大手不動産会社イメージ
「任意売却は、どこの業者が良いの?」

「必ず任意売却できると言われたけれどホント?」

任意売却の業者選びでお悩みでしょうか?

たしかに任意売却は情報も少なく、どこの業者が良いのか分かりにくいですね。

ネットで探しても広告や宣伝ばかりで、ますます混乱するばかり。

もし、優秀で信頼できる任意売却業者が、サクッと分かれば理想的ですね。

そんなあなたのために、任意売却業者を選ぶ方法についてまとめました。

任意売却がスムーズに進めば、あなたはローンの負担から開放されて、新たな生活をスタートできるでしょう。

あなたの任意売却が成功するために、この記事がお役に立てば幸いです。

「任意売却を考えているけど、難しい話は読みたくない…」「手間をかけずにお任せしたい」という方は、この記事をサラッと目を通して、まず優秀で信頼できる任意売却業者に相談しましょう。
当サイトでおすすめしているのは、CMなどでおなじみのHOME’S(ホームズ)が紹介する任意売却業者。
HOME’S 任意売却
信頼できる不動産会社が見つかれば、後は相談しながら安心して任意売却を進めることができます。

任意売却でこんな業者は選ばない

禁止イメージ
まずは、任意売却で選んではいけない業者から。

次のような業者は「信用できない」業者であり、「選んではいけない」ダメ業者です。

ダメ業者1. コンサルティング料・申請費用などを要求する

仲介手数料以外の費用を要求する業者は、選んではいけません。

任意売却でも普通の売却と費用は同じで、仲介手数料のみ。

仲介手数料は宅建業法で上限が決まっており『売却価格×3%+6万円+消費税』以下でないといけません。
(※売却価格が400万円以上の場合)

着手金として、いきなり費用を請求する業者にも注意しましょう。
着手金目当ての詐欺で、お金を渡したら連絡がとれなくなるかもしれません。

ハウスくんハウスくん

でも任意売却は、普通の売却より大変だから、費用が余計にかかるんじゃないの?

家博士家博士

確かに任意売却では、債権者の調整があるから少し手間がかかる。
でもメリットもあるから任意売却専門の不動産会社があるんだよ。
仕事が取りやすかったり、売却期間が短かったりするのがメリットだね。

仲介手数料については、こちらの記事で解説しています。

ダメ業者2. 引越し費用が出ると保証する

任意売却で引っ越し費用が出るかどうかは、債権者が決めることで、業者には決められません。

そのため、引越し費用が出ると保証している業者は、嘘をついている業者と思ったほうが良いでしょう。

確かに任意売却では、売却価格から引越し費用が出ることもあります。

しかし、引越し費用が出るのはあくまでも債権者が認めた場合だけで、一部のケースです。

ハウスくんハウスくん

もし引越し費用が出るなら、どれくらい出るの?


家博士家博士

最近は引越し費用も少なくなってきている。
出してもらえたとしても、せいぜい20〜30万円程度。
全額賄えるほど出るわけではないから、あまり当てにしない方が良いよ

ダメ業者3. 「そのまま住み続けられます」と保証する

残念ながら、任意売却で住み続けることができるのは、ごくまれな一部のケースだけ。

具体的には、親子間や親族間での売買、リースバック形式の投資家による購入に限られます。

こうした売買ができる可能性は、ゼロではありませんが、かなり低いでしょう。

ちなみに、そのまま家に住み続けられる可能性があるのは、任意売却ではなく個人再生の場合。

個人再生で「住宅ローン特例」を利用すれば、そのまま家に住み続けることも可能です。

家博士家博士

残念ながら任意売却では、住み続けられる保証はないんだ。
引越し時期をいつにするかという相談はできるけどね。

個人再生については、こちらで解説しています。

ダメ業者4. 契約するだけでお金がもらえる

契約するだけでお金がもらえる業者は、明らかに怪しい業者。

本来、任意売却は不動産会社にとって、手間がかかる割にそこまで利益が出るような商売ではありません。

また任意売却では、家の売却代金だけではローンが全額返せない「オーバーローン」になることが普通で、売却で利益がでることはほとんどありません。

良い話をされても、乗ってしまわないように注意しましょう。

ダメ業者5. 「100%成功する」などと架空の保証をする

任意売却が成功するかどうかは、全て債権者の判断にかかっており、業者は成功を保証できません。

たとえ売主(あなた自身)や業者が「これで良い」と思っても、債権者が「NO」と言えば、任意売却できず、競売になります。

こうした事実を伝えずに「100%成功する」と言う業者は怪しいでしょう。

家博士家博士

例えば、無事に売買契約が済んだとしても、その後に債権者が『NO』と言えば契約は白紙解除になってしまう。
債権者に最後の最後まで判断する権利が与えられているから、100%成功するなんてありえないんだ

ハウスくんハウスくん

任意売却の良い面だけでなく、注意点まで教えてくれるかどうかが、業者選びのポイントなんだね

任意売却ではこんな業者を選ぶ

選ぶべき業者イメージ
一方、選ぶべき任意売却業者とはどういった業者なのでしょうか。

選ぶべき業者の基準についてもまとめました。

良い業者1. 債権者(金融機関)に信用されている

任意売却では債権者の判断が全てになるので、「その業者が債権者に信用されているか?」が重要なポイントになります。

もし同じ債権者で、過去に任意売却の成約実績がある業者がいれば安心。

成約実績があるということは債権者の同意が最後まで得られる取引ができたということになるので、任意売却が成功する可能性も十分あると考えられるからです。

ただ場合によっては、任意売却を債権者の方から提案されることもあり、その場合は業者を債権者が指定することも。

債権者から提案された場合は、その業者を選ぶしかありません。

ただし公正証書への捺印は慎重に

この債権者からの任意売却では注意点も。

注意するのは、家を売却した残りの債務(住宅ローンの残債務)に対して、公正証書の作成を要求される場合。

なぜなら、公正証書があれば裁判などをせずに、あなたの残りの財産に強制執行をかけられるからです。

良く分からずに言われるがまま公正証書を作成してしまうと、後々取り返しのつかないことになる可能性も…。

自分でも弁護士や別の任意売却業者へ相談することをオススメします。

なお、業者を特に指定されない場合は、自分で業者を選ぶことができます。

良い業者2. 相談件数ではなく、成約件数を公表している

業者のホームページには、相談件数や成約件数が掲載されています。

相談件数が多いことをアピールする業者もいますが、相談件数はあてになりません。

相談件数以上に注目したいのが成約件数。

なぜなら、成約できなければ意味がないからです。

ハウスくんハウスくん

確かに、相談件数だけ多くても成約件数が少ないと、任意売却が上手くいくか不安になるね

家博士家博士

ただ、成約件数まで公表している業者は少ないんだ。だから見つけるのは難しいかもしれないけれど、根気よく探してみよう

良い業者3. 料金が明確で「仲介手数料のみ」と宣言している

任意売却で業者が請求できる費用は仲介手数料だけ。

そのことを明確にしている業者は、信頼できます。

不当なコンサル料や手数料には、くれぐれも注意しましょう。

良い業者4. 複数の業者の話を聴き比べて信頼できそう

業者を選ぶ際には、あらかじめ複数の業者をピックアップしておいて、話を聴き比べて選ぶのが大切です。

  • アフタフォローまでしっかりやってくれるか
  • 疑問点にしっかり答えてくれるか
  • 実績(成約件数)を教えてくれるか

以上のような点を確認して、信頼できる業者を選びましょう。

家博士家博士

同じ債権者の実績があると安心!
件数だけではなく、どういった債権者の案件を扱ってきたかまで確認しておこう

良い業者5. どちらかといえば任意売却専門業者の方が安心

任意売却は、債権者と協力しながら売却を進めること以外は普通の不動産売却とほぼ同じです。

そのため、普通の不動産会社に仲介を依頼することもできます。

しかし「債権者と協力しながら」という部分が非常に難しいのも事実。

配分案を作成したり、債権者の同意を得るための交渉が必要だったりします。

こうした点を考えると、普通の不動産会社よりも専門業者の方がどちらかといえば安心です。

家博士家博士

普通の不動産会社でも任意売却を専門にしている部署があるところもあるけどね

ハウスくんハウスくん

どうすれば判断できるの?

家博士家博士

任意売却の実績を確認するんだ。
一番簡単に分かるのは実績だから、まず実績を聞いてみると良いよ。


普通の不動産会社を探すなら、一括査定サイトを利用すると簡単です。

良い業者6. 弁護士や司法書士より不動産会社

任意売却では、弁護士や司法書士が窓口になっているケースもあります。

しかし、こうしたところに相談しても、結局は提携する不動産会社に引き継がれることに。

なぜなら不動産の売買仲介は、宅建業者しかできない業務と宅建法で決まっているため。

そのため、依頼するならやはり不動産会社で選んだ方が安心です。

ただし、任意売却だけではなく任意整理や個人再生、自己破産を予定しているなら話は別。

この場合は弁護士や司法書士主導でも良いでしょう。

家博士家博士

もし住宅ローン以外の無担保ローンが多くて、結果として住宅ローンの支払いが厳しい場合は、個人再生が向いているよ。
まず弁護士や司法書士に相談しよう

ハウスくんハウスくん

債務に関することは弁護士や司法書士の方が専門だから?

家博士家博士

そう。それ以外の場合は、やはり不動産会社と直接話して決めた方が安心できるよ


弁護士や司法書士を探すなら、国が設立した相談窓口の法テラスが安心です。
法テラス

おすすめの任意売却専門不動産会社

参考までに、任意売却を専門にしており実績が豊富な不動産会社として、例えばこちらの会社があります。

HOME’S 任意売却

あなたの任意売却が成功することをお祈りしています!