアリは神奈川県以西の海岸線沿いの温暖な地域や千葉県の一部、南西諸島、小笠原諸島に生息。

イエシロアリ分布

建物や土中に大きな巣を作り、数十万〜100万匹ほどの集団になります。

イエシロアリは乾燥した部分でも水を運んできて湿らせながら加害するため、被害箇所は建物全体に及びます。

アメリカカンザイシロアリ

アメリカカンザイシロアリは、最近広まってきたシロアリです。
アメリカカンザイシロアリ分布

まだ事例は少ないですが、急激に増えています。

シロアリを見つける方法

方法1. 羽アリを見つける

シロアリを見つける方法として最も分かりやすいのが、羽アリを見つけること。

シロアリが人前に姿を現す唯一の時期でもあります。

なお、羽アリが飛ぶ時期は種類によって違います。

ヤマトシロアリ:4〜5月(沖縄は2月、東北・北海道は6月ごろ)の昼間

イエシロアリ:6〜7月の夜、電灯に飛来

アメリカカンザイシロアリ:6〜9月の昼間に数回ずつ、何度も飛ぶ

方法2. 家の状態で調べる

羽アリ以外では、次のような状態になっていないかチェックしてみましょう。

  • 床が柔らかくなっていたり、沈むところなどがないか
  • 柱が下がったり、棟や軒の稜線が波打ったり、ふすまや雨戸の建て付けが悪くなっていないか
  • 柱などを叩いてみて、空洞音がしないか、もろくなっていないか
  • 床下をのぞき、蟻道(ぎどう・シロアリの通り道)などがないか

蟻道とは土でできた「シロアリ専用道路」のようなもの。

シロアリは地表を移動するわけではないので、蟻道があれば「シロアリがいるかもしれない」と判断できるのです。

※巣を作らないヤマトシロアリの場合は、蟻道があってもシロアリがいないこともあります。

シロアリの駆除と防蟻(ぼうぎ)方法

シロアリの駆除と予防には、2つの工法があります。

一つは薬剤の散布施工、もう一つはベイト工法と呼ばれるものです。

工法1. 薬剤の散布施工

即効性があり、費用も安めに済ませられる工法です。

費用の相場は次の通り。

  • 化学薬剤:5,000〜9,000円/坪
  • 天然系薬剤:6,500〜10,000円/坪

公益社団法人日本しろあり対策協会による認可薬剤を使います。

ハウスくんハウスくん

そんな協会があるんだね


「公益社団法人日本しろあり対策協会」は、国土交通大臣の認可を受けている団体。

この団体では、シロアリの防除薬剤認定や防除施工を行う技術者の認定を行なっています。

工法2. ベイト工法

2つ目のベイト工法は、薬剤を散布しない工法です。

薬をエサとして食べさせることで、シロアリの集団全体を死滅させます。

ハウスくんハウスくん

ゴキブリの駆除に使うホウ酸団子みたいなもの?

家博士家博士

そうだね。この方法では脱皮を阻害することで、シロアリを死滅させるんだよ

薬剤を散布しないので安全性が高く、使用する薬剤の量も薬剤散布の2,0001分の1程度で済みます。

一方で、費用は高め。

初期(5年分)で7,000円〜/m、更新(5年毎)で4,500円〜/mとなっています。

例:家周辺の外周が30mの場合

施工費用は初回が21万円〜、更新が13万5千円〜です。

なお、ベイト工法は段階的に効果が現れる方法のため、駆除には不向き。

あくまでも防蟻方法であると考えておきましょう。

費用は建物構造でも変わる

工法によって費用は変わりますが、建物の構造も費用に影響します。

注意したいのが、特殊な構造で床下に潜れないような場合。

この場合は費用が高額になる可能性もあります。

5年保証が一般的

シロアリ駆除の保証期間は、5年間が一般的です。

保証期間が5年以上の場合、薬剤の毒性が強すぎる恐れもあります。

「保証期間は長いほど良い」わけでもないのです。

また、保証内容も業者によって様々。

  • 保証期間中の無料点検の有無
  • 再発した場合の作業内容や施工範囲

業者によっては、新たな建物の損害が発生した場合に、一定金額までは修復してくれるところもあります。

単に料金だけで判断せず、こうした内容までしっかり確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしょうか?

ここまで、シロアリ被害のあった家、防蟻対策をしていない家の売却について解説してきました。

シロアリ被害はないけれど不安な場合は、大手不動産会社の保証制度や公的な既存住宅売買瑕疵保険を利用しましょう。

シロアリ被害がすでにある家の売却方法は次の3つ。

  1. 駆除・補修して売却
  2. 古家付き土地として売却
  3. 建物を解体して更地で売却

「駆除・補修して売却」や「古家付き住宅として売却」する場合、シロアリ被害があったことは隠さずきちんと伝えましょう。

駆除した場合も再発の可能性があるため、瑕疵担保免責で売却するか、保証制度や瑕疵保険を利用した方が安全です。

「建物を解体して更地で売却」する場合はシロアリを気にしなくて済みますが、再建築不可などの条件に要注意。

自分で確認するのは難しいので、不動産会社に相談した方が確実です。

家を解体する際には解体費用が発生するため、業者を選ぶときは相見積もりを取って比較してから決めましょう。

あなたの家の売却が成功することを心よりお祈りしております。

一括査定サイトの定番3社

一括査定サイトは主要なものだけでも10社以上ありますが、定番はほぼ決まっています。

一括査定サイトの定番となっている3社はこちら。

この3社以外についてはこちらにまとめています。

  1. すまいValue

    すまいバリュー
    実績5.0
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    18万件(開始後2年合計)
    不動産会社数:
    大手6社・全国840店舗
    運営会社:
    大手6社共同運営

    大手6社(三井不動産リアルティ・住友不動産販売・東急リバブル・野村不動産アーバンネット・三菱地所ハウスネット・小田急不動産)が共同で2016年10月に立ち上げた一括査定サイト。
    6社といっても全国840店舗あるため、ほぼ全ての地域をカバーしています。
    売却実績も豊富で、特に首都圏では家を売却した3人に2人がこの6社を利用しているほど。
    首都圏以外のほとんどの地方都市でも、三井・住友・東急の3社が売却実績のトップ3を独占しています。
    2019年現在、大手6社は他の一括査定サイトからほぼ撤退したため、これら大手に査定を依頼できる唯一の一括査定サイトとして、「すまいValue」が新定番となっています。

    管理人のコメント

    地方では大手より地域密着の中小不動産会社の方が強い場合もあるため、地方の郊外から外れたエリアではLIFULL HOME'S又はHOME4Uも確認してみたほうが良いでしょう。
    しかし都市部の方は「すまいバリュー」が現状では最強の一括査定サイトです。
    特に大手トップ3社(三井・住友・東急)の情報量、査定精度、販売力はやはり別格。優秀な営業マンも数多く抱えています。
    机上査定と訪問査定が選べる点もおすすめ。

  2. 【公式サイト】すまいValue

  3. LIFULL HOME'S

    LIFULL HOMESイメージ
    実績4.5
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    非公開(サイト利用者476万人)
    不動産会社数:
    1,777社
    運営会社:
    株式会社LIFULL

    運営は、HOME'SのテレビCMでおなじみの東証1部上場 株式会社LIFULL。2008年にマンション専用でサービスを開始。2011年から戸建ても含めて売却査定ができる仕様に。参加会社数が多く、特に地元密着系の中小不動産会社が多数登録しています。

    管理人のコメント

    不動産会社を選ぶ際に、各社の特徴(買取保障、瑕疵保証制度あり、半数以上がベテランなど)がアイコンで表示されるので、選びやすいシステムです。
    訪問査定ではなく机上査定を希望する場合は、不動産会社へのメッセージ欄で伝えると良いでしょう。
    選ぶ会社の数は3社〜6社がオススメです。

  4. 【公式サイト】LIFULL HOME'S

  5. HOME4U

    HOME4Uイメージw330
    実績5.0
    不動産会社4.0
    運営会社5.0
    査定実績:
    累計35万件(2001年開始)
    不動産会社数:
    1,300社
    運営会社:
    株式会社NTTデータ・スマートソーシング

    日本初の不動産一括査定サイト。2001年のサービス開始依頼、査定累計数35万件と実績も豊富。運営は東証1部上場の株式会社NTTデータのグループ会社。
    不動産会社は大小バランスよく登録されているため幅広く依頼ができます。

    管理人のコメント

    HOME4Uでは査定依頼の記入欄が多いため、自然と査定精度が高くなる仕組みになっています。
    ちなみに記入した内容はまた不動産会社と話をするときに修正できます。
    あまり真剣に悩まず、とりあえず現時点の希望を書いておく程度で大丈夫。
    不動産会社はかなり絞られて紹介されるので、なるべく多くに査定を依頼すると良いでしょう。

  6. 【公式サイト】HOME4U

首都圏・関西圏ならSRE不動産(旧ソニー不動産)も

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)、関西圏(大阪・兵庫)の場合は、SRE不動産(旧ソニー不動産)もおすすめです。

HOMES

SRE不動産は、あのソニーが始めた不動産会社。

アメリカ式エージェント制度を取り入れ、完全に売り主の立場で家の売却をサポートしてくれます。

ソニー不動産について詳しくはこちら
SRE不動産(旧ソニー不動産)の評価・口コミ、利用するときの注意点とは

SRE不動産では、メールで査定結果を教えてくれるので、とりあえず査定価格の取り寄せだけでも試す価値はあります。

SRE不動産の無料査定依頼はこちら
SRE不動産