リフォーム工事一括査定サイト
「リフォームしたいけど、どこに頼めば良いの?」

リフォーム業者をお探しですね。

なるべく安くキチンとしたリフォーム業者はどこ?
良いリフォーム業者がサクッと簡単に見つかる方法を知りたい。

そんなあなたに、朗報です。

最近は、簡単に良い業者が見つかる方法が充実しています。

簡単に良い解体業者が見つかる方法とは、一括査定サイトのこと。

ただ最近はリフォーム工事の一括査定サイトが乱立しており、どのサイトが良いのか分かりずらいという問題も。

そこでこの記事では、リフォーム工事の一括査定サイトを選びやすいように、概要や特徴をまとめました。

さらに相見積もりを比較し最適な業者を選ぶ際の『4つの注意点』についても解説。

この記事を読めば、あなたがどのサイトを使うべきか、またどの業者を選ぶべきかが分かるでしょう。

あなたの家のリフォーム工事をスムーズに進めるために、この記事がお役に立てば幸いです。

リフォーム比較サイトのおすすめ上位4社

リフォーム比較サイトでおすすめの上位4社はこちら。

リフォーム比較サイト上位4社

  1. ホームプロ←当サイトおすすめ!
  2. リショップナビ
  3. ハピすむ
  4. タウンライフリフォーム

それぞれ特徴をまとめました。

1位 ホームプロ

ホームプロ

  • 対応エリア: 全国
  • 相見積り: 最大8社比較
  • 登録会社数: 1,200社

ホームプロの特徴

圧倒的な実績

ホームプロは、10年連続でリフォームサイト利用者数1位(リフォーム産業新聞による)
10年連続利用者数1位
日本初のリフォーム会社紹介サイトとして、2001年のサービス開始から利用会員数が累計80万人以上、累計成約件数10万件以上、累計取扱高2,000億円という、ダントツの実績があります。

また、2019年度も成約件数9,110件、成約金額240億円と他社を圧倒しています。

大手運営で信頼性が高い

運営は、大手4社(リクルート、NTT西日本、NTT東日本、大阪ガス100%出資のオージーキャピタル)の出資で設立された株式会社ホームプロなので安心。

その信頼性は、経済産業省の「先進的なリフォーム事業者表彰選定事業」にも選ばれているほど。
経済産業省先進的なリフォーム事業者表彰選定事業

ハウスくんハウスくん

なんだかホームプロは一人勝ちみたいだけど、なんでこんなに人気があるの?


家博士家博士

匿名で無料相談できるし、安心して利用できる取り組みがしっかりしているからだね。

匿名で無料相談できる

ホームプロでは、匿名でリフォーム会社を最大8社紹介してもらえて、商談まで可能。
ホームプロ利用のイメージ

電話や訪問などで直接営業される心配がありません。

気に入らない会社へのお断りも、ボタン1つで気兼ねなくできます。

安心して利用できる取り組みが充実

ホームプロでは、利用者が安心して利用できる取り組みが充実しています。

具体的には次の4つがあります。

安心1. 厳しい審査基準に合格した会社だけが登録で安心
ホームプロの加盟基準は厳しいことで有名です。まず建設業許可が必須、他にも2年以上の実績や決算書のチェック、加入保険など厳しい書類審査があります。さらに会社へ訪問しての面談、顧客満足度の調査に合格する必要があります。加盟後も年に1回の定期審査があり、基準をクリアできないと除名されてしまいます。
安心2. 加盟会社の指導・育成がしっかりして安心
ホームプロでは、利用者の評価をもとにした指導を実施。不満の評価が多い会社は紹介されなくなることもあり、高いレベルの満足度94%(2018年度)を達成しています。
安心3. 利用者の口コミが充実で会社選びが安心
ホームプロでは利用者の口コミが6万件以上あり日本最大級。事前にリフォーム会社の評判が分かるので、安心して会社が選べます。
安心4. 工事完成保証付きで安心
ホームプロでは独自の工事完成保証制度が無料でつきます。万が一リフォーム会社が倒産してしまっても、手付金の返還や追加費用が保証されます。
ホームプロを試してみるならこちら
【公式サイト】ホームプロ

2位 リショップナビ

リショップナビ

  • 対応エリア: 全国
  • 相見積り: 最大5社比較
  • 登録会社数: 1,500社

リショップナビの特徴

リショップナビは、後発ながら月間利用者数5,000人、累計利用者数15万人と人気急上昇中のサービス。

運営は、東証1部上場の「株式会社じげん」なので安心。

見積依頼をすると専門のスタッフが希望を聞き、その希望に合ったリフォーム会社を紹介してくれます。

電話でのやりとりになるので「ネットだけだと希望がうまく伝わるか心配」という場合でも安心。

提携しているリフォーム会社の情報やリフォーム事例、口コミなども閲覧できるので、本当に良いリフォーム会社を探すことができます。

さらに、紹介されたリフォーム会社に依頼して工事ミスが発生した場合に損害を保証する「安心リフォーム保証制度」も。

リフォーム工事中の事故で損害が出た場合や、引き渡しから1年以内に瑕疵が見つかった場合の損害を保証してもらえます。

リショップナビを試してみるならこちら
【公式サイト】リショップナビ

3位 ハピすむ

ハピすむ

  • 対応エリア: 全国
  • 相見積り: 最大3社比較
  • 登録会社数: 800社

ハピすむの特徴

ハピすむは、東証1部上場の株式会社エス・エム・エスが運営。

2016年開始と後発ながら、見積もり依頼件数累計10万件と伸びています。

現地調査までをハピすむが担当するので、業者対応が楽になるメリットがあります。

ハピすむを試してみるならこちら
【公式サイト】ハピすむ

4位 タウンライフリフォーム

タウンライフリフォーム

  • 対応エリア: 全国
  • 相見積り: 最大3社比較
  • 登録会社数: 300社

タウンライフリフォームの特徴

タウンライフリフォームは、利用満足度・使いやすさ・サイト利用者安心度の3つでナンバーワン。
(※株式会社リンクアンドパートナーズが実施したアンケート調査による)

査定依頼時に家の困り事や不満点を伝えられるので、専門家からのアドバイスをもとにリフォームを進められます。

毎月先着99名に「成功するリフォーム 7つの法則」という冊子資料を無料でプレゼントしています。

タウンライトリフォームを試すならこちら
【公式サイト】タウンライフリフォーム

その他の主要なリフォーム比較サイト

リノコ

リノコ

  • 対応エリア: 全国
  • 相見積り: 規定なし
  • 登録会社数: 1,000社以上

リノコの特徴

リノコは、専門のコンサルタントが中立の立場で、リフォーム開始から完了まで業者とやりとりしてくれます。

通常の一括査定サイトの場合、業者を紹介された後は自分でやりとりするので、ここが大きく違います。

リノコに登録している業者は厳しい審査基準をクリアした業者のみ(審査通過率は9.8%)ですが、それでも評判が悪かったりクレームが多い場合には、レッドカード制度として契約解除も可能になっています。

全てのリフォーム工事に対し、1年の工事保証付き。

最長10年の機器保証も選択できます。

また、下見の依頼やスケジュール確認、契約もスマホで簡単にできる「マイページ」を準備。

チャットも準備されているので、いつでも手軽にリフォームについてのやりとりが可能です。

価格についても、同じリフォーム工事なら地域に関係なく同価格で利用できるようになっています。

工事費用の支払いも現金だけでなくローンやクレジットでもOKなので、一括で支払うのが難しい場合でも安心です。

リノコを試してみるならこちら
【公式サイト】リノコリフォーム

ベスト@リフォーム

ベストリフォーム

  • 対応エリア: 全国
  • 相見積り: 規定なし
  • 登録会社数: 非公開

ベスト@リフォームの特徴

リフォーム工事の一括査定サイトとして、14年の運営実績があるベスト@リフォーム。

登録している会社は住友不動産やミサワリフォームなど、大手の優良企業だけ。

「関連法例を遵守している」「保険に加入している」など、独自の審査基準を設けてクリアした企業のみ登録されています。

実際に利用した人からも満足の声が届いており、評判の良いサイトであることが分かります。

ただし、エリアによっては対応が困難な場合もあるので注意が必要です。

ベスト@リフォームを試すならこちら
ベスト@リフォーム

リフォームアベンジャーズ

リフォームアベンジャーズ

  • 対応エリア: 全国
  • 相見積り: 規定なし
  • 登録会社数: 1,900社

リフォームアベンジャーズの特徴

運営事務局によるヒアリングがないので、最短即日で施工店とつながります。

専門業者による自社施工で下請け業者への中間マージン分の費用を大幅節約できる可能性も。

1日先着10名様に『リフォーム値引き成功7つの秘訣マニュアル』を無料贈呈。

希望によりメールでのご連絡・概算見積もり提示・リフォーム提案も可能です。

成約後、アンケート回答で現金5,000円キャッシュバックキャンペーン中。

リフォームアベンジャーズを試すならこちら
リフォームアベンジャーズ

リフォーム比較プロ

リフォーム比較プロ

  • 対応エリア: 全国
  • 相見積り: 3〜4社
  • 登録会社数: 非公開

リフォーム比較プロの特徴

リフォーム比較プロでは、地域と条件を選択するだけで業者を紹介してもらえますが、登録会社数やどんな会社が登録されているのかは非公表。

「厳選された3〜4社を紹介」とありますが、どのような基準で厳選されているかも分かりません。

利用者の声なども掲載されておらず、評判も不明なので、もう少し情報を公開してもらえると助かります。

リフォーム比較プロを試すならこちら
リフォーム比較プロ

特徴ある会社

リフォーム工事会社の中でも、特徴的なところが「リフォームと外壁塗装の優良工事店ネットワーク」です。

リフォームと外壁塗装の優良工事店ネットワーク

優良工事店ネットワーク

  • 対応エリア: 全国40都道府県
  • 相見積り: 厳選した1社を紹介
  • 登録会社数: 820社

優良工事店ネットワークの特徴

優良工事店ネットワークには、全国40都道府県の820店が登録しています。

いずれも、リフォームを実施した顧客にアンケートを行い、評価の高かった工事店だけが登録できる仕組み。

これまでの紹介実績は5万件以上にのぼります。

また、リフォームや外壁塗装の「虎の巻」とも言える冊子(2冊)を無料で進呈しています。

この冊子の累計発行部数は51万部を突破し、公立図書館にも寄贈されているもの。

実際にこの冊子を読んだ人からは「最初に読んでいて良かった」「リフォームについて詳しくのっていて、わかりやすい説明だった」という声も寄せられています。

もちろん、この冊子を取り寄せたからといって、訪問や電話での営業活動は一切なし。

工事を頼む予定がなくても、冊子をもらうことが可能です。

また、リフォーム工事に関する保証制度のほか、紛争解決のための仲裁サービスもあり。

過去にも「仕上がりに納得がいかない」というユーザーからの問い合わせに対し、第三者調査を実施したうえで仲裁・解決した事例があります。

さらに、工事店から提出される見積書は、優良工事店ネットワークの建築士があらかじめ内容を確認。

依頼者はもちろん、工事店も満足のいくリフォームをすることを何よりも大切にしています。

実はリフォームに関するトラブルは意外に多く、全国の消費生活センターに寄せられる相談件数は年間1万件以上。

こうしたトラブルに巻き込まれることなく満足のいくリフォームをするために、まずは「虎の巻」を読むことから始めるのも良いでしょう。

ハウスくんハウスくん

リフォーム比較サイトは、沢山あるんだね。


家博士家博士

上位4社を中心に、選んでみると良いよ。
見積比較や業者選びで知っておきたい注意点について解説しよう。

リフォーム業者選びで知っておきたい4つの注意点

リフォームでは価格が安い業者を選べば良いとは限りません。

リフォームで失敗しないためには、4つの注意点をしっかり確認しておきましょう。

注意点1. 見積に含まれる内容、追加費用の可能性

見積書が届いたら、合計金額だけでなく内容まで目を通しましょう。

  1. 希望した部分の工事がきちんと含まれているか
  2. 工事内容はどこまで反映されているか
  3. 内装などはどういった素材(グレード)のもので計算されているか

上記のような部分をチェックしていくことで、追加費用の可能性まで探ることができます。

家博士家博士

例えばクロスを柄物にしたいと考えている場合。無地と柄物では価格が異なることもあるから、どちらで見積が出されているか確認しておくと安心なんだ

ハウスくんハウスくん

クロスひとつ取っても、追加費用が発生する可能性があるんだね

あなた自身が希望する工事の内容が見積書に反映されているかどうか、よく確認するようにしましょう。

注意点2. 工事時期と期間

工事時期と期間も確認しておきたいポイント。

依頼したのになかなか工事が開始されなかったり、思っていた以上に工事期間が長いこともあります。

つい、価格ばかり気にしがちですが、この点についても確認しておきましょう。

注意点3. 自社施工かどうか

リフォーム業者には「リフォーム営業会社」と「自社施工店」があります。

リフォーム営業会社の場合、受注した工事を実際に行うのは下請け会社ということも。

この場合は下請け会社の工事費用だけでなくリフォーム営業会社の利益も費用に含まれるため、リフォーム価格が割高になってしまうのです。

一方、自社施工店ではこうした中間マージンが不要。

その分、依頼者の費用負担も少なくなります。

注意点4. 保証の期間と内容

リフォーム工事後、どんな保証がどれだけの期間付くのかも確認しておきましょう。

工事後の安心感が違います。

施工業者が提供する保証でも良いのですが、さらに安心なのが第三者機関による保証制度です。

ハウスくんハウスくん

どうして第三者機関による保証が良いの?

家博士家博士

施工業者による保証の場合、その会社が潰れてしまったら保証が受けられなくなってしまうからだよ。第三者機関の保証があれば、万が一、施工業者が倒産しても安心なんだ

今回紹介している一括査定サイトの中にも、独自の保証制度を設けているところがあります。

施工業者の保証はもちろんですが、施工業者以外の保証制度も利用できるとなお安心です。

ついでに知っておきたい『リフォームでよくある失敗』

売却前のリフォームは損しがち

家を売却する前にリフォームをしても、リフォーム費用を売却価格に上乗せできず、トータルで損しがち。

国土交通省の調査でも、個人で売却前にリフォームをしても損することが多いことが分かっています。

売却を考えているなら、まず不動産会社に相談して、必要最低限のリフォームに留める方が良いでしょう。

売却でリフォームするならパッケージプランという選択肢も

もしあなたの家が、

  • 築年が昭和58年1月以降のマンション
  • 2,500万〜6,000万円の査定価格
  • 現状空き家

なら、東急リバブルのリフォームパッケージプラン『アクセル君』が利用できます。

アクセル君
アクセル君では、空き家になっているマンションをリフォームし、家具を使ってモデルルームのように演出。
リフォーム内容がパッケージ化されているため、費用を安く抑えられ、さらに演出効果で高値を狙うことができます。

さらに一定期間に売れない場合は、査定価格+リフォーム費用で買い取ってもらえる『売却保証』付き。

安心してリフォームした上で売却することができます。

東急リバブルの無料査定を試すならこちら
東急リバブルの売却査定

リフォームの訪問営業は要注意

リフォーム工事は、500万円以下なら許可も不要で誰でも開業できます。

ですから中には実績のないリフォーム会社もあり、特に訪問営業では質の低いリフォーム会社が多くなります。

質の低いリフォーム会社に依頼してしまうと、次のような失敗が起こりがち。

  • 明らかに高額な費用を請求される
  • 手抜き工事やミスでトラブルになる
  • リフォームの結果、法令違反・耐震性不足・管理規約違反などになる
  • 途中で倒産して、お金が戻ってこない

リフォームを依頼するなら、実績が豊富で信頼できるリフォーム会社に依頼しましょう。


補助金・助成金・減税を利用できず失敗

リフォームでは多くの補助金・助成金・減税制度があり、上手く利用すると数百万円お得になります。

ただし申請や利用条件が複雑なので、実際はリフォーム業者に聞くほうが確実。

実績が豊富なリフォーム会社なら、利用できる補助金・助成金・減税の制度をきちんと教えてくれます。

しかし、実績が少なかったり営業が頼りないリフォーム会社だと、制度の存在を知らなかったり、忘れていることも。

複数のリフォーム会社に話を聴き比べると、こういった情報の漏れを防ぐことができます。

詳しく知りたい方は、こちらのサイトで解説されています。
【参考】一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会 リフォームの減税制度について
【参考】地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト(令和元年度版)

まとめ

一言で一括査定サイトといっても、その内容や登録している会社はサイトによって大きく変わります。

登録している会社が多ければ多いほど良いとも限りません。

安心して利用できるリフォーム工事店を紹介してくれるサイトこそ、良い一括査定サイトと言えるでしょう。

  • 利用者の声が掲載されているか
  • どういった会社が登録されているか
  • 保証制度があるか
  • 工事会社とトラブルになった場合はもちろん、リフォーム全般について相談できる窓口があるか

以上のような点に注目しながら、一括査定サイトを利用すると良いでしょう。

見積書や業者を選ぶ際に注意したいポイントは次の4つ。

  • 見積に含まれる内容と追加費用の可能性の有無を確認する
  • 工事時期と期間
  • 自社施工かどうか
  • 保証の期間と内容

こうした点を確認するときにも、一括査定サイトのサポートが受けられれば安心です。

一括査定サイトを上手に活用できれば、満足のいくリフォームができるでしょう。

今回解説した内容を参考に、まずは見積依頼から始めてみてください。

あなたのリフォームが成功することを、心よりお祈りしております!