騒音トラブルのイメージ
近隣とのトラブルで多い騒音。
騒音トラブルをどうすれば解決できるのか、ケース別に解説します。

2種類の騒音

騒音には大きく2種類あります。

それぞれ対処方法が変わります。

ハウスくんハウスくん

原因が事業と日常生活で、なぜ対処方法が違うの?


家博士家博士

事業の騒音には法律があるけど、日常生活の騒音には法律がないんだ

1. 事業による騒音とその対策

工事現場イメージ
事業による騒音とは、

  • 工場
  • 工事現場
  • 道路
  • 鉄道

などによるもの。

これら騒音に対しては『騒音規制法』という法律があります。

1-1. 騒音規制法とは

騒音規制法では、騒音の上限値が具体的に数字で決まっているので、解決は比較的簡単。

騒音規制法では、環境大臣の定めた規制値があり、事業者はこれを守ることが義務付けられています。

規制値は地域種別や時間によって異なりますが、あまりにも大きな騒音が出ている場合はこれに抵触している可能性も。

ハウスくんハウスくん

騒音の大きさはどうすれば分かるの?


家博士家博士

市区町村の役所に依頼すると、騒音測定をしてくれるよ。
個人的に測定業者に依頼することもできる。

ハウスくんハウスくん

基準値を超えていたらどうなるの?


家博士家博士

事業を中断して、騒音対策をしないといけないんだ


騒音規制法で違法だった場合は、役所の指導のもとで、事業者は騒音対策をする義務があります。

騒音対策が完了して、役所が騒音が基準値以内に収まったことを確認しないと、事業は再開できません。

ただこの騒音規制法の上限値は、かなり大きな音。

騒音規制法では上限値以下でも、我慢できない人は多いという問題もあります。

騒音規制法の基準値は、この様な区分で決まっています。

環境基準は、地域の類型及び時間の区分ごとに次表の基準値の欄に掲げるとおりとし、各類型を当てはめる地域は、都道府県知事(市の区域内の地域については、市長。)が指定する。

地域の類型基準値
昼間
(6時〜
22時)
夜間
(22時〜
翌6時)
療養施設、社会福祉施設等が集合して設置される地域など特に静穏を要する地域50db以下40db以下
専ら住居の用に供される地域及び
主として住居の用に供される地域
55db以下45db以下
相当数の住居と併せて商業、工業等の用に供される地域60db以下50db以下

出典:環境省 騒音に係る環境基準について

区域の区分は、お住まいの市区町村ホームページをご確認下さい。
役所に聞いても教えてくれます。

1-2. 都道府県の条例もある

都道府県によっては、特別に条例を定めている場合があります。

この場合は、条例の基準値(騒音規制法より厳しい数値)を超えていると違法になります。

例えば東京都では、環境確保条例で以下の規制があります。

【環境確保条例(東京都)】
区域時間音量
db
【第1種区域】
第1種低層住居専用地域
第2種低層住居専用地域
その他指定された地域
6時〜8時40
8時〜20時45
20時〜23時40
23時〜翌6時40
【第2種区域】
第1種及び第2種中高層住居専用地域
第1種及び第2種住居地域
準住居地域
第1種区域の隣接30m以内
無指定地域他
6時〜8時45
8時〜20時50
20時〜23時45
23時〜翌6時45
【第3種区域】
近隣商業地域
商業地域
準工業地域
第2種区域の隣接30m以内
6時〜8時55
8時〜20時60
20時〜23時55
23時〜翌6時50
【第4種区域】
工業地域
第3種区域の隣接30m以内
6時〜8時60
8時〜20時70
20時〜23時60
23時〜翌6時55

1-3. 届出を確認するのも有効

ハウスくんハウスくん

基準値内の騒音だったら、あきらめるしかないの?


家博士家博士

事業の種類によっては事前に届け出が必要なものがある。
届け出が出ていないと、しばらくは止めることができるよ

騒音の発生が予想される工場や工事現場は、事前に市区町村長へ届け出る義務があります。
この事前届け出が、きちんと提出されているかを確認する方法もあります。

もし事前届け出が提出されていない場合は、市区町村役所に通報して事業を中止してもらえます。

具体的な内容な都道府県によって微妙に異なりますが、標準的にこの様なものが対象です。

  • 金属加工機械
  • 空気圧縮機や送風機
  • 破砕機、摩砕機、ふるい分け分級機
  • 織機
  • コンクリートプラントやアスファルトプラント
  • 穀物用製粉機
  • 木材加工機
  • 抄紙機、印刷機
  • 合成樹脂用射出成型機
  • 鋳型造型機

1-4. なるべく文句は言った方が良い

ハウスくんハウスくん

基準値内の騒音で、届け出もでていたら、あきらめるしかないの?


家博士家博士

あきらめずに、苦情を言ってみたほうが良いよ。

もし騒音規制法では基準値内の騒音でも、あきらめる必要はありません。

あなたが苦情を言うことで、工場や建設会社は騒音対策をしてくれる可能性が高いのです。
電話をするイメージ
騒音を発生している会社の担当者も、たいてい本心では申し訳ないと感じています。
ただし騒音対策にはお金がかかるため、なるべく騒音対策をせずに仕事をしたいと考えているのも事実。

この微妙なバランスを、あなたの苦情で動かすことが出来るのです。

騒音を出している会社は、苦情があるかどうかで騒音対策のレベルを調整しているケースが多いのです。
苦情があってから、ある程度お金をかけてしっかりした騒音対策をはじめるというのが一般的な会社の対応だと思って下さい。

だから騒音がうるさいと思ったら、我慢せずに騒音を出している会社へ文句を言いましょう。
具体的な苦情があった方が、会社の担当者も騒音対策をするために社内を説得しやすくなります。

1-5. 飲食店のカラオケ騒音

カラオケイメージ
少し特殊な事例ですが、飲食店のカラオケがうるさい場合は、各都道府県の「風営法」や「生活環境保全条例」などで該当する条例があるかもしれません。

【参考】東京都環境局 深夜の営業等の制限

市区町村のホームページで検索したり、近くの警察署に問い合わせてみましょう。(110番通報ではなく、通常の番号で問合せて下さい。)
kabedon_old

2. 日常生活の騒音とその対策

2-1. 日常生活の騒音を取り締まる法律はない

  • 隣人の飼っている犬の鳴き声
  • ピアノやバイオリンなどの楽器
  • テレビゲームや大音量の映画などの騒音

この様な日常生活の騒音は、騒音規制法の対象ではありません。

日常生活の騒音を取り締まる法律は、残念ながらありません。

もし騒音の他に、暴力や薬物使用、恐喝などの可能性がある場合は警察が対応してくれます。

しかし一般市民同士の単純な騒音トラブルの場合は、「民事不介入」という警察のルールがあり、警察は対応できません。

例えば東京都環境局「生活騒音」では、様々な生活騒音についてまとめていますが、結論は「みんなで気をつけましょう」と呼びかけるだけ。

行政の力では生活騒音は解決できないことが分かります。

ハウスくんハウスくん

生活の騒音は、法律や警察では解決できないんだね


家博士家博士

生活の騒音トラブルは解決が難しいんだ

2-2. 先ず話し合いで

話し合いイメージ
近隣との騒音トラブルを解決する場合は、まずは話し合いで解決することが理想です。

賃貸住宅では管理会社に、分譲マンションなどでは管理組合を通して苦情を言うのが良いでしょう。
戸建住宅では自治会などと相談する方法もあります。

当事者同時の話し合いは感情的になってしまいがちなので、出来れば第三者の立会で行うほうが良いでしょう。

ハウスくんハウスくん

話し合いで解決できないとどうなるの?


家博士家博士

家庭裁判所を利用することになるね

2-3. 話し合いで解決できなければ『民事調停』そして『民事訴訟』

裁判所
話し合いで解決できない場合は『民事調停』になります。

民事調停とは、裁判所で裁判官や調停委員の立ち会いのもと、当事者が話し合うもの。
話し合いですが、その決定事項は判決と同じ効力があります。

ただし民事調停でも双方納得できず、話し合いの決着がつかない場合は『民事訴訟』となります。

訴訟となると、弁護士費用は20万〜40万円必要。
また訴訟に確実に勝つためには、騒音を記録した録音など証拠も必要になります。

調停や訴訟に費用や必要な証拠、そして勝つ可能性について、事前に弁護士の先生に相談することをおすすめします。

ハウスくんハウスくん

調停や訴訟をすれば解決できるの?


家博士家博士

実は調停や訴訟では、根本的な解決にならないことが多いんだ

2-4. 調停や訴訟にも落とし穴が

注意するべきは、調停や訴訟にも問題があること。
調停や訴訟で勝ったからといって、問題が完全に解決するわけではありません。

例えば、犬の鳴き声の場合、民法718条で損害賠償責任があると明記されています。
調停や訴訟で、勝つ可能性はあります。

しかし、訴訟で買った結果、得られるのは『裁判所からの命令』だけ。
『賠償金(数万〜数十万円)を支払う命令』と『犬の鳴き声対策を講じる命令』だけです。

その命令に従うかどうかは相手次第。
実は裁判所の命令を無視する人も多いのです。

また命令に従ったとしても、問題が本当に完全に解決するか不透明な場合も。
鳴き声対策として、例えば「頻繁に散歩に連れて行った」としても、その効果でどれだけ静かになるのか分かりません。

残念ながら、訴訟に勝ったとしても、完全に解決が保証される訳ではありません。
全く納得できませんが、これが調停や訴訟の落とし穴です。
dog_hoeru_kyouken

ハウスくんハウスくん

訴訟に勝っても、なんだかあんまり意味ないんだね


家博士家博士

調停や訴訟をすると、家を売りにくくなるという問題もあるんだ

2-5. 家を売るなら、調停や訴訟をしない方が良い

もし家を売ることを少しでも考えている場合は、調停や訴訟をしない方が良いでしょう。

理由は、売る時に「騒音問題を説明する義務」が生じてしまうから。

民事調停や民事訴訟があった場合、必ず「家の買い手」にその事実を伝える義務があります。売買契約で、重要事項説明という文書に記載しなくてはいけません。

文書で記載されると、実際の音の大きさ以上にマイナスイメージがふくらみます。
家の中で会話もできない程の大騒音ならともかく、普通の音漏れであれば、気にならない人も多いのです。

例えば、電車の高架の真横に住んでいる人は、電車の音に慣れてしまい、全く気にならないそうです。

民事調停や民事訴訟が無く、ただ騒音が気になるだけなら、家の買い手には口頭で伝える程度で良いでしょう。

騒音は個人の感覚の問題です。
騒音が気にならない人も実際に大勢います。

「騒音で民事調停や訴訟をした家」になってしまうと、実際の騒音以上に買い手から敬遠されます。
家を売ることを考えると、調停や訴訟は冷静に判断する必要があります。

ハウスくんハウスくん

確かに訴訟があった家だと聞くと、騒音を気にしない人でも敬遠してしまうね


家博士家博士

例えば鉄道の高架沿いに住んでいる人は、電車の騒音は気にならないという人がほとんど。
騒音の感覚は個人差が大きいんだ。

2-5 マンションの騒音については、基準があるの?

ハウスくんハウスくん

マンションは床の厚さとか基準はないの?


家博士家博士

マンションなどの建物には設計するときの基準があるよ


マンションの騒音については、マンションの建物の基準として「日本建築学会」の基準があります。

床衝撃レベルと室間音圧レベルの適用等級基準(マンションの場合)

適用
等級
説明隣との音
(壁・床)
重い衝撃音
LH(床)
軽い衝撃音
LL(床)
特級特別に高い性能が要求された場合の性能水準D55L-45
(LH-45)
L-40
(LL-40)
1級建築学会が推奨する好ましい性能水準D50L-50
(LH-50)
L-45
(LL-45)
2級遮音性能上標準的であるD45L-55
(LH-55)
L-55
(LL-55)
3級やむを得ない場合に許容される性能水準D40L-60
(LH-60)
l-60
(LL-60)

マンションは構造によってこの遮音性能が違います。決められた方法で専門業者が測定することで、遮音等級を確認することが出来ます。

遮音等級の大まかなイメージは次のようになります。

空気音の場合

遮音
等級
大きな音
ピアノ・ステレオなど
一般の音
テレビ・ラジオ・会話
生活実感
プライバシーの確保
D65通常では聞こえない聞こえないピアノやステレオを楽しめる
D60ほとんど聞こえない聞こえないカラオケパーティーなどが出来る
D55かすかに聞こえる通常では聞こえない隣戸の気配を感じない
D50小さく聞こえるほとんど聞こえない日常生活で気兼ねなく生活できる。隣戸をほとんど意識しない。
D45かなり聞こえるかすかに聞こえる隣戸住居の有無がわかるが、あまり気にならない。
D40曲がはっきり分かる小さく聞こえる隣戸の生活がある程度分かる
D35よく聞こえるかなり聞こえる隣戸の生活行為がかなり分かる

床衝撃音の場合

遮音
等級
人の走り回り、
飛び跳ねなど
椅子の移動音、生活実感
プライバシーの確保
L-35ほとんど聞こえない通常ではまず聞こえない上階の気配を感じることがある
L-40かすかに聞こえるが、遠くから聞こえる感じほとんど聞こえない上階で物音がかすかにする程度。気配は感じるが気にはならない
L-45聞こえるが、意識することはあまりない小さく聞こえる上階の生活が多少意識される状態。スプーンを落とすとかすかに聞こえる。大きな動きは分かる。
L-50小さく聞こえる聞こえる上階の生活状況が意識される。椅子を引きずる音は聞こえる。歩行などが分かる。
L-55聞こえる発生音が気になる上階の生活行為がある程度分かる。椅子を引きずる音はうるさく感じる。スリッパ歩行音が聞こえる。
L-60よく聞こえる発生音がかなり気になる上階住戸の生活行為が分かる。スリッパ歩行音がよく聞こえる。

日本建築学会編「建築物の遮音性能基準と設計指針」1999年

めったにありませんが、上階がフローリングを取り替えてグレードを下げてしまった場合、この基準を満たしていないケースも有ります。
またカーペットだった床をフローリングに張り替えた場合も、この基準を満たさないことがあります。

通常はフローリングのカタログにマンション用は推定L等級(軽量床衝撃音低減性能LL−40,LL-45)というのが記載されています。
2008年からΔL等級に変わりましたが、併記されている推定L等級の方が分かり易いかと思います。

上階の住民がフローリングを張り替えて、足音などが急に大きくなった場合は、遮音等級が下がっている可能性があります。
フローリング工事の資料を確認させてもらうと良いかもしれません。

最近のマンションであれば、管理組合理事への申請と書面による承認が必要です。(国土交通省の定めるマンション標準管理規約第17条による)
またマンション使用細則などで遮音性能が決まっていることも。

マンションの管理規約や使用細則を確認してみましょう。

排水管や設備の騒音

排水管、エレベーター稼働音、受水槽や給水ポンプなどの設備騒音は、室内での音の大きさが基準になります。
音は騒音計を使えば測定できます。

  • 適用等級1級の場合: 35dB
  • 適用等級2級の場合: 40dB
  • 適用等級3級の場合: 45dB

過去の判例では、この数値を超えていたため、新築分譲マンション購入者が販売元を訴え、販売元の瑕疵が認められた判例があります。

ハウスくんハウスくん

新築で騒音が気になる場合は、マンションの基準が使えるわけだね


家博士家博士

マンション販売元を訴えるときの根拠になるね。
住民同士の話し合いや訴訟に使える基準ではないんだ

解決が難しい場合は「引越し」も選択肢の一つ

事業による騒音で、法律や条例に違反している場合は、解決は簡単。

しかしそれ以外の騒音、特に日常生活による騒音トラブルは「スッキリとした解決」が難しいのが実情です。

訴訟をして勝ったとしても、十数万円の賠償金。
その後静かになるかも不確実では、解決とはいえません。

また、裁判では買っても負けても遺恨は残り、重要事項説明の説明義務が発生します。

ハウスくんハウスくん

調停や訴訟で家が売りにくくなるデメリットの方が大きいね


家博士家博士

騒音で真剣に悩んでいるなら、引越しという選択肢もある

もし都合がつくのであれば、家を引越しすることも選択肢の1つです。

今は不動産価格が上がっています。

あなたの家が「予想外の高値」で売れるかもしれません。

不本意かもしれませんが、家の価格を確認してみるのも良いかもしれません。

様々な可能性を考え、トータルで一番良い選択肢を選んで下さい。
この記事が、あなたの参考になれば幸いです。


今は都市部を中心に、不動産価格が高騰しています。

不動産価格指数(全国)

不動産価格指数(全国)2019年3月

「不動産価格指数」とは
不動産価格指数とは、純粋に不動産相場の価格変動を見ることができる指数。
国土交通省がヘドニック法という統計計算手法を利用し、年間30万件の不動産売買成約価格から築年数や立地などの余計な要素を取り除き、純粋な価格変動をまとめたものです。

都市部のマンションは、この6年で45%も値上がりしています。

一戸建ても、平均では値上がりしていないように見えますが、都市近郊は値上がりしています。

エリアによっては1年で数百万円も価格が上がっている可能性もあるため、今の価格を確認してみましょう。

家の価格を正確に知る方法は、複数(3〜6社程度)の不動産会社に無料査定を依頼する方法が一般的。

不動産会社の心当たりがなければ、一括査定サイトを利用すると便利です。

一括査定サイトの定番3社+1社

一括査定サイトは主要なものだけでも10社以上ありますが、定番はほぼ決まっています。

一括査定サイトの定番となっている3社はこちら。

この3社以外についてはこちらにまとめています。

  1. すまいValue

    すまいバリュー
    実績5.0
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    年間36万件
    不動産会社数:
    大手6社・全国840店舗
    運営会社:
    大手6社共同運営

    大手6社(三井不動産リアルティ・住友不動産販売・東急リバブル・野村不動産アーバンネット・三菱地所ハウスネット・小田急不動産)が共同で2016年10月に立ち上げた一括査定サイト。
    6社といっても全国840店舗あるため、ほぼ全ての地域をカバーしています。
    売却実績も豊富で、特に首都圏では家を売却した3人に2人がこの6社を利用しているほど。
    首都圏以外のほとんどの地方都市でも、三井・住友・東急の3社が売却実績のトップ3を独占しています。
    2019年現在、大手6社は他の一括査定サイトからほぼ撤退したため、これら大手に査定を依頼できる唯一の一括査定サイトとして、「すまいValue」が新定番となっています。

    管理人のコメント

    地方では大手より地域密着の中小不動産会社の方が強い場合もあるため、地方の郊外から外れたエリアではLIFULL HOME'S又はHOME4Uも確認してみたほうが良いでしょう。
    しかし都市部の方は「すまいバリュー」が現状では最強の一括査定サイトです。
    特に大手トップ3社(三井・住友・東急)の情報量、査定精度、販売力はやはり別格。優秀な営業マンも数多く抱えています。
    机上査定と訪問査定が選べる点もおすすめ。

  2. 【公式サイト】すまいValue

  3. HOME4U

    HOME4Uイメージw330
    実績5.0
    不動産会社4.0
    運営会社5.0
    査定実績:
    累計35万件(2001年開始)
    不動産会社数:
    1,300社
    運営会社:
    株式会社NTTデータ・スマートソーシング

    日本初の不動産一括査定サイト。2001年のサービス開始依頼、査定累計数35万件と実績も豊富。運営は東証1部上場の株式会社NTTデータのグループ会社。
    不動産会社は大小バランスよく登録されているため幅広く依頼ができます。

    管理人のコメント

    HOME4Uでは査定依頼の記入欄が多いため、自然と査定精度が高くなる仕組みになっています。
    ちなみに記入した内容はまた不動産会社と話をするときに修正できます。
    あまり真剣に悩まず、とりあえず現時点の希望を書いておくと良いでしょう。
    不動産会社はかなり絞られて紹介されるので、なるべく多くに査定を依頼した方がよいでしょう。

  4. 【公式サイト】HOME4U

  5. LIFULL HOME'S

    LIFULL HOMESイメージ
    実績4.5
    不動産会社4.5
    運営会社5.0
    査定実績:
    非公開(サイト利用者476万人)
    不動産会社数:
    1,798社
    運営会社:
    株式会社LIFULL

    運営は、HOME'SのテレビCMでおなじみの東証1部上場 株式会社LIFULL。2008年にマンション専用でサービスを開始。2011年から戸建ても含めて売却査定ができる仕様に。参加会社数が多く、特に地元密着系の中小不動産会社が多数登録しています。

    管理人のコメント

    不動産会社を選ぶ際に、各社の特徴(買取保障、瑕疵保証制度あり、半数以上がベテランなど)がアイコンで表示されるので、選びやすいシステムです。
    訪問査定ではなく机上査定を希望する場合は、不動産会社へのメッセージ欄で伝えると良いでしょう。
    選ぶ会社の数は3社〜6社がオススメです。

  6. 【公式サイト】LIFULL HOME'S

都市部では「おうちダイレクト」を並用で

都市部では、すまいvalueと並用して「おうちダイレクト」を利用してみましょう。

おうちダイレクト

おうちダイレクトは、ネット大手のyahoo(ヤフー)とソニー不動産が運営する一括査定サービス。

登録されている不動産会社は、大手フランチャイズ系を中心に法人及び団体が9つ、合計2000店舗以上とかなりの規模。

おうちダイレクトを並用するメリットは、つぎの3種類の不動産会社へ査定依頼できること。

  1. 地域の売買情報に特化した地元密着系不動産会社
  2. ネットワーク力が強いフランチャイズ系不動産会社
  3. 片手仲介に特化したソニー不動産

このうち1〜2社だけでも意見を聴くことで、すまいvalueの大手不動産会社があなたに合っているのか、迷いなく判断できるでしょう。

エリアによっては、大企業より販売実績のある不動産会社も登録されています。

また、おうちダイレクトではyahooがネット広告をサポートするため、ネット広告力が強いことも大きなメリットといえます。

ただしサービス提供エリアは、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)、関西圏(大阪・兵庫・京都・奈良)、札幌、そしてマンションのみ愛知県と福岡市。

これ以外のエリアは、NTTデータのHOME4Uを試してみて下さい。

おうちダイレクトの無料査定依頼はこちら
おうちダイレクト一括査定