スモーラのサイトイメージ
「スモーラの一括査定はどうなの? 本当に良いの?」

スモーラを使おうかお迷いでしょうか。

スモーラは、まとめて最大9社から査定結果を受け取れる一括査定サイト。

売却だけでなく、賃貸した場合の査定結果も受け取れるというのが最大の特徴です。

賃貸も考えている人には、とても便利な一括査定サイトといえるでしょう。

ただし、注意点もあるので、上手に利用して下さい。

今回はスモーラのメリットや注意点、利用時の入力項目について紹介します。

スモーラの4つのメリット

まずはスモーラのメリットからチェック。

次のようなメリットがあります。

  1. 賃貸と売却・買取の査定を同時に取れる
  2. 豊富な実績
  3. 土地・一戸建て・マンションが査定できる
  4. 全国2500店舗が登録

それぞれ詳しく見ていきましょう。

メリット1. 賃貸と売却・買取の査定を同時に取れる

スモーラでは売却や買取と同時に、賃貸の査定も取ることができます。

売却・買取で最大6社、賃貸で最大3社、合わせると最大9社から査定が届きます。

この機能は、主要一括査定サイトでは同社が運営するマンションナビだけ。

他の一括査定サイトにはありません。

ハウスくんハウスくん

賃貸も同時に査定が取れるんだね

家博士家博士

そう。売却と賃貸のどちらが良いか悩んでいるなら、スモーラを使ってみると良いよ

たとえば「転勤で離れることになったけれど、数年後には戻ってくる予定」というケース。

売却と賃貸、どちらが良いのか迷う人も多いでしょう。

スモーラならどちらの査定も同時に取れるので、手間もかからず便利です。

メリット2. 豊富な実績

一括査定サイトを使うときに気になるのが、よく利用されているサイトなのかどうか。

あまり利用されていないサイトだと「本当に大丈夫?」と心配になりますよね。

スモーラの利用実績は2018年の1年間で360万人。

多くの人から利用されています。

利用実績が豊富なサイトなので安心です。

メリット3. 土地・一戸建て・マンションが査定できる

スモーラで査定できる物件は3種類。

  • 土地
  • 一戸建て
  • マンション

一括査定サイトの中には投資用物件の査定ができるものもありますが、基本的にはこの3種類が査定できれば十分。

自分が住んでいたマイホームや、相続した戸建てや土地などを売却したいときに利用できます。

メリット4. 全国2500店舗が登録

スモーラに登録されている店舗は全国2500店舗。

一度は聞いたことのある大手不動産会社から地元密着の中小不動産会社まで、厳選された会社が登録されています。

登録店舗が多いということは、良い不動産会社に出会える確率も高くなるということ。

他のサイトと比べても登録数が多いので、スモーラでしか出会えない不動産会社があるかもしれません。

スモーラの3つの注意点

一方でスモーラには次のような注意点もあります。

  1. マンションは同社運営のマンションナビと同じ
  2. エリアによっては選択肢が少ない
  3. 運営会社が小規模

詳しく解説します。

注意点1. マンションは同社運営のマンションナビと同じ

スモーラを運営している会社は、マンションに特化した一括査定サイト「マンションナビ」も運営しています。

マンションに関しては、どちらのサイトを使っても、候補に挙がる不動産会社は同じ。

スモーラとマンションナビの候補
もし複数の一括査定サイトを使うなら、スモーラとマンションナビについては同時に使っても同じ結果しか出ません。

運営会社が違う他のサイトを使うようにしましょう。

注意点2. エリアによっては選択肢が少ない

全国2500店舗が登録されているスモーラですが、エリアによって選択肢が少ない場合も。

なぜならスモーラは登録不動産会社数が2500社でなく、登録店舗数が2500店舗だから。

店舗の数だと、不動産会社最大手の三井のリハウスは1社で280店舗、フランチャイズ最大手のセンチュリー21では921店舗が加盟。
これらと比較すると、2500店舗はそこまで大きな数字では無いことが分かります。

また不動産会社は都市部に多いため、どうしても都市部に店舗が集中してしまいます

スモーラの登録店舗数が2500店舗でも、エリアによっては十分ではありません。

査定は最低3社、できれば6社には依頼したい

たとえば「東京都新宿区・戸建て」でスモーラで検索すると、表示されるのは「売却・査定」で3社のみ。

新宿区・戸建ての検索結果

新宿区の戸建て検索結果

査定を依頼する不動産会社の数は「最低でも3社」、できれば合計で6社ほど依頼したいところ。

スモーラで表示される不動産会社の数が少ない場合は、他の一括査定サイトも併用しましょう。

併用する一括査定サイトは、エリアによって次のように使い分けると良いでしょう。

都市部では「すまいValue」を併用

都市部で売却するなら、売買実績トップ3の大手不動産会社にも査定依頼するのがオススメ。

トップ3とは「三井不動産リアルティ」「東急リバブル」「住友不動産販売」の3社です。

売買仲介件数ランキング上位31社
(2021年3月)

不動産会社の売買仲介件数ランキング2021年3月

この3社にまとめて査定依頼できる一括査定サイトは、「すまいValeu」だけ。

都市部での売却なら「すまいValeu」を併用しましょう。

すまいValue

すまいValueの公式サイトはこちら
すまいValue

地方ではいくつか試してみる

地方で売却するなら、全国対応の一括査定サイトの併用がオススメ。

HOME4U」や「イエウール」「HOME’S」「SUUMO」などを使うと良いでしょう。

主要な一括査定サイトをこちらでまとめています。

注意点3. 運営会社が小規模

スモーラを運営するのは、2011年に設立されたマンションリサーチ株式会社。

HOME4Uを運営するNTTグループやSUUMOを運営するリクルートと比べると、規模の小さな会社です。

設立から10年も経っておらず、規模も小さい会社なので、不安に思う人もいるかもしれません。

しかし一括査定サイトに関しては、運営会社の規模をそこまで気にする必要ないでしょう。

そもそも一括査定サイトの役割とは、売主となるあなたと、売却をサポートする不動産会社を繋ぐこと(マッチング)。

利用した人が満足できるマッチングができるかどうかが、何よりも大切なことなのです。

家博士家博士

利用した人が満足できるサービスを提供できるかどうかは、会社規模に関係のないことだからね

ハウスくんハウスくん

規模は小さくても、年間360万人もの人が利用した実績があるサイトだから、安心して利用できるよ

スモーラの無料一括査定を試してみるならこちら
Smoola(スモーラ)不動産売却一括査定はこちら!

スモーラの入力項目

スモーラでは物件種別によって面積などの入力項目が異なります。

マンションの場合

所在地
建築年(だいたいでOK)
専有面積(だいたいでOK)
現在の状況
自身・親族が居住・使用している/空室になっている/賃貸で貸している

一戸建ての場合

所在地
建築年(だいたいでOK)
土地面積(だいたいでOK)
建物構造
木造/鉄骨造/鉄筋・鉄骨コンクリート造/その他
建物規模
平屋/2階建/3階建/その他
建物面積(だいたいでOK)
現在の状況
自身・親族が居住・使用している/空室になっている/賃貸で貸している

土地の場合

所在地
土地面積(だいたいでOK)
現在の状況
更地/古屋あり/その他

マンション・一戸建て・土地に共通の入力項目

以下の項目は物件種別に関係なく共通です。

物件の所有者
本人が所有/親族が所有/その他
売却/賃貸の時期
できるだけ早く/〜3ヶ月以内/〜6ヶ月以内/〜1年以内/査定額によって時期を検討/売却・賃貸の意思はない
査定理由(複数選択可)
広さが足りない/建物老朽化/相続対策/金銭的な理由/資産整理・財産分与/空室率の上昇/転勤・住み替え/ライフスタイルの変化/その他
名前
年代(年齢)
連絡先住所
電話番号(携帯電話可)
メールアドレス
査定会社への要望(任意・自由記述)

まとめ

スモーラは土地・一戸建て・マンションの査定ができる一括査定サイト。

売却や買取だけではなく、賃貸についても査定してもらえます。

一方で、マンションについては姉妹サイトである「マンションナビ」と変わりません。

エリアによっては選択肢が少ないという注意点もあります。

「売却と賃貸で悩んでいる」「実家を相続したけれど、どうするか迷っている」

そんな人はスモーラを利用してみると良いでしょう。

選択肢が少ない場合は、他の一括査定サイトと併用するのがオススメです。

不動産を高く売って売却を成功させることは、大切な資産を増やし、これからの暮らしを豊かにすることにもつながります。

スモーラで信頼できる不動産会社を見つけて、売却を成功させましょう。

スモーラの無料一括査定を試してみるならこちら
Smoola(スモーラ)不動産売却一括査定はこちら!

一括査定サイトの定番3社

一括査定サイトは主要なものだけでも10社以上ありますが、定番はほぼ決まっています。

一括査定サイトの定番となっている3社はこちら。

この3社以外についてはこちらにまとめています。

  1. すまいValue

    すまいValue
    実績5.0
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    40万件
    不動産会社数:
    大手6社・全国900店舗
    運営会社:
    大手6社共同運営

    大手6社(三井のリハウス・住友不動産販売・東急リバブル・野村の仲介+・三菱地所ハウスネット・小田急不動産)が共同で2016年に設立した一括査定サイト。
    6社といっても全国900店舗あるため、ほぼ全ての地域をカバーしています。
    売却実績も豊富で、特に首都圏では家を売却した3人に2人がこの6社を利用しているほど。
    首都圏以外のほとんどの地方都市でも、三井・住友・東急の3社が売却実績のトップ3を独占しています。
    2021年現在、大手6社は他の一括査定サイトからほぼ撤退したため、これら大手に査定を依頼できる唯一の一括査定サイトです。
    簡易査定を選ぶと郵送やメールで査定可能。

    管理人のコメント

    地方では大手より地域密着の中小が強い場合もあるので、3位のHOME4Uも確認した方が良いでしょう。
    しかし都市部では「すまいバリュー」が定番です。
    特に大手トップ3社(三井・住友・東急)の情報量、査定精度、販売力はやはり別格。優秀な営業マンも数多く抱えています。

  2. 【公式サイト】すまいValue

  3. SRE不動産(旧ソニー不動産)

    SRE不動産
    実績4.0
    不動産会社4.0
    運営会社5.0
    査定実績:
    (2014年開始)
    不動産会社数:
    売主側1社(買主側多数)
    運営会社:
    SREホールディングス株式会社

    すまいValueと合わせて利用したいのが、SRE不動産(旧ソニー不動産)。利用できるエリアは首都圏と関西圏限定です。
    あのソニーが始めた不動産会社で、売主だけを担当するエージェント制が特徴。無数にある他の不動産会社が買主を探してくれるため、高値でスムーズに売れやすいメリットがあります。

    管理人のコメント

    大手不動産会社でエージェント制はSRE不動産だけ。話を聞くと売却活動に役立つでしょう。ただし一括査定でなく1社だけの査定なので、すまいValueとセットで査定を依頼することがポイント。まずメールで概算価格を査定してくれます。

  4. 【公式サイト】SRE不動産

  5. HOME4U

    HOME4Uイメージw330
    実績5.0
    不動産会社4.0
    運営会社4.0
    査定実績:
    累計45万件(2001年開始)
    不動産会社数:
    1,800社
    運営会社:
    株式会社NTTデータ・スマートソーシング

    日本初の不動産一括査定サイト。2001年のサービス開始依頼、査定累計数45万件と実績も豊富。運営は東証1部上場の株式会社NTTデータのグループ会社。
    不動産会社は大小バランスよく登録されているため全国どこでも幅広く依頼ができます。
    机上査定を選ぶと、郵送やメールで査定可能。

    管理人のコメント

    HOME4Uでは査定依頼の記入欄が多いため、自然と査定精度が高くなる仕組みになっています。
    ちなみに記入した内容はまた不動産会社と話をするときに修正できます。
    あまり真剣に悩まず、とりあえず現時点の希望を書いておく程度で大丈夫。
    不動産会社はかなり絞られて紹介されるので、なるべく多くに査定を依頼すると良いでしょう。

  6. 【公式サイト】HOME4U