家の買い替えイメージ
「家を買い替えたいけど、何から始めたら良いの?」

「家の買い替えは絶対失敗したくない! 何に注意すべき?」

家の買い替えでお悩みでしょうか?

人生の節目となる家の買い替えは、金額が大きいこともあり、絶対に失敗したくないもの。
なるべく家族の負担を軽くして、無駄な出費を抑え、スムーズに買い替えができれば理想ですね。

そんなあなたに朗報です。
家の買い替えでは、正しい手順とタイミングを守るだけで、失敗するリスクが大きく減ることが分かっています。

なぜなら家の買い替えで失敗する人の多くは、手順を間違えて家を売り急いだ結果、安値で手放すはめになっているため。

この記事を読むと、具体的な手順とタイミングが分かります。

しかも今の家を高値で売ることで、予定よりグレードの高い家に住み替えたり、将来の備えを増やせるかもしれません。

今回は、家の買い替えを成功に導く「5つのステップ」について解説します。

あなたの家の買い替えが成功するために、この記事がお役に立てば幸いです。

【買い替えSTEP1】
全体の流れと予算計画

まず『買い替えの流れと予算を把握する』ことから始めます。

家は人生で一番大きな買い物。
さらに家の買い替えは、「買う」と「売る」を同時に進めるために、単純に買うだけより複雑になります。

先ず一連の作業の流れを把握して、具体的にイメージしてみましょう。

家の買い替えの流れをざっくり把握する

正しい家の買い替えの流れはこの様になります。

細かいことはとにかく、先ずは全体の流れをざっくり把握しましょう。
正しい家の買い替えの流れ

(クリックで拡大)

ハウスくんハウスくん

いきなり細かいなぁ


家博士家博士

全部理解しなくてもいいから。
まずスタートだけ考えてみよう

まず売却価格を正確に把握する

家の価格を査定するイメージ
家の買い替えでは、スタートが最も大切。

今の家が実際にいくらで売れるのか、なるべく正確に把握することが大切です。

全ての予算計画はこの売る価格が元になります。

ハウスくんハウスくん

売る価格を正確に知るためには、どうすれば良いの?


家博士家博士

不動産会社に無料査定を依頼するのが定番だよ。

複数(3〜6社)の不動産会社へ無料査定を依頼する

今は都市部を中心に、不動産相場が大きく変動しています。
1年前から数百万円も家の価格が上がっている可能性も。

不動産のプロでも、正確な査定が難しいほどの値上がりだと言われます。

だから複数(3〜6社)の不動産会社に査定を依頼して、プロの意見を聴き比べましょう。

なるべく、あなたのエリアで家の売却が得意な不動産会社を選んで下さい。

「うちのエリアで売却が得意な不動産会社なんて知らない…」
そう思うかもしれません。

しかしネットの一括査定サイトを使えば簡単です。

一括査定サイトでは、

  • あなたのエリアで売却が得意な不動産会社だけが自動でリストアップされます。
  • あなたはリストから不動産会社を選んで査定を依頼するだけ。

査定を依頼しても、かならずしも売却を依頼する必要はありません。「将来的に売却も検討している」という程度で十分です。

大手が運営する代表的な一括査定サイトはこちら

定番の一括査定サイト3社

一括査定サイトは主要なものだけでも10社以上ありますが、定番はほぼ決まっています。

定番の一括査定サイト3社はこちら。

この3社以外についてはこちらにまとめています。

  1. すまいValue

    すまいバリュー
    実績5.0
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    18万件(開始後2年合計)
    不動産会社数:
    大手6社・全国840店舗
    運営会社:
    大手6社共同運営

    大手6社(三井不動産リアルティ・住友不動産販売・東急リバブル・野村不動産アーバンネット・三菱地所ハウスネット・小田急不動産)が共同で2016年10月に立ち上げた一括査定サイト。
    6社といっても全国840店舗あるため、ほぼ全ての地域をカバーしています。
    売却実績も豊富で、特に首都圏では家を売却した3人に2人がこの6社を利用しているほど。
    首都圏以外のほとんどの地方都市でも、三井・住友・東急の3社が売却実績のトップ3を独占しています。
    2019年現在、大手6社は他の一括査定サイトからほぼ撤退したため、これら大手に査定を依頼できる唯一の一括査定サイトとして、「すまいValue」が新定番となっています。

    管理人のコメント

    地方では大手より地域密着の中小不動産会社の方が強い場合もあるため、地方の郊外から外れたエリアではLIFULL HOME'S又はHOME4Uも確認してみたほうが良いでしょう。
    しかし都市部の方は「すまいバリュー」が現状では最強の一括査定サイトです。
    特に大手トップ3社(三井・住友・東急)の情報量、査定精度、販売力はやはり別格。優秀な営業マンも数多く抱えています。
    机上査定と訪問査定が選べる点もおすすめ。

  2. 【公式サイト】すまいValue

  3. LIFULL HOME'S

    LIFULL HOMESイメージ
    実績4.5
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    非公開(サイト利用者476万人)
    不動産会社数:
    1,777社
    運営会社:
    株式会社LIFULL

    運営は、HOME'SのテレビCMでおなじみの東証1部上場 株式会社LIFULL。2008年にマンション専用でサービスを開始。2011年から戸建ても含めて売却査定ができる仕様に。参加会社数が多く、特に地元密着系の中小不動産会社が多数登録しています。

    管理人のコメント

    不動産会社を選ぶ際に、各社の特徴(買取保障、瑕疵保証制度あり、半数以上がベテランなど)がアイコンで表示されるので、選びやすいシステムです。
    訪問査定ではなく机上査定を希望する場合は、不動産会社へのメッセージ欄で伝えると良いでしょう。
    選ぶ会社の数は3社〜6社がオススメです。

  4. 【公式サイト】LIFULL HOME'S

  5. HOME4U

    HOME4Uイメージw330
    実績5.0
    不動産会社4.0
    運営会社5.0
    査定実績:
    累計35万件(2001年開始)
    不動産会社数:
    1,300社
    運営会社:
    株式会社NTTデータ・スマートソーシング

    日本初の不動産一括査定サイト。2001年のサービス開始依頼、査定累計数35万件と実績も豊富。運営は東証1部上場の株式会社NTTデータのグループ会社。
    不動産会社は大小バランスよく登録されているため幅広く依頼ができます。

    管理人のコメント

    HOME4Uでは査定依頼の記入欄が多いため、自然と査定精度が高くなる仕組みになっています。
    ちなみに記入した内容はまた不動産会社と話をするときに修正できます。
    あまり真剣に悩まず、とりあえず現時点の希望を書いておく程度で大丈夫。
    不動産会社はかなり絞られて紹介されるので、なるべく多くに査定を依頼すると良いでしょう。

  6. 【公式サイト】HOME4U


首都圏・関西圏ならSRE不動産(旧ソニー不動産)も

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)、関西圏(大阪・兵庫)の場合は、SRE不動産(旧ソニー不動産)もおすすめです。

HOMES

SRE不動産は、あのソニーが始めた不動産会社。

アメリカ式エージェント制度を取り入れ、完全に売り主の立場で家の売却をサポートしてくれます。

ソニー不動産について詳しくはこちら
SRE不動産(旧ソニー不動産)の評価・口コミ、利用するときの注意点とは

SRE不動産では、メールで査定結果を教えてくれるので、とりあえず査定価格の取り寄せだけでも試す価値はあります。

SRE不動産の無料査定依頼はこちら
SRE不動産

【買い替えSTEP2】
諸経費と税金を確認

不動産の売却計画イメージ
家の買い替えには、大きな諸経費と税金がかかります。

特に今の家を新築で購入した場合は仲介手数料などがかかっていないので、その金額に驚くかもしれません。
予算計画には諸経費も含めて下さい。

家を売るときにかかる諸経費

家を売るときにかかる諸経費は、総額にもよりますが、概ね売値の3.5%〜5%と考えて下さい。

さらに売却益がある場合は税金がかかります。
諸費用と税金をまとめるとこちら。

【家を売るときの費用】
  1. 仲介手数料(売買価格×3%+6万+消費税)
  2. 収入印紙代(5千円〜3万円)
  3. 登記費用(0〜5万円)
  4. 住宅ローンの返済関係(3千円〜数十万円)
  5. 税金
  6. その他(引越、ゴミ代、修理やリフォーム費)

特に仲介手数料が大きな金額になります。

諸経費は細かい計算になります。
実際の取引では、不動産会社の担当者が全て計算してくれますので、ざっくりとだけ知っておきましょう。

税金は「3,000万円の特別控除」をつかえば、ほとんどの人はかかりません。

ただし新しい家で住宅ローン控除を使う場合は、「3,000万円の特別控除」と併用できないので、注意が必要です。

また家を売って損した場合は、税金が戻ってくる場合もあります。


ハウスくんハウスくん

仲介手数料が半額の広告を見たけど、どうなのかな?


家博士家博士

売却で仲介手数料が極端に安い不動産会社は要注意。
結局、安くなった仲介手数料以上に家の売却価格が安くなり、トータルで損することが多いんだ。


ハウスくんハウスくん

仲介手数料を値切ったらどうなの?


家博士家博士

媒介契約の前に、軽く聞いてみる程度にした方がいいね。
あまりしつこく仲介手数料を値切ると『それなりの客』として、担当者も相応の対応をする。
担当者の頑張り次第で、家の売値は百万円くらい簡単に変わるんだ。


仲介手数料については、こちらで詳しく解説しています。

家を買うときにかかる諸経費

家を買うときにかかる諸経費等は、購入価格によりますが、中古住宅の場合で概ね価格の5〜10%と考えて下さい。

【家を買うときの費用】
  1. 仲介手数料(売買価格×3%+6万+消費税)
    ※中古不動産の場合
  2. 売買契約の収入印紙代(5千円〜3万円)
  3. 登記費用
    • 登録免許税:土地評価額×2%、建物評価額×0.1〜2%
    • 司法書士手数料:5万〜15万円
  4. 住宅ローン関係
    • 保証料:ローン総額の約2%
    • 事務手数料:3〜8万円
    • 印紙代:5千〜3万円
    • 火災保険及び地震保険:実費
    • 団体信用生命保険:実費
  5. 税金
    • 不動産取得税:固定資産税評価額×0%〜4%(軽減措置による)
    • 固定資産税、都市計画税:日割り計算でその年の残額を精算します。
    • 建物分の消費税:建物には消費税がかかりますが、価格表示に含まれている場合が多いです。
  6. その他(新築物件の手数料や積立一時金、引越、修理やリフォーム費)

思った以上に多いので驚かれたかもしれません。
中古物件を購入すると仲介手数料がかかることに注意して下さい。

買い替えの諸経費は、買うときと売るときの両方分がかかることになります。
予算の計画では、この諸費用をきちんと考慮することが重要です。


ハウスくんハウスくん

家を買うときも仲介手数料かぁ〜
これは安くなるの?


家博士家博士

買う時は交渉してみる価値はある。
方法は次の2つ。
1.仲介手数料の値引きを条件に、売却を依頼する不動産会社へ「購入の仲介」も依頼する方法。
2.売り主の不動産会社(元付け)に直接問合せて、買い付け申込をする前に交渉する方法。
1の方が交渉しやすいよ。

【買い替えSTEP3】
バランスを考える

家の買い替えイメージ
家の買い替えでは、4つの要素

  • 相場
  • 事情
  • 希望条件
  • 資金

をバランスよく考慮する必要があります。

相場より事情を優先

相場に合わせて家を売買するのではなく、あなたの事情を優先して家を買い替えることをお勧めします。

家の買い替えでは、今までの家を売る代わりに新しい家を買うので、相場の影響は考える必要ありません。

子供の成長に合わせて買い替える場合は、やはり子供のことを優先して考える方が良いでしょう。

また親御さんとの同居などでも、お互いの最適な環境を用意することが大切です。

一応、今の不動産相場を知っておきましょう。

今は不動産の売り時

不動産相場は、都心部を中心に大きく上昇しています。

不動産相場は、国土交通省の発表するデータを見ると分かります。

不動産価格指数(全国)

不動産価格指数(全国)2019年9月

「不動産価格指数」とは

不動産価格指数とは、純粋に不動産相場の価格変動を見ることができる指数。

国土交通省がヘドニック法という統計計算手法で、年間30万件の不動産売買成約価格から築年数や立地などの余計な要素を取り除き、純粋な価格変動をまとめたもの。

都市部のマンションは、この6年半で45%も値上がりしています。

戸建住宅も都心部では値上がりしていますが、地方や郊外で値下がりしているため、全体ではあまり値上がりしていません。

都市部・地方ともに、最寄り駅からの距離が近いと値上がり傾向

戸建て住宅では、国税庁が毎年発表する公示地価も参考になります。

3大都市圏でも、地方圏でも、最寄り駅からの距離が近いと値上がりしている傾向です。

最寄り駅距離別の公示地価変動率
(3大都市圏・2018年)

最寄り駅距離別の公示地価変動率(3大都市圏・2018年)

最寄り駅距離別の公示地価変動率
(地方圏・2018年)

最寄り駅距離別の公示地価変動率(地方圏・2018年)

公示地価とは
公示地価は、国土交通省が毎年全国に定めた標準地約3万地点を対象に、1月1日時点の1平方メートル当たりの価格を3月頃に発表するもの。
都道府県の発表する基準地価と合わせて、土地取引の指標になります。
公示地価は、国土交通省の土地総合情報システム 地価公示・都道府県地価調査にアクセスすると調べられます。
国土交通省地価公示・都道府県地価調査

相場は予想不可能

いろいろデータを説明しましたが、結局相場は不確実で誰にも予想できません。

不動産の相場は常に変動しています。

株式相場ほど急激ではありませんが、数年から10年の周期で価格が上下に動いています。

様々な要素が複雑に影響して、不動産の相場は変動しています。

相場はあくまで参考程度に考えて下さい。

希望条件と資金

マンション広告イメージ
新しい家に求める条件には色々なことがあると思います。

家族で話し合ううちに段々盛り上がって、大豪邸が必要になるかもしれません。

一方で、予算は限られてきます。

出来れば余裕資金も多めに残した方が良いでしょう。

ここで大切なのは、新しい家の条件に優先順位をつけること。

本当に家族の幸せに必要なことを優先にして下さい。

どうしても欲張ってしまいがちですが、家族みんなで話し合って、本当に必要な条件を見極めましょう。

賃貸住宅という選択肢もあり

優先事項と予算のバランスがどうしてもとれない時は、今の高騰している相場を考えて、賃貸住宅へ一度住んでみることもひとつの手段です。
賃貸に仮住まいするイメージ

賃貸住宅に住んでいる間に相場が下落すれば、思わぬ利益が発生します。
もしかしたら、予算と優先事項のバランスが思ったより早くとれるかもしれません。

賃貸住宅と言っても、例えばURの賃貸などは分譲仕様と同等の仕様で礼金も不要。

民間賃貸物件でも満足できる物件は探せば見つかるものです。
子供の成長に合わせて、6年だけ賃貸に住まうという方もいらっしゃいます。

色々な選択肢があります。

ハウスくんハウスくん

せっかくの買い替えだから、じっくり探した方が良いもんね


家博士家博士

UR賃貸は、礼金も仲介手数料もないから、買い替えの仮住まいにおすすめだよ

【買い替えSTEP4】
売りながら探す

基本は「先に売り出す」

先に売り出すイメージ
家の売るタイミングと買うタイミングについて、住宅ローンの借り換えがある場合は、先に家を売りだす「売り先行」が良いでしょう。

家を売りだして買い手がついても、売買契約をしなければ家を出て行く必要はありません。
しかし新しい家を見つけた場合は、すぐに押さえるため、手付金を払って契約することが求められます。
買うときは待ったなしなのです。

「買い替え特約」は不利になる
家の買い替えでは、新しい家の売買契約に、停止条件として「買い替え特約」をつける方法があります。
買い替え特約とは、今の家が売れない場合に、新しい家の売買契約をキャンセルできるというもの。
家を買い替える人にとっては魅力的な特約です。
しかし買い替え特約は、家の売り主からは嫌われがち。
なぜなら家が売れない場合、売買契約がキャンセルされてしまい、また買い主を探す必要があるからです。
結果として他の買い主が優先されてしまうため、買い替え特約を使うと人気物件を購入できなくなる恐れがあります。

信頼できる不動産会社と出会えれば、売る媒介契約をした会社で、新しい物件を探してもらうのも良いでしょう。

同じ不動産会社のほうが、売買の調整には便利です。

ハウスくんハウスくん

先に売って、買主が現れたらどうするの?


家博士家博士

買主次第だけど、買主が了解してくれれば、新しい家の引き渡しまで住み続けることができる。
『引き渡し猶予』という特約をつけて売買契約をするんだ。
ダメなら、一旦どこかに仮住まいするしかないね。

売りと買いのタイミングがズレたらどうなる?

家の売りと買いのタイミングがずれると、この様なリスクがあります。

ケース1. 先に家が売れてしまった場合のリスク

  • (引き渡しで退居する場合は)仮住まいの賃貸住宅費用と2回の引越代、その分の手間
  • (引き渡し後も買主の了承があれば)今の家に住み続ける短い期間で、新しい家に住み替えるタイミング調整の手間
ハウスくんハウスくん

仮住まいしたら、引越しは2回になるけど新しい家をじっくり家を探せるのか。
もし引き渡し猶予を了承してもらえれば、引越しは1度で済むけど、新しい家を選ぶのが難しそうだね。

ケース2. 先に家を買った場合のリスク

  1. 住宅ローンや維持費の2重払い(ダブルローン)が、家が売れるまで続く。
  2. つなぎ融資を利用する場合は、期間内に売れないと相場の8割以下に安くなるリスク
家博士家博士

住宅ローンが残っている場合は、先に家を買う方がリスクが大きいよ

新しい家と古い家を所有することで維持費の2重払いが発生します。

この2重払いの期間は、家が売れるまで半年なのか1年なのか自分では調整できません。

住宅ローンや維持費の2重払い(ダブルローン)イメージ

家の買い替えのダブルローンイメージ

ダブルローンについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

また家を売った資金を購入に充てる場合は、家が売れるまでの間は「つなぎ融資」を利用する方法もあります。

しかしつなぎ融資は、家の売却保証とセットになっていることが多く、期間内に家が売れないと不動産会社の買取りになり、価格が相場の8割以下に安くなる恐れがあります。

つなぎ融資イメージ

家の買い替えでのつなぎ融資

つなぎ融資については、こちらで詳しく解説しています。

なかなか売れないリスクを考えると、先に売りに出すことが正解。
その中で、出来る範囲で売買のタイミングを調整することをお勧めします。

ハウスくんハウスくん

なかなか売れないって、どのくらいの期間が普通なの?


家博士家博士

売却にかかる期間は4〜4.5ヶ月くらいが平均だよ。

売却期間は平均4〜4.5ヶ月

ちなみに首都圏の中古戸建住宅と中古マンションの平均売却期間はこちら。

  • 中古マンション: 約4ヶ月
  • 中古戸建て住宅: 約4.5ヶ月

売却期間の内訳はこちら。
平均売却期間

【首都圏の平均成約日数】

首都圏の売却期間

東日本レインズ
レインズとは
国土交通省の指定流通機関である、不動産流通機構が運営するデータベース。
過去の取引事例、現在の売り出し物件情報が登録されています。
不動産会社しか利用できません。
(参考)家を売るときに知っておきたい「レインズ」のこと

ハウスくんハウスくん

けっこう時間がかかるんだね


家博士家博士

そうだね。
十分な売却期間がない場合は、期間限定で売る「売却保証」という方法もあるよ。

大手不動産会社の売却保証は買い替えに便利

大手不動産会社では、一定期間だけ普通に売り出して、売れなければ不動産会社が買い取る「売却保証(買い換え保証)」という制度を用意しています。
買取保証

期限までに家を売ってしまいたい場合は、とても便利な制度ですが、買取価格は査定価格の最大90%など下がってしまうデメリットもあります。

大手不動産会社のつなぎ融資を利用する場合は、売却保証とセットになっていることが一般的です。

主な大手不動産会社の売却保証

大手不動産会社の売却保証をまとめました。

三井のリハウスの売却保障

対象物件首都圏・関西圏・中部圏の営業エリア内
土地・戸建・マンション(専用住宅)
物件基準【土地・戸建】
・敷地面積40㎡以上
・指定の建物調査を実施する場合あり。
【マンション】
・専有面積40㎡以上
・1981年(昭和56年)6月1日以降の建築確認取得物件
※一般的な住宅ローンの通常利用が可能であること
対象者専属専任媒介(期間3ヶ月間)を締結した個人の方(宅建業者除く)
保証金額1億円以内かつ査定価格の90%以内
保証期間3ヶ月間
適用条件規定の審査後の保証開始。
予め、提示した販売計画に基づき、売却活動を実施。
媒介契約締結日から1ヶ月目、2ヶ月目に媒介価格(売出価格)を変更。
他にも諸条件あり。

※売却前でも新居への入居ができるつなぎ融資の利用が可能。

住友不動産販売の売却保障

対象物件営業エリア内
自己所有の居住用の不動産
物件基準【土地・戸建】
・敷地面積40m2以上。
・建物調査を実施する場合あり。
【マンション】
・専有面積40m2以上
・新耐震基準(1981年(昭和56年)6月1日以降の建築確認取得物件)
・自主管理を除く
※土地・戸建・マンションとも建築基準法等に適合し、一般的な住宅ローンが利用可能な物件であること。
対象者専属専任媒介を締結した方
保証金額1億円以内かつ査定価格の90%以内
保証期間3ヶ月間
適用条件規定の審査後の保証開始。
予め、提示した販売計画に基づき、売却活動を実施。
他にも諸条件あり。

東急リバブルの売却保障

対象物件東京、神奈川、埼玉、千葉および札幌、仙台、名古屋、福岡、関西圏の営業エリア内
個人の居住用の土地・一戸建・マンション
物件基準【土地】
・敷地面積40m2以上。
【戸建】
・敷地面積40m2以上。
・築30年以内(但し築年数に応じた制限あり)。
・建物調査を実施する場合あり。
【マンション】
・専有面積30㎡以上
・築30年以内
※土地・戸建・マンションとも法令及び条例に適合し、一般的な住宅ローンが利用可能な物件であること。
対象者専属専任・専任媒介契約を締結した方
保証金額1億円以内かつ査定価格の90%以内
保証期間3ヶ月以上6ヶ月未満
適用条件規定の審査後の保証開始。
予め、提示した販売計画に基づき、売却活動を実施。
他にも諸条件あり。

※再販売を行った結果、利益が出た場合、その利益を売主様に還元する利益還元制度あり。
※売却前でも新居への入居ができる立替払い制度の利用が可能。

野村の仲介+の買換保障

対象物件営業エリア内
個人の居住用の土地・一戸建・マンション
物件基準【戸建・土地】
・敷地面積40m2以上。
【マンション】
・専有面積30m2以上
・築30年以内
※土地・戸建・マンションとも法令及び条例に適合し、一般的な住宅ローンが利用可能な物件であること。
対象者専属専任媒介契約を締結した方
保証金額1億円以内かつ査定価格の90%以内
保証期間最長1年
※保証期間は個別に審査
適用条件規定の審査後の保証開始。
予め、提示した販売計画に基づき、売却活動を実施。
他にも諸条件あり。

※再販売を行った結果、利益が出た場合、その利益を売主様に還元する利益還元制度あり。
※売却前でも新居への入居ができるつなぎ融資の利用が可能。

これら4社にまとめて査定を依頼する場合は、一括査定サイト「すまいValue」を利用すると便利です。

一度にまとめて無料査定を依頼できます。

すまいValueの公式サイトはこちら
すまいValue

今の家のローンが返せない場合は住み替えローン

今の家を売っても、住宅ローンを全額返せない「オーバーローン」の場合は、住み替えローンを利用するのがおすすめ。

今のローンの不足分を、新しい家のローンにまとめることが可能です。

住み替えローンのイメージ

住み替えローンのイメージ

住み替えローンでは売りと買いのタイミングを合わせる必要があります。
この場合も先に売り出すのが基本です。

住み替えローンの手順

住み替えローンについて詳しくはこちら

【買い替えSTEP5】
スケジュールに余裕をもつ

ポイントのイメージ
あなたの家をすこしでも有利な条件で売るためには、売り急がないことが大切です。

売り急ぐ=安く処分すると考えて、スケジュールには余裕をもって計画しましょう。

売り急ぐと損をする

家を売り急ぐと安くなる例として、典型的なのは『不動産会社による買取』です。

不動産会社の買取では、最短1週間程度で売れますが、買取価格は相場の6〜8割に安くなってしまいます。

たった一人の買主が見つかれば良い

不動産の価格には、ある程度の相場はありますが、定価がありません。

どんなに相場から外れた価格でも、買ってくれる人が一人見つかれば売買は成立します。

運が悪いと、相場通りの価格で売りだしても、買主が見つかるまで数ヶ月かかる場合があります。

もし売りだして翌週に売れたという場合は、売り出し価格が安すぎたのかもしれません。

平均売却期間は4〜4.5ヶ月ですから、スケジュールには余裕をもっておきましょう

相場より2割高く売れることもある

運が良ければ、相場から2割くらい高くても売れることがあります。
例えば、

  • 立地が特に良かったり
  • 展望が良かったり
  • ルーフバルコニーが広かったり

個人の好みが合えば、価格は相場を大きく外れることがあります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ここまで『家の買い替えここに注意、成功への5ステップ』として、家の買い替え手順と注意点を解説しました。

買い替えSTEP

  • STEP1. 全体の流れと予算計画を把握する
  • STEP2. 諸費用と税金を確認する
  • STEP3. バランスを考える(相場より事情を優先し、希望条件と資金について計画)
  • STEP4. 先に今の家を売りながら、新しい家を探す
  • STEP5. スケジュールに余裕をもつ(売り急ぐと損をする)

まずは今の家がいくらで売れそうか、不動産会社へ無料査定を依頼すると良いでしょう。

不動産会社の心当たりがなければ、一括査定サイトを利用すると便利です。

家の買い替えは、人生の節目を飾る重要なイベント。

あなたの家の買い替えが成功することを、心よりお祈りしております!

一括査定サイトの定番3社

一括査定サイトは主要なものだけでも10社以上ありますが、定番はほぼ決まっています。

一括査定サイトの定番となっている3社はこちら。

この3社以外についてはこちらにまとめています。

  1. すまいValue

    すまいバリュー
    実績5.0
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    18万件(開始後2年合計)
    不動産会社数:
    大手6社・全国840店舗
    運営会社:
    大手6社共同運営

    大手6社(三井不動産リアルティ・住友不動産販売・東急リバブル・野村不動産アーバンネット・三菱地所ハウスネット・小田急不動産)が共同で2016年10月に立ち上げた一括査定サイト。
    6社といっても全国840店舗あるため、ほぼ全ての地域をカバーしています。
    売却実績も豊富で、特に首都圏では家を売却した3人に2人がこの6社を利用しているほど。
    首都圏以外のほとんどの地方都市でも、三井・住友・東急の3社が売却実績のトップ3を独占しています。
    2019年現在、大手6社は他の一括査定サイトからほぼ撤退したため、これら大手に査定を依頼できる唯一の一括査定サイトとして、「すまいValue」が新定番となっています。

    管理人のコメント

    地方では大手より地域密着の中小不動産会社の方が強い場合もあるため、地方の郊外から外れたエリアではLIFULL HOME'S又はHOME4Uも確認してみたほうが良いでしょう。
    しかし都市部の方は「すまいバリュー」が現状では最強の一括査定サイトです。
    特に大手トップ3社(三井・住友・東急)の情報量、査定精度、販売力はやはり別格。優秀な営業マンも数多く抱えています。
    机上査定と訪問査定が選べる点もおすすめ。

  2. 【公式サイト】すまいValue

  3. LIFULL HOME'S

    LIFULL HOMESイメージ
    実績4.5
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    非公開(サイト利用者476万人)
    不動産会社数:
    1,777社
    運営会社:
    株式会社LIFULL

    運営は、HOME'SのテレビCMでおなじみの東証1部上場 株式会社LIFULL。2008年にマンション専用でサービスを開始。2011年から戸建ても含めて売却査定ができる仕様に。参加会社数が多く、特に地元密着系の中小不動産会社が多数登録しています。

    管理人のコメント

    不動産会社を選ぶ際に、各社の特徴(買取保障、瑕疵保証制度あり、半数以上がベテランなど)がアイコンで表示されるので、選びやすいシステムです。
    訪問査定ではなく机上査定を希望する場合は、不動産会社へのメッセージ欄で伝えると良いでしょう。
    選ぶ会社の数は3社〜6社がオススメです。

  4. 【公式サイト】LIFULL HOME'S

  5. HOME4U

    HOME4Uイメージw330
    実績5.0
    不動産会社4.0
    運営会社5.0
    査定実績:
    累計35万件(2001年開始)
    不動産会社数:
    1,300社
    運営会社:
    株式会社NTTデータ・スマートソーシング

    日本初の不動産一括査定サイト。2001年のサービス開始依頼、査定累計数35万件と実績も豊富。運営は東証1部上場の株式会社NTTデータのグループ会社。
    不動産会社は大小バランスよく登録されているため幅広く依頼ができます。

    管理人のコメント

    HOME4Uでは査定依頼の記入欄が多いため、自然と査定精度が高くなる仕組みになっています。
    ちなみに記入した内容はまた不動産会社と話をするときに修正できます。
    あまり真剣に悩まず、とりあえず現時点の希望を書いておく程度で大丈夫。
    不動産会社はかなり絞られて紹介されるので、なるべく多くに査定を依頼すると良いでしょう。

  6. 【公式サイト】HOME4U


首都圏・関西圏ならSRE不動産(旧ソニー不動産)も

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)、関西圏(大阪・兵庫)の場合は、SRE不動産(旧ソニー不動産)もおすすめです。

HOMES

SRE不動産は、あのソニーが始めた不動産会社。

アメリカ式エージェント制度を取り入れ、完全に売り主の立場で家の売却をサポートしてくれます。

ソニー不動産について詳しくはこちら
SRE不動産(旧ソニー不動産)の評価・口コミ、利用するときの注意点とは

SRE不動産では、メールで査定結果を教えてくれるので、とりあえず査定価格の取り寄せだけでも試す価値はあります。

SRE不動産の無料査定依頼はこちら
SRE不動産