幹線道路沿いのマンション売却で知っておきたい知識と注意点
「幹線道路沿いのマンションは売却が難しいの?」

幹線道路沿いのマンション売却で、お悩みでしょうか?

確かに交通量の多い道路に面していると、騒音や振動、排気ガスなどの問題があります。

買うときは気にならなかったけど、いざ売るとなると幹線道路沿いというデメリットが気になる。

そんなあなたのために、幹線道路沿いのマンション売却について解説します。

結論から言うと、幹線道路沿いマンションでも普通に売れますが、少し注意点もあります。

この記事では、売却する方法と成功のポイントについて解説、さらに道路を取り巻く環境と将来の見通しについてもまとめました。

あなたのマンション売却に関する不安がスッキリ解消し、売却が成功するために、この記事がお役に立てば幸いです。

幹線道路沿いのマンションは普通に売れる

結論から言うと、幹線道路沿いのマンションは普通に売れます。

ただし少し時間がかかるケースがあります。

なぜなら、幹線道路沿いという環境は、気にする人と気にならない人の差が大きいため。

気になる・気にならないが分かれる

幹線道路に面しているマンションは、個人により評価が分かれます。

なぜなら音や振動、臭いはあくまで「感覚」なので、気にする人もいれば気にしない人もいるため。

気にする人にとっては「避けたい物件」ですが、そうでない人にとっては「購入候補になる物件」なのです。

だから幅広く広告し、気にならない人を探すのがポイントです。

幅広く広告し、気にならない人に購入してもらう

幹線道路沿いのマンション売却では、幅広く広告して、幹線道路沿いという条件が気にならない人を探しましょう。

そのためには、広告力の強い不動産会社に売却を依頼することが大切です。

家博士家博士

とにかく多くの人に情報が行き渡るように広告すると、購入希望者が見つかる可能性が高くなる。

幹線道路沿いは、多くの条件の1つ

幹線道路沿いというのは、数多くある要素の1つに過ぎません。

そもそもマンションを購入する人は、様々な条件で絞ってマンションを探します。

例えば次の様な条件です。

  • 価格3,500万〜4,000万円
  • 〇〇線〇〇駅〜〇〇駅
  • 築年数20年以内
  • 2LDKか2SLDK
  • 2階以上
  • 駅徒歩7分以内
  • 南向きか東向き
  • ペット可
  • 駐車場あり
  • 全室洋室フローリング

こういった条件に当てはまるマンションの中で、初めて『幹線道路沿いだけどどうだろう?』となることが多いのです。

特に共働き夫婦は利便性を重視する

幹線道路沿いのマンションでも、駅からの距離が近ければ、売却には有利といえるでしょう。

マンションを選ぶ際に、最近は特に利便性が重視される傾向にあります。

原因の1つは、今のマンション購入層で共働き夫婦が多いということ。

共働き夫婦の傾向として、マンションを選ぶ条件に利便性を重視し、駅からの距離は7分以内など近いほど評価が高くなります。

昼は働いているため、家の居住性よりも効率が重視されているのです。

  1. 幹線道路沿いのマンションは気にする・しないが分かれるため、幅広く広告して気にしない人を見つける
  2. 幹線道路沿いというのは条件の1つに過ぎず、駅近など利便性の方が重視される。

幹線道路沿いのマンションを売却する2つの方法

幹線道路沿いのマンションを売却する方法として、次の2つがあります。

幹線道路沿いのマンションを売却する2つの方法

  1. 不動産会社による買取
  2. 仲介で普通に売る

それぞれ、イメージの違いはこちら。
買取と仲介のイメージ

それぞれ解説します。

方法1. 不動産会社による買取

マンションを直接不動産会社に直接買い取ってもらう方法です。

買取であれば、最短1週間などで手間をかけずに売却できますが、買取価格は相場の6〜8割に安くなってしまいます。

不動産会社は、買取ったマンションを一般のエンドユーザーへ転売して利益を出すため、相場より安くしか買いません。

ハウスくんハウスくん

買取で高く売る方法はないの?


家博士家博士

10社20社と数多くの不動産会社へ査定を依頼したら、高く買ってくれる会社が見つかる可能性もあるよ

買取で高く売るためには、多くの不動産会社へ査定を依頼

最近は買取再販業者が乱立して、買取価格が高騰しています。

そのため、数多くの買取業者に査定を依頼すると、相場に近い高値で買取る不動産会社が見つかることもあります。

高値で買い取る理由は、自社の決算の都合や、単に査定を間違っているケースなど様々。

買取を選ぶなら、なるべく多くの不動産会社に査定を依頼してみましょう。

不動産会社の心当たりが無ければ、一括査定サイトを利用すると便利です。

主要な一括査定サイトは、こちらで紹介しています。

買取について、詳しくはこちらで解説しています。

方法2. 仲介で普通に売る

不動産会社と媒介契約を結び、仲介で普通に売る方法です。

相場通りの価格で売却できますが、売却期間が一般的に3〜6ヶ月かかり、不人気物件ではそれ以上かかるケースも。

なるべく高値で、短期間に売却するためには、優秀で信頼できる不動産会社に売却を依頼しましょう。

ハウスくんハウスくん

優秀で信頼できる不動産会社は、どうやって探せば良いの?


家博士家博士

エリアで売買実績が豊富な不動産会社3〜6社に無料査定を依頼して、話を聴き比べるといいよ。


優秀で信頼できる不動産会社を選ぶ方法はこちら。

  1. エリアで売買実績が豊富な不動産会社に絞る
  2. 3〜6社に無料査定を依頼して話を聴き比べ、信頼できそうなところを選ぶ

不動産会社の心当たりがなければ、一括査定サイトを利用すると便利です。

一括査定サイトの定番3社

一括査定サイトは主要なものだけでも10社以上ありますが、定番はほぼ決まっています。

一括査定サイトの定番となっている3社はこちら。

この3社以外についてはこちらにまとめています。

  1. すまいValue

    すまいvalue
    実績5.0
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    18万件(開始後2年合計)
    不動産会社数:
    大手6社・全国870店舗
    運営会社:
    大手6社共同運営

    大手6社(三井不動産リアルティ・住友不動産販売・東急リバブル・野村不動産アーバンネット・三菱地所ハウスネット・小田急不動産)が共同で2016年10月に立ち上げた一括査定サイト。
    6社といっても全国870店舗あるため、ほぼ全ての地域をカバーしています。
    売却実績も豊富で、特に首都圏では家を売却した3人に2人がこの6社を利用しているほど。
    首都圏以外のほとんどの地方都市でも、三井・住友・東急の3社が売却実績のトップ3を独占しています。
    2019年現在、大手6社は他の一括査定サイトからほぼ撤退したため、これら大手に査定を依頼できる唯一の一括査定サイトとして、「すまいValue」が新定番となっています。

    管理人のコメント

    地方では大手より地域密着の中小不動産会社の方が強い場合もあるため、地方の郊外から外れたエリアではHOME4U又はHOME'Sも確認してみたほうが良いでしょう。
    しかし都市部の方は「すまいバリュー」が現状では最強の一括査定サイトです。
    特に大手トップ3社(三井・住友・東急)の情報量、査定精度、販売力はやはり別格。優秀な営業マンも数多く抱えています。
    机上査定と訪問査定が選べる点もおすすめ。

  2. 【公式サイト】すまいValue

  3. HOME4U

    HOME4Uイメージw330
    実績5.0
    不動産会社4.0
    運営会社5.0
    査定実績:
    累計35万件(2001年開始)
    不動産会社数:
    1,300社
    運営会社:
    株式会社NTTデータ・スマートソーシング

    日本初の不動産一括査定サイト。2001年のサービス開始依頼、査定累計数35万件と実績も豊富。運営は東証1部上場の株式会社NTTデータのグループ会社。
    不動産会社は大小バランスよく登録されているため幅広く依頼ができます。

    管理人のコメント

    HOME4Uでは査定依頼の記入欄が多いため、自然と査定精度が高くなる仕組みになっています。
    ちなみに記入した内容はまた不動産会社と話をするときに修正できます。
    あまり真剣に悩まず、とりあえず現時点の希望を書いておく程度で大丈夫。
    不動産会社はかなり絞られて紹介されるので、なるべく多くに査定を依頼すると良いでしょう。

  4. 【公式サイト】HOME4U

  5. LIFULL HOME'S

    LIFULL HOMESイメージ
    実績4.5
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    非公開(サイト利用者476万人)
    不動産会社数:
    1,777社
    運営会社:
    株式会社LIFULL

    運営は、HOME'SのテレビCMでおなじみの東証1部上場 株式会社LIFULL。2008年にマンション専用でサービスを開始。2011年から戸建ても含めて売却査定ができる仕様に。参加会社数が多く、特に地元密着系の中小不動産会社が多数登録しています。

    管理人のコメント

    不動産会社を選ぶ際に、各社の特徴(買取保障、瑕疵保証制度あり、半数以上がベテランなど)がアイコンで表示されるので、選びやすいシステムです。
    訪問査定ではなく机上査定を希望する場合は、不動産会社へのメッセージ欄で伝えると良いでしょう。
    選ぶ会社の数は3社〜6社がオススメです。

  6. 【公式サイト】LIFULL HOME'S


首都圏・関西圏ならSRE不動産(旧ソニー不動産)も

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)、関西圏(大阪・兵庫)の場合は、SRE不動産(旧ソニー不動産)もおすすめです。

HOMES

SRE不動産は、あのソニーが始めた不動産会社。

アメリカ式エージェント制度を取り入れ、完全に売り主の立場で家の売却をサポートしてくれます。

ソニー不動産について詳しくはこちら
SRE不動産(旧ソニー不動産)の評価・口コミ、利用するときの注意点とは

SRE不動産では、メールで査定結果を教えてくれるので、とりあえず査定価格の取り寄せだけでも試す価値はあります。

SRE不動産の無料査定依頼はこちら
SRE不動産

仲介で普通に売却する方法について、詳しくはこちらで解説しています。

3ヶ月など期間限定で売る方法も

一部の大手不動産会社では、3ヶ月など期間限定で売出し、売れなければ査定価格の最大90%などで買取ってくれる『売却保証』があります。

利用するためには、エリアや築年数など条件がありますが、3ヶ月だけ時間をかけられるのであれば、売却保証を利用すると相場通りで売れる可能性もあります。

売却保証について、詳しくはこちらで解説しています。

幹線道路沿いマンションの売却のポイント

売却のポイント1. 内覧

幹線道路沿いのマンションでは、内覧が1つのポイント。

さすがに幹線道路沿いが気にならない人でも、窓を締めた時の騒音は気になります。

内覧によって騒音の程度が個人の許容範囲であれば、購入を決断するという人も多いのです。

住みながら売却する場合は内覧の対応が必要ですが、購入検討者の内覧スケジュールを優先しましょう。

内覧時の対応については、こちらで解説しています。

告知義務は無いが正直に答える

内覧時に騒音や振動に関することをはじめ、様々なことを聞かれるかもしれません。

幹線道路については、明らかに目の前にあるため、瑕疵にはなりにくく告知義務はありませんが、相手から聞かれたときは正直に答えましょう。

またあなたが売却する理由を聞かれるかもしれませんが、売却理由については無難な理由にしておくと良いでしょう。

不安であれば不動産会社に相談してください。

内覧でアピールしたいマンションのメリット

内覧でアピールしたいのが、マンションのメリット。

住んでいたあなただけが知っているメリットを、説明し忘れないようにメモしておきましょう。

例えば、次のようなことがメリットになります。

  • 花火が見える
  • 近くの桜が綺麗
  • スーパーが近い、24時間営業のスーパーがある
  • バス停が目の前
  • カーシェアが近い
  • 学校の評判が良い

また幹線道路沿いに共通するメリットとして次の4点もあります。

  • 交通の利便性
  • 背面に高い建物が建ちにくい
  • 地価が高い
  • 防犯面で有利
交通の利便性

幹線道路に面しているので、車を持っている人にとっては、すぐに主要道路に出られるというメリットが。

そうでない人にとっても、バス路線が充実しているので便利です。

交通面以外にも店舗が多いなど、全体的に利便性が高いのも特徴です。

背面に高い建物が建ちにくい

幹線道路沿いのマンションは、道路と反対側(背面)に高い建物が立ちにくい特徴があります。

なぜなら、都市計画によって幹線道路沿いだけ高さや容積率の規制が大きくなっているため。

特に背面が第一種(第二種)低層住居専用地域になっていると、3〜4階建規模(最高で10m又は12m)までの建物しか建てられません。

将来も高い建物が建ちにくいことで、眺望が確保されて、資産価値も落ちにくいというメリットがあります。

地価が高い

幹線道路沿いの土地は、高さや容積率が大きいことから、地価が高い傾向があります。

地価が高いため、建物が古くなっても売却価格が下がりにくいことはメリットの1つ。

地価の目安は、国税庁が毎年発表している「路線価」を見ると分かります。

例)東京都内の幹線道路の一つである目黒通りの場合
目黒通りの路線価は、1平方メートルあたり70万円以上です。
目黒通りから1区画分離れるだけで、路線価は1平方メートルあたり50万円に下がります。
路線価の例

路線価はあくまでも相続税を計算するためのものですが、土地の相場を元につくられています。

【参考】国税庁・路線価

路線価について、詳しくはこちらで解説しています。

防犯面で有利

幹線道路は交通量が多く、夜間でも真っ暗になることは少ないため、防犯面で有利です。

売却のポイント2. 販売力の高い不動産会社を選ぶ

幹線道路沿いのマンションは幅広く広告し、道路が気にならない人を探すことが大切です。

幅広く広告するためには販売力が重要。

そのため、不動産会社を選ぶときには販売力のある会社を選びましょう。

都市部であれば売却実績が豊富な大手不動産会社がオススメです。

大手不動産会社では、問い合わせ件数が多く既存顧客も非常に多いため、幅広い層に物件情報を知ってもらえます。

地方であれば、その地域で実績が豊富な不動産会社を選びましょう。

不動産会社の心当たりがなければ、一括査定サイトを利用すると便利です。

ここまで、幹線道路沿いのマンション売却のポイントについて解説してきました。

最後に幹線道路沿いという環境が今後どうなっていくのか、今と将来の展望について解説します。

幹線道路沿いのマンションの今と将来の展望

幹線道路沿いのマンションで気になる問題として挙げられるのは、次の4点です。

  • 騒音
  • 振動
  • 排気ガスや臭い
  • 耐震診断の義務化

それぞれ解説します。

騒音は1割近くが環境基準を超えている

環境省では平成12年度(2000年度)から、自動車騒音の常時監視を実施しています。

平成29年度(2017年度)の調査によると、幹線道路に近接する対象住戸約370万1,600戸のうち、昼間・夜間のいずれかが環境基準を超えていたのは、約38万4,600戸(10.4%)でした。(「昼間」は6時〜22時、「夜間」は22時〜6時)

また、昼夜間ともに環境基準を超えていたのは約17万5,000戸(4.7%)という結果に。

道路の種類別で見ると、環境基準を超えていた割合が最も高かったのは都市高速道路で、対象となる約8万8,800戸のうち約1万900戸(12.2%)で基準超えの騒音を測定しています。

※都市高速道路とは、首都高速道路、阪神高速道路、名古屋高速道路、福岡高速道路、北九州高速道路、広島高速道路の6路線

【参考】環境省・平成29年度自動車交通騒音の状況

なお、騒音の環境基準は地域区分や道路に面しているかによって異なります。

住居の用に供される地域の基準は、昼間が55デシベル以下、夜間が45デシベル以下。

ただし、2車線以上の車線を有する道路に面する地域では基準が緩和されており、昼間は60〜65デシベル以下、夜間は55〜60デシベル以下とされています。

「デシベル」とは音の強さを示す単位で、日常生活で「静か」と感じるのは45デシベル以下と言われています。

家博士家博士

騒音の常時監視結果は、インターネット上で地図上に公表されているんだ。
幹線道路沿いに住んでいるなら、一度チェックしてみよう

【参考】全国自動車交通騒音マップ

振動は振動規制法で改善を依頼できる

振動の発生源というと、工事現場や工場などをイメージするかもしれません。

それ以外にも、道路を通行する自動車(特に大型車)によって振動が発生することがあります。

家博士家博士

平成28年度には振動に関する苦情が3,252件寄せられているんだ。そのうち8%が道路交通によるものだったんだよ

振動も騒音と同じように、区域や時間区分によって限度が決められています。

昼間なら65〜70デシベル、夜間なら60〜65デシベルが限度です。

ハウスくんハウスくん

振動もデシベルという単位だけど、騒音と同じなの?

家博士家博士

騒音のデシベルとは少し違うよ。目安としては、60デシベルで人によって振動を感じ始め、70デシベルになると多くの人が揺れを感じると言われているんだ

振動が気になる場合は、役所へ相談すると測定してくれます。

実際に測定して振動が限度を超えていて、周辺環境が著しく損なわれていると認められた場合、市町村長・特別区長は道路管理者や都道府県の公安委員会に対して改善するよう要請が可能。

具体的には、道路の防音舗装や修繕、交通規制の要請などを行えることになっています。

【参考】環境省・振動規制法の概要

排気ガスによる健康被害の心配

幹線道路は交通量が多いため、自動車の排気ガスや臭いも気になります。

ベランダの手すりを拭くと黒くなることがありますが、これらは排気ガスなどに含まれる「すす」が原因の一つ。

洗濯物や布団を外に干すと汚れてしまったり、すすに含まれる有害物質による子供への影響も懸念されます。

環境省が2005年〜2009年度に3大都市圏の主要幹線道路沿道を対象にした調査では、自動車の排気ガスとぜんそく発症との間に「関連性があるかもしれない」という結果が報告されています。

不確実性が残る結果であったものの、ゼロではないとされています。

【参考】環境省・局地的大気汚染の健康影響に関する疫学調査結果について

耐震診断の義務化は旧耐震マンションにプラス

幹線道路の中には、都道府県または市町村によって緊急輸送道路に指定されている道路も多く存在します。

ハウスくんハウスくん

緊急輸送道路?

家博士家博士

大地震などの災害時に避難や救助活動、緊急物資輸送路となる主要な道路を指すんだ。幹線道路上で、ナマズの絵と「緊急交通路」と書かれた看板を見たことがある人もいるかもしれないね

災害時に緊急輸送道路に面した建物が倒壊してしまうと、その道路は輸送路として使えなくなってしまいます。

これを防ぐために、国土交通省は緊急輸送道路沿道の建物の耐震診断を義務化しました。

【参考】国土交通省・改正耐震改修促進法のポイント及び関連制度の概要

診断が義務化された建物は診断結果を表示し、応じない所有者には命令・行政代執行の手順を踏む場合もあります。

このうち首都直下地震が懸念される東京都では、耐震診断費用の所有者負担分(現状では5分の1)を全額補助する方針を打ち出しました。

【参考】東京都・緊急輸送道路沿道建築物の耐震化

耐震診断を行い耐震性が確保されている旨の認定を受けた場合には、そのことを表示できる制度も創設されています。

なお、緊急輸送道路等の情報は、国土交通省の「道路防災情報WEBマップ」から見ることができます。

旧耐震基準のマンションについては、こちらで解説しています。

幹線道路沿いの将来の見通し

幹線道路を取り巻く環境は、しばらくは大きく変化しないものの、緩やかに改善されると考えられています。

排気ガスに関しては、ここ数年で環境基準達成率が大幅に改善。

今後も対策を講じていくことで、より良い環境の保全が期待できることでしょう。

一方の騒音については、10年近く横ばいの状態が続いています。

タイヤ自体に騒音規制を導入したり、バイパスや物流拠点の整備、低騒音舗装や遮音壁の設置等、対策も考えられているところです。

ハウスくんハウスくん

騒音については、電気自動車が普及すれば達成率も改善される気もするけど

家博士家博士

電気自動車も長期的には普及するだろうけれど、それは普通自動車の話。大型車はまだ不明なんだ

そもそも、騒音・振動・排気ガスの原因の多くは大型車にあります。

そのため、環境の改善は大型車の電気自動車化が進まない限り、難しいと言えるでしょう。

電気化以外にも自動運転ドローンなどがあり、中国などでは現実となりつつあります。

しかし、実用化・普及にはまだまだ時間が必要です。

物流そのものに関しても、今後も車による物流は増加の一途をたどると予想。

こうした状況から、当面は大きく変化しないと見込まれているのが現状です。

ハウスくんハウスくん

数年待てば大きく改善するかも・・・なんてことは、なさそうだね

家博士家博士

そう。だからこそ、いずれ売るなら早い方が有利。まずは不動産会社への相談から始めてみよう

2022年に宅地化が進む生産緑地問題

都市部には、あえて宅地化せずに残されている土地がたくさんあります。

その数は東京都内だけでも26万戸分。

こうした土地は「生産緑地」と呼ばれ、東京23区や首都圏、近畿圏、中部圏を中心に存在しています。

家博士家博士

生産緑地に指定されている土地は、固定資産税の軽減や相続税の納税猶予が受けられるんだ。その一方で、建物が建てられないといった制限があって、農地として管理することになっているんだよ

ハウスくんハウスくん

なるほど。生産緑地の何が問題なの?

家博士家博士

この制度には期限があって、その期限が2022年なんだ。期限を迎えたり所有者が亡くなった生産緑地は各自治体の農業委員会に買取申請ができるけれど、買い取られた実績はほとんどナシ。期限が切れると固定資産税が高くなるから、土地所有者の多くは売りに出すと考えられているんだ

ハウスくんハウスくん

そうなると多くの住宅地が売りに出されるから、不動産の値段も下がる・・・というわけなんだね

2022年といえば東京オリンピックもすでに終わっています。

ほんの数年後にはこうした問題があることも、頭に入れておきましょう。

マンションの管理で寿命は違う

同じ頃に建てられたマンションでも、管理次第で状態は大きく違います。

適切に管理されていれば良いのですが、管理が行き届いていなければ老朽化が進む一方です。

  • 管理組合がきちんと機能しているか
  • 修繕積立金が不足していないか
  • しっかりした大規模修繕計画があるか

以上のような点を確認してみましょう。

「設備も良いものが揃っているから大丈夫」とは言えないのです。

建て替えられるマンションはごく一部

マンションが寿命を迎えると、建て替えを検討することになります。

しかし実際に建て替えられるマンションはごく一部。

2019年4月時点で実際に建て替えられた事例は、準備中も含めて全国で287棟しかありません。

【参考】国土交通省・マンション建替の実勢状況(平成31年4月1日時点)

ハウスくんハウスくん

287棟って、かなり少ないね

家博士家博士

平成30年末時点で、マンション戸数は約654.7万戸。このうちの287棟だから、いかに建替が難しいかが分かるよね

建替ができなければ、残された道は「解体して土地売却」か「スラム化」です。

解体して土地が売却できれば土地代が戻ってきますが、スラム化した場合は売れなくなり固定資産税と管理費を支払い続けることに。

老朽化しているマンションは、いずれ売るなら早い方が有利です。

「いつか売ろう」と考えているうちに、売り時を逃してしまう恐れがあります。

まとめ

幹線道路沿いのマンションは、特有の環境から好みがはっきり分かれる物件です。

売却を成功させるためには「幹線道路沿いでも気にしない」という買い手を見つけるのがポイント。

とにかく幅広く広告し、気にしない人を探しましょう。

幅広く広告するためには、販売力のある不動産会社を選ぶことが重要です。

不動産会社の心当たりがなければ、一括査定サイトを活用してエリアで実績の豊富な不動産会社に査定を依頼しましょう。

幹線道路沿いのマンションには利便性の高さや防犯に有利というメリットがある一方で、騒音、振動、排気ガスなど環境面での注意点もあります。

長期的に見ると緩やかに改善されていくと考えられていますが、当面は大きく変化しない見込み。

東京オリンピック後の2022年には、生産緑地問題によって多くの住宅地が供給される可能性もあります。

売却を考えているのであれば、早く売る方が良い条件で売却できるでしょう。

あなたのマンション売却が成功することを、こころよりお祈りしております!

一括査定サイトの定番3社

一括査定サイトは主要なものだけでも10社以上ありますが、定番はほぼ決まっています。

一括査定サイトの定番となっている3社はこちら。

この3社以外についてはこちらにまとめています。

  1. すまいValue

    すまいvalue
    実績5.0
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    18万件(開始後2年合計)
    不動産会社数:
    大手6社・全国870店舗
    運営会社:
    大手6社共同運営

    大手6社(三井不動産リアルティ・住友不動産販売・東急リバブル・野村不動産アーバンネット・三菱地所ハウスネット・小田急不動産)が共同で2016年10月に立ち上げた一括査定サイト。
    6社といっても全国870店舗あるため、ほぼ全ての地域をカバーしています。
    売却実績も豊富で、特に首都圏では家を売却した3人に2人がこの6社を利用しているほど。
    首都圏以外のほとんどの地方都市でも、三井・住友・東急の3社が売却実績のトップ3を独占しています。
    2019年現在、大手6社は他の一括査定サイトからほぼ撤退したため、これら大手に査定を依頼できる唯一の一括査定サイトとして、「すまいValue」が新定番となっています。

    管理人のコメント

    地方では大手より地域密着の中小不動産会社の方が強い場合もあるため、地方の郊外から外れたエリアではHOME4U又はHOME'Sも確認してみたほうが良いでしょう。
    しかし都市部の方は「すまいバリュー」が現状では最強の一括査定サイトです。
    特に大手トップ3社(三井・住友・東急)の情報量、査定精度、販売力はやはり別格。優秀な営業マンも数多く抱えています。
    机上査定と訪問査定が選べる点もおすすめ。

  2. 【公式サイト】すまいValue

  3. HOME4U

    HOME4Uイメージw330
    実績5.0
    不動産会社4.0
    運営会社5.0
    査定実績:
    累計35万件(2001年開始)
    不動産会社数:
    1,300社
    運営会社:
    株式会社NTTデータ・スマートソーシング

    日本初の不動産一括査定サイト。2001年のサービス開始依頼、査定累計数35万件と実績も豊富。運営は東証1部上場の株式会社NTTデータのグループ会社。
    不動産会社は大小バランスよく登録されているため幅広く依頼ができます。

    管理人のコメント

    HOME4Uでは査定依頼の記入欄が多いため、自然と査定精度が高くなる仕組みになっています。
    ちなみに記入した内容はまた不動産会社と話をするときに修正できます。
    あまり真剣に悩まず、とりあえず現時点の希望を書いておく程度で大丈夫。
    不動産会社はかなり絞られて紹介されるので、なるべく多くに査定を依頼すると良いでしょう。

  4. 【公式サイト】HOME4U

  5. LIFULL HOME'S

    LIFULL HOMESイメージ
    実績4.5
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    非公開(サイト利用者476万人)
    不動産会社数:
    1,777社
    運営会社:
    株式会社LIFULL

    運営は、HOME'SのテレビCMでおなじみの東証1部上場 株式会社LIFULL。2008年にマンション専用でサービスを開始。2011年から戸建ても含めて売却査定ができる仕様に。参加会社数が多く、特に地元密着系の中小不動産会社が多数登録しています。

    管理人のコメント

    不動産会社を選ぶ際に、各社の特徴(買取保障、瑕疵保証制度あり、半数以上がベテランなど)がアイコンで表示されるので、選びやすいシステムです。
    訪問査定ではなく机上査定を希望する場合は、不動産会社へのメッセージ欄で伝えると良いでしょう。
    選ぶ会社の数は3社〜6社がオススメです。

  6. 【公式サイト】LIFULL HOME'S

首都圏・関西圏ならSRE不動産(旧ソニー不動産)も

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)、関西圏(大阪・兵庫)の場合は、SRE不動産(旧ソニー不動産)もおすすめです。

HOMES

SRE不動産は、あのソニーが始めた不動産会社。

アメリカ式エージェント制度を取り入れ、完全に売り主の立場で家の売却をサポートしてくれます。

ソニー不動産について詳しくはこちら
SRE不動産(旧ソニー不動産)の評価・口コミ、利用するときの注意点とは

SRE不動産では、メールで査定結果を教えてくれるので、とりあえず査定価格の取り寄せだけでも試す価値はあります。

SRE不動産の無料査定依頼はこちら
SRE不動産